歯科治療で除去した金属(メタル)の管理

歯科医なら知っていると思いますが

治療で除去した金属(メタル)って

そのまま捨てずに集めていますよね。

 

これを金属回収に回すと

計測してくれて買い取ってくれます。

 

 

どれくらいの量の金属を貯めるか

にもよりますが、業者から渡される

専用の容器に一杯に貯めれば

10万〜20万の値段がつきます。

 

 

なかなか大きい金額ですよね。

 

ただ、少し気をつけて欲しいことが

あります。

 

それは、この除去した金属を

貯めている時の管理についてです。

 

私は以前、除去した金属を消毒室の

ガラス瓶に半年ぐらい分を

貯めていました。

 

しかし、ある時、金属回収業者に

言われました。

 

『前回よりも、メタルの量が

とても少ないですね。』

 

と。

言われてみると、

う~ん、そうかもしれない。

 

それを業者に言われるまでは

回収瓶の事は気にすることがなく

 

意識して見ることも

ありませんでした。

 

 

金属はすぐに貯まる事はないので

数ヶ月〜半年かけて回収瓶が

一杯になるという状態だったので

1日で量が大きく増えることも

ありません。

 

 

しかし、

 

気になって、たまに金属の回収瓶

を見るようにしていたら

 

業者に回収をまだ頼んでいないのに

金属の量が減っている時が

ありました。

 

 

ん?まさか・・・?

 

と思いました。

 

そうです。盗まれているんです。

 

疑いたくはないけど、

明らかに盗まれているんです。

 

これに気づいてしまってからは

管理方法を変えようと思い

 

 

除去した金属を今までの大きな回収瓶

に直接貯めていくのではなく

小さい小瓶に貯めるようにして

 

それが一杯に貯まったら、

医局に置いている大きな瓶に

入れ替えて貯めるようにする事に

しました。

 

 

スタッフ内に盗む人がいるとは

思いたくないけれど

 

実際にそう言うことが起こって

しまうと、精神的に

とても気持ち悪いものです。

 

また、これは本当に盗んでしまった

スタッフ以外のスタッフをも

疑いの目で見てしまうことになり

スタッフ達と自分も

とても辛いですよね。

 

それに、これでスタッフとの間に

亀裂が生じ、良い関係性が築けなく

なってしまう可能性も大いに

あります。

 

 

盗んでしまうスタッフは

もちろん悪いです。

 

 

しかし、管理の仕方を変えるだけで

このようなことをするスタッフが

出ないようにする工夫も必要だと

思います。

 

 

うちは大丈夫!

と思うかもしれませんが

 

既存のスタッフは大丈夫だとしても

 

スタッフは、これからも新たに

入ってくることもあります。

 

人の入れ替わりがあるという事は

今のスタッフだけが信用できていても

新しいスタッフについては

まだ未知です。

 

 

とは言え、自分が雇ったスタッフを

信用できないというのも

悲しい話ですが

 

実際に、盗まれてしまったりして

本当に信用できない状況になる方が

もっと悲しいです。

 

 

ですので、しっかり管理して

出来心でそういった事をやらない

環境をつくることも、

対策の一つとして大切だと思います。

 

除去した金属に関しては

現金のように分かりやすく

金銭的な価値が見えないので

 

うっかり適当に保管してしまいがち

ですが

10〜20万円になると考えると

かなりの金額だと思います。

 

 

スタッフに任せるのではなく

管理には院長もしっかりと

関わるようにすることを

お勧めします。

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

コスト低く、

手間がなく経営効果を出したい。

 

口コミで100医院以上が参加

 

地域で1医院限定なので先着順です!

 

→歯科開業医ネットワーク

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事