衛生士や助手と仕事の価値観が合わないけど・・・。

良い人っていますよね。

 

もちろん、それが自然体なら

良いのですが

 

『いい人に見られたい』

 

と思う意識が強く

自分のやりたい事をやれない人

がいます。

 

自分の思っている事を表現できない人

がいます。

 

 

 

あっ!自分のことだ!

 

と思った人、

そんな人は、今すぐいい人を

止めましょう。

 

その行動は

あなたの人生をロスってます。

 

 

そもそも多くの人に 

好かれようと思うのが間違いです。

 

 

結果、

好かれているのは良いのですが、

好かれるために自分を殺すのは

止めましょう。

 

 

人間はみんな考え方が違います。

大切にしている価値観も違います。

 

 

相手の考えや価値観を知ることは

大切です。

別に否定する必要はありません。

 

 

ただ聞いたうえで、 

ちょっとな~と思うなら

距離を置きましょう。

 

 

 

もし、スタッフの価値観が

違い過ぎれば、

一緒に働かない方が良いと思います。

 

 

もちろん、

「気が合わないから嫌!クビ!!」

と言うことでは、ありません。

 

あなたが経営者なら

そんなことをしたら

スタッフに訴えられてしまうだけ

です。

 

私が言いたいのは、

ただ気が合わないと言うだけで

解雇を求めると言うことではなく

 

価値観が違いすぎるなら

しっかり、それを伝えて合意して

もらった上でと言うことです。

 

 

仕事を一緒にしていく上で

違いすぎる価値観を持つ人と

働き続けることは

 

誰の得にもなりません。

 

 

自分がしたい、なりたいビジョンが

あるにも関わらず

 

スタッフがそれに反発し

それが成し遂げられないのです。

 

 

ワンマンになれ!

とは言いませんが

志を持って院長になったはずです。

 

 

自分のしたい治療、医院経営

将来のビジョンがあるはずです。

 

 

それを押し殺して、

スタッフの給料のためだけの

歯科医院になるのは

おかしいですよね。

 

 

もちろん、スタッフの方が言っている

ことが正しい場合や、

 

患者さんのことを想って

意見してくれていることも

あります。

 

それは、価値観が合わないのでは

なく、一時的に意見が合わないだけ

です。

 

 

そのスタッフの意見に耳を傾けること

により、自分だけでは気づけなかった

ことに気付かされ

 

結果として、自分の目標、ビジョンに

向かえることもあります。

 

 

それは、しっかり判断して下さい。

 

 

 

また、 

もし患者さんの求めるものと

医院の提供できるものが違い過ぎれば

出来ないと断りましょう。

 

 

患者さんの要望はできる限り

叶えたいと思います。

 

しかし、患者さんの要望は

歯科知識を伴わない無茶なもので

あることも多いです。

 

 

また、「他の医院はしてくれた」

と言う内容のこともあるでしょう。

 

 

しかし、自分の治療方針に合わない

ことを、良い人と見られたい

好かれたいと思う気持ちから

するのは、やめた方が良いです。

 

 

それは、良い人、良い先生なのでは

なくて

「なんでもよい人、先生」

になってしまいます。

 

 

一人の患者さんに、自分の考えに

反する治療を提供すれば

他の患者さんも

「あの人は、してもらえたと聞いた」

と言ってくるでしょう。

 

 

そして、他の人にした手前、断れず

また自分の方針に反した治療を

どんどんしていくハメになります。

 

 

これで、もし患者数が増えたと

しても、それで満足でしょうか?

 

きっと、モヤモヤする事と思います。

 

 

 

自分の方針に反すると言うことは

何か反する理由がありますよね。

 

それをしてまで、集患できたとしても

結局は、それは自分を潰すことに

なるでしょう。

 

歯科医院経営は短期的なものでは

ありません。

 

10年、20年と続く長期的なもの

です。

 

短期的なことであれば、多少の我慢や

無理も良いかもしれませんが

 

長期的なことに、納得のいかない

我慢や無理は禁物です。

 

なんでもよい歯医者は一時的には

人気が出るかもしれません。

 

 

患者さんが、自分がしてほしいと

思った通りのことをしてくれる

のですから。

 

 

しかし、その治療に責任は

持てるでしょうか?

 

 

責任の持てない治療をしていると

信用を失うのは目に見えています。

 

また、一時的にしか通院しない

患者さんにとっては、都合の良い

歯科医院かもしれませんが

 

生涯、自分の口腔内の健康を管理

してほしいと願っている患者さんから

すると

 

患者さんが言った通りにする歯科医は

信念がなくて、信頼できないかも

しれません。

 

 

だって、専門知識があるのは歯科医

なのですから。

 

痛くなった時にだけ通院して

定期検診に来ない患者さんと

 

定期検診もきちんと通院し

自分を信頼して、治療を任せてくれる

患者さん

 

どちらを大切にしたいですか?

 

 

間違いなく後者ですよね。

 

 

それなら、無理して提供できないと

思う治療にイエスというのは

やめましょう。

 

 

 

他にも、

 

行きたくない飲み会は断りましょう。

 

多少、付き合いが悪いと思われても

良いんです。

 

それで、しんどい想いをしたり

無理をすることで

 

あなたの大事な時間と心が

奪われるなら

 

周りの小さな評価は気にしないで

下さい。

 

 

それが、恩義礼儀に欠くことで

なければ

そんな事で、他人のことを評価する

人こそ、大したことはない人です。

 

また、

自分に悪影響のある人と会うのは

止めましょう。

 

 

もちろん、人としての礼儀を

しっかりするのは当然です。

 

ただ、悪影響がある人とは

会わない。

 

これってすごく重要なことです。

 

仕事もプライベートも、

自分にとって良い影響のある人と

一緒にいることが大切です。

 

結果的に、気力が充実して

仕事もプライベートも

ドンドン良い方向に行きます。

 

 

良い人の周りには良い人や

チャンスが巡ります。

 

逆も然りです。

 

 

良い人であることは

悪いことではありませんが

 

自分を殺してまで他人に

良い人と思われる努力をしないで

下さいね。

 

 

決して、

患者さんを自分の価値観で

選り好みしましょう

 

と言う事ではありませんので

誤解無く。

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事