歯科医師と中年とメタボと思考力

歯科医師と中年とメタボと思考力

 

 

歯科医師って精神的にも肉体的にも

結構ストレスがかかる職業だと思います。

 

ただ日々の仕事での消費カロリーは大してないんです。

やはり椅子に座ってる職業ですからね。

 

年齢と共に基礎代謝が減って

付き合いで飲み会が増え

仕事のストレスが増え

その結果的に、体にその歪がでるって言う現象が起ります。

 

 

要は太ったり、内臓脂肪が増えたり、

血液検査の結果が悪くなったりです。

 

 

結果、仕事のパフォーマンスも悪くなったりします。

 

仕事もプライベートも活動的に過ごしたいなら

やはり体調管理は非常に重要だと私は思います。

 

 

ちなみに私はアラ40真っただ中です。

 

32歳頃は大学時代よりも5キロぐらい太りました・・・。

 

これはまずいと思って、いろいろ運動をしました。

 

マラソン・登山・テニス・筋トレなどなど。

 

 

でも一番良かったのは散歩です!

 

散歩の良い理由はいくつかあります。

 

 

 

①どこでも出来る。

 

特に用意も必要なく、友達と待ち合わせの場所の周囲で出来たりします。

ランニングとかもどこでも出来ますが・・・。

 

 

 

 

②準備がいらない。

 

これは一番のメリットですが

普通の服でも1~2時間位の散歩なら出来ます。

 

ランニングはどこでも出来ますが

シューズや着替えが必要です。

ただ散歩は私服でOK

 

 

 

③脳が活性化して思考に良い。

 

私は散歩をしていろんな街を見るのが好きなのですが

いろんな発見や刺激があり脳を活性させます。

 

また歩くことで脳の血流量が増えて

クリエイティブな思考が出来ます。

医学的にも証明されています。

 

昔の哲学者も歩いて考え事をしていたと言われてますしね。

 

 

④邪魔されない自分1人の思考時間を確保できる

 

職場でも家でも考えようとしても、

周りの人やテレビや漫画などいろいろ誘惑があります。

 

散歩すれば、

だれにも邪魔されない1人の時間が確保できます。

 

また考えやアイディアなどは、

スマホにメモをすれば忘れる事もありません。

 

 

⑤やる気ホルモンが分泌

 

やる気ホルモンって何だという事になりますが

これは甲状腺刺激放出ホルモンの事です。

 

このホルモンが出る事で、

感情が刺激されてやる気が出ます。

 

大腿四頭筋を刺激する事で分泌されやすくなるんです。

だから散歩をするとポジティブな気持ちになってきます。

 

 

 

いかがでしょうか?

かなり散歩したくなってきましたか。

 

たぶん99%の人はやらないと思いますが(笑)

 

本当にいいでんすよ。

 

 

 

私は最低でも週3日、一回1~2時間散歩してます。

 

電車に乗って散歩しに行きます。

街で見かけたら声を掛けて下さいね。

 

 

ちなみに散歩の消費カロリーですが

普通のスピードで歩いて65~70㎏ぐらいの方は

一時間で200キロカロリーです。

 

少し早足だと、300キロカロリー消費します。

 

 

ある人に10年前ぐらいに言われた言葉があります。

 

『オジサンなのは年齢の問題だからしょうがない。

でもオジサンくさいのは、その人次第。』

 

お!確かにそうかも。

と思いました。

 

ま~でも、散歩を勧めてる時点で

かなりおじさんくさいですが・・・・・。

 

でもぜひぜひ、トライしてみて下さい。

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事