自費治療と保険治療の補綴の違いを簡単に説明する。

いよいよ、

自費の影響もあと少しと

なってきました。

 

補綴のポイントが5つある内、
前回2つ話しましたが今回は残りは

あと3つです。

 

 

③ 補綴ごとの細かい点は

  いきなり話さない。

 

 細かい点をいきなり話さない

と言うのは補綴の種類の説明も

ものすごくザックリ話してください。

 

 

ゴールドだとこういったメリットが

あり、白いのだとこういった種類が

ありますが、大雑把な違いは

こうです。

 

 

 

1分ぐらいの会話でOKです。

しっかり説明した方が良いのでは?
と思う先生もいるかと思います。

 

 

 

では理由ですが、

すでにこの時点であまり自費治療に
興味がない人もいます。

 

 

その方に、トクトクと補綴の違いを

話すのは

 

患者さんにとって苦痛でしか

ありません。

 

 

 

想像してください。

 

あなたが

車を買う予定で予算が300万円と

します。

 

車屋に行ったら1000万以上の

車の話をトクトクとされたら

どうでしょうか?

 

 

車が好きでただ話を聞いてるだけで

面白い人は別として

ほとんどの人は苦痛に感じるのでは

ないでしょうか。

 

 

 

しっかり説明するのも大切ですが

相手の気持ちを察するのも大切です。

 

 

ザックリ話した時点で、

もし患者さんに 自費治療に興味が

なければこの時点で

患者さんのご意見を聞いて

保険治療を進めてください。

 

 

 

ここで自費治療に興味ある患者さん

には、次のステップに行って下さい。

 

 

ではこの先の話は

次回にお伝えします。

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事