患者さんが入りやすい歯科クリニックにするために

 

 

あなたのクリニックは

 

 

患者さんが入りやすいでしょうか?

 

それとも入りにくいでしょうか?

 

 

なかなか自分では分かりずらいと思います。

 

 

 

 

では、ご自身のクリニックの

 

入り口や待合いを見てください。

 

以下の点がいくつか当てはまっていれば要注意です。

 

 

 

① 薄暗い

 

② 物が乱雑においてる

 

③ 古いポスターが貼ってある。

 

④ 誇りがかぶってる。

 

⑤ 雑誌が古い。

 

⑥ 漫画が置いてる。

 

⑦ 古いパンフレットがそのまま

 

⑧ スリッパが重ねて置いてる。

スリッパが汚い。

 

 

 

どうでしょうか、

当てはまってる所はあったでしょうか。

 

 

 

患者さんは新しい歯科医院行くのは

精神的な負担があります。

 

 

 

どんなクリニックだろう?

 

良い先生だろうか?

 

スタッフの人はどうだろう?

 

といろいろ考えます。

 

 

 

 

そこでクリニックの前で

二択の選択肢があります。

 

①『感じ良さそう。ここにしよう。』

 

②『なんか雰囲気悪いかも、違うところ探そう。』

 

 

 

この選択肢の決断は

何となくでしかありません。

 

 

 

患者さんに聞いても

感覚で『やっぱり止めよう』と思います。

 

 

 

でもその止めようと言う感覚を

引き起こす可能性が高いのが

 

上記の様な項目です。

 

 

 

漫画を置いてるかどうかは

確かに入ってみないと分かりません。

 

 

でも漫画がおいてそうな

雰囲気はにじみ出てるのです。

 

 

ラーメン屋でも

入る前から

ここは漫画を置いてそう

 

 

ここは漫画無さそうって

何となく感じますよね。

 

 

何となく感性で感じるのです。

 

 

私は個人的には漫画大好きで

今でも止められませんが

クリニックのイメージ戦略としては厳しいです。

 

 

自分のクリニックを入ってみて

客観的に入りたいクリニックかどうかを

考えて見てください。

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事