「歯科医院が上で業者は下!」ではない方が繁栄する。

 

「歯科医院が上で、業者は下!」

ではない方が繁栄する。

 

 

どこのクリニックでも

取引きをしている業者さんって

いますよね。

 

一番多いのは、

技工所かも知れません。

 

 

ところで、その取引き業者さんとの

立場ってどうでしょうか。

 

 

立場的には 

歯科医院が「上」で、

業者が「下」って感じでしょうか。

 

 

いきなり、こんな質問をされて

「え?上か下かだなんて・・・」

と思われたかもしれません。

 

それを本心から思っている先生も

いれば、そうは言いながらも

本心では立場的に上下を

つけている先生もいます。

 

声を大にして「業者が下だ!」

なんては、言えないけれど

そう思っている人・・・

いますよね?

 

 

 

このメルマガを読んで勉強している

先生はたぶん真面目な先生だと

思いますので

大丈夫だとは思いますが

 

今回お伝えしたいことは

決して、取引業者を「下」として

見てはいけないという事です。

 

 

業者さんは当然、歯科医院から

仕事を受けるので

丁寧に対応してくれます。

 

トラブルがあると

業者さんは真剣に謝ってきますが

こっちのミスの場合などは

「全然、大丈夫ですよ」と

対応してくれます。

 

 

そうすると、不思議なことに

ドンドン自分の方が偉い感じが

してきて、

「こちらの方が偉いから

 業者は何も言ってこないんだ」

 

「こちらの発注がなければ

 この業者は困るから

 頭が上がらないんだ」

 

なんて、とんだ勘違いをして

自分が上で業者は下だと

見下してしまいます。

 

 

 

 

そもそも、歯科医院の院長って

 

業者さんだけでなく

スタッフにも

患者さんにも

 

そんなに上から言われる事が

ありません。

 

なんなら、24、5歳で歯科医師に

なってから、研修医の間でも

自分の親やそれ以上の年代の患者さん

にまでも「先生」と呼ばれます。

 

勿論、同じ歯科医の先輩からは

怒られたりもしますが

患者さんからすると歯科医と言う

立場は、一般的な立場ではないように

扱われます。

 

研修医の時代なんて

実際に仕事としては歯科衛生士の

方がよく出来ているくらいのことも

多々あります。

 

歯科医師とは名ばかりで

実績も、実力も無い状況でも

周りの人の反応は歯科医師を

敬っているとも捉えられるような

反応です。

 

そのせいか、若い頃から

ずっと上から言われることが

あまりないのです。

 

さらに、年齢もある程度になると

同じ歯科医師でも誰も何も

言いいません。

 

 

そうすると、

かなり自分自身で襟を正して

生きないと、ドンドン変な方向に

行ってしまい、ますます誰も

何も言わない状況になります。

 

 

 

話を戻しますが

業者さんとの付き合いも

丁寧な対応をすることが

重要です。

 

挨拶するのは当然ですが

業者さんのミスが例えちょっと

あっても目くじら立てて

怒らないで下さい。

 

目くじら立ててなんて・・・と

思う人もいるかもしれませんが

実際に結構いるんです!

 

ストレスの吐口にしてるんじゃない?

てくらい偉そうに、辛く当たる人が。

 

そんな態度は間違ってもせずに

『患者さんに迷惑かかってしまいます

 ので、次からは気を付けて

 下さいね。』

 と言う事が大切です。

 

 

1人の力で医院を良くする事は

出来ません。

 

 

スタッフにも助けてもらい

業者にも助けてもらいます。

 

業者も医院を良くしてくれる

パートナーと思う事が重要です。

 

 

私は技工所以外にも

ホームページ制作の方

冊子やチラシづくりの方

イラスト作ってくれる方など

 

いろいろ仕事を

依頼している人がいます。

 

そして、その方たちには

お中元やお歳暮も送るし

食事に誘って、ご馳走したりも

します。

 

 

それに

『良かったら、これ奥様と

 食べて下さい。』

と帰り際に手土産をお渡ししたりも

します。

 

 

間違えないで欲しいのは

仕事を私がもらっている側ではなく

私が仕事を依頼して、お金を払って

いる側だけど、している点です。

 

 

私はBtoCの仕事しかした事が

無く、BtoBはした事がないので

分からないですが

 

たぶん私が仕事をもらう側だったら

仕事を依頼してくれる会社に

接待はしません。

 

だって、接待して相手を

ヨイショヨイショと持ち上げないと

仕事を依頼してくれない人とは

パートナーを組みたくないから。

 

接待して仕事をもらうのではなく

価値を感じてもらって仕事を

受けたいです。

 

 

そうではなく、仕事をお願いして

いる側だけど相手に喜んでもらう様

にすることが大切です。

 

 

新しい情報やプロの意見を

教えてもらう為に

私と仕事がしたいと思って

もらう為にも

 

良い人間関係構築をして行く事が

大切です。

 

 

 

パートナーだと思って対応すれば

業者も何かあれば助けてくれますし

しっかりやろうと思ってくれます。

 

ただ業者は、こちらがお金払って

いるのだから、下の立場だと思えば

困った事があっても真剣には

対応してくれないし

しっかりやろうと思わないのでは

ないでしょうか。

 

もし、同じ条件の歯科医院が

あったとして

問題が同時に発生したとします。

 

1つの医院は、良きパートナーと

して仕事をしてくれる歯科医院。

 

もう一方は、

業者を下だと見ているのか

理不尽なことで怒ってきたり

横柄な態度を取ってくる歯科医院。

どちらか一方のトラブル解決にしか

向かえないとなった場合

どちらのトラブル解決に先に

向かうでしょうか?

 

もし、自分が業者なら

確実に前者の良きパートナーとして

扱ってくれる歯科医院です。

 

同じことで、

私達だって患者さんから

『治療費払ってるんだからやれよ!』

と言う感じで接されたら嫌なはず

です。

 

何も歯科医師は偉いんだから敬え!

と思うわけではありませんが、

患者さんの口腔内を健康にする

手助けをするパートナーとしては

みて欲しいと思います。

 

話は戻りますが・・・

業者さんはパートナーです。

あなたを助けてくれる人です。

 

丁寧に接しましょう。

自分を上に思ったり、

業者を下に思ったりしている歯科医より

自分に関わる業者を

分け隔てなく、仕事のパートナーとして

考えられる、そんな人の方が魅力的な

人間になれると思います。

 

 

と偉そうに書いていますが

 

私は28歳から院長をやって

いましたが20代の頃はけっこう

文句を言ったりしていました。

 

 

でも2年位で、それが

すぐに良くない事に気づき反省

しました。

 

『あ、俺ってダメな奴だな』って。

 

 

 

それからと言うもの、

私生活でお店行った時や

仕事で業者などにも

クレームや文句を言う事は

止めました。

 

そんなことを言っていた時は

今思うと尖っていたと言うか・・

恥ずかしい思い出です。

 

 

自分で、気づいてやめてからと

言うもの、その方が長期的に

上手く行きますし

精神的にも良いです。

 

 

なんて、偉そうに書いています…

が、実体験として、そう思って

いるし実際に良くなっているので

経験者かく語りき・・・と

思って下さい。

 

業者が自分に優しく融通を聞いて

くれたり、腰低く接してくれることに

奢り昂ることなかれ!です。

 

対等に、きちんと丁寧に接しましょう。

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると

体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。

 

口コミで100医院以上が参加

 

地域で1医院限定なので先着順です!

 →歯科開業医ネットワーク

 

・ ・

 

歯科開業医ネットワーク 解説アニメ動画

手間なく売り上げを増やすには待合室動画が必須!
でも、動画に50万や100万も払っていませんか?


今だけのお得な特典があります。詳しくはサイトで。



 

→手間なし動画くん

 

→手間なし動画くん



コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 

→歯科開業医ネットワーク



開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事