除去した金属(メタル)回収の業者との立ち合い

口腔内から除去した金属(メタル)は、

クリニックで貯めていると思います。

 

 

そして半年や1年に一度位のペースで

金属回収業者に回収を

依頼しますよね。

 

 

この回収の際に1つ

気を付けて欲しいことがあります。

 

 

それは、

回収に立ち合いをすると言うこと

です。

 

よくあるのが、診療中などの忙しい

時間に業者が来て、対応ができない

ため、受付で除去した金属の

回収容器を業者に渡して

「あとはお願い」

というスタイルです。

 

 

そうするのではなく

 

渡したメタルを計測する際に

その場に一緒にいるように

してください。

 

回収、計測は

1分ぐらいで終わります。

 

 

 容器からメタルを出して

ビニールにメタルを入れて

その場でグラムを計測して

 

その場で、その封を厳重に

閉じてくれます。

 

または、新しい空の回収容器を

持参され、その容器との重さの差を

計測してくれ重さを書いた用紙を

くれる業者もあります。

 

 

どちらにしても、業者が

こちらが貯めてきたメタルを

しっかりと計測していることを

確認して下さい。

 

 

 

 

これは、知り合いから聞いた話ですが、

業者に任せていたら

 

 

自費の大きなブリッジを

コッソリ、ポケットに入れていたのを

見てしまったとの事です。

 

 

前回もお伝えしましたが

金属は現金と同じです。

 

現金のように、金銭的な価値が

目で見て、パッとわからないので

うっかり忘れてしまいがちですが

現金同様、価値のあるものです。

 

それを

いくら渡しているのかを分からず

相手に任せるのは止めましょう。

 

 

 

と言っても、先ほど言ったように

診療中の忙しい時間に来られたりして

手が離せないこともあります。

 

私も、実際には立ち会う暇はないので

事務の人に任せていますが

立ち会うのは受付でも助手でも

大丈夫です。

 

 

これはうちの例ですが、

昼休みに業者に、

ちょっとした修理をしてもらった際に

窓口金が10,000円減っていた事

がありました。

 

 

 

たまたま、会計時のミスと重なったの

かもしれませんから

業者に対して何も言っていませんが

 

 

それからは、外部の業者が来るときは

必ずスタッフも含めて

各自貴重品の管理をするように

言っています。

 

 

相手を疑う気はないですが

やはり最低限の医院サイドでの

注意は必要だと思います。

 

 

歯科医院は意外に、業者の出入りも

多いですし、受付には必ず、レジや

金庫などがあります。

 

また、その受付も、誰でも入り易い作りに

なっていることが多いです。

 

そうなると、業者でも誰でも

立ち入れます。

 

 

スタッフルームも入り易い作りに

なっていることもあります。

 

 

前回同様ですが、もし盗みが起きて

からでは、業者さんや、自分のスタッフ

に対して、犯人探しをしてしまったり

信用できなくなってしまいます。

 

 

そんな関係にはなりたくないですよね。

 

 

ですので、医院の中だから、安全だ

という無防備な状態はやめて

自分のものも、医院のものも含め

大事なものは、きちんと管理すること

を徹底しましょう。

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

コスト低く、手間がなく

経営効果を出したい。

口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!

 

→歯科開業医ネットワーク

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事