あなたの歯科医院は患者さんにどんな評価やイメージを持たれていますか?

 

あなたの歯科医院は何ですか?

 

『なんですか?と言われても

 歯科医院です。』

 

と答えるしかないかも知れません。

 

 

では、もう少し具体的にお聞きします。

 

 

あなたの歯科医院は

どんな歯科医院ですか?

 

 

『え!どんな歯科医院?

 う~ん。強いて言えば根治を…。』

 

『神経を出来るだけ残す様に

   しているよ。』

 

『ま~歯を出来るだけ

    抜かない事かな。』

 

『歯周病の治療なら自信がある。』

 

 

 

もしかすると

何かこれって物がない先生も

いるかも知れませんが

人それぞれ答えは違うかも知れません。

 

 

ここで、重要な質問をします。

最も大切な事を考えて欲しいのです。

 

先ほどの、どんな歯科医院ですか?
との問いの答えは

 

以下の2つのどちらの視点の

答えですか。

 

①自分(先生)の視点ですか?

②患者さん視点ですか?

 

さて、どっちでしょうか。

 

たぶん97%が①の自分視点でだと

思います。

 

 

『そんなの当たり前でしょ。

 自分が歯科医院を作るのだから

 自分の視点で歯科医院をつくらなくて

 どうする。』

 

そんな気持ちもあるでしょう。

 

 

当然、歯科医院を作り上げる物事の起点

は自分です。

 

ただ起点は自分でも
最終的には患者さん視点でジャッジする

のが大切です。

 

 

どういう事かというと、どんなに自分が

 

根治の治療を大切にしているとか

神経を大切にした治療をしている

 

とか思っていても

患者さんがそれを感じてなければ

評価の反応はないと言う事です。

 

4

 

 

『別に評価される為に治療は

 してない。』

と思われる人もいます。

 

もちろん患者さんからの評価の

反応がなくても治療は出来ます。

 

 

ただ患者さんが、先生のやっている

治療をしっかり理解した方が

患者さん自身が

「この歯を大切にしたい」

と思うようになります。

 

 

何となく簡単に治ってしまうと

この歯を大切にしたいと思う気持ち

が減ってしまいます。

 

 

要は、どんな歯科医院ですか?

と言う問いに対して

患者さんがどう思っているかが

重要です。

 

 

 

先生の思っている答えと

患者さんの思っている答えが

乖離しているケースが多々あります。

 

 

大切なのは先生の思っている答えと

患者さんの思っている答えが

一致することです。

 

 

その為にはしっかり歯科医院の

取り組みを伝える事です。

 

 

例えば神経を大切にしているなら

神経を大切にしている事を

しっかり伝える。

 

 

歯を出来るだけ残す事を

重要視しているなら

それをしっかり伝える事です。

 

 

もちろん、伝えても伝えなくても

治療は進みます。

 

もちろん、伝えたからといって

何か今日変化が起こる事は

ありません。

 

 

ただ、しっかり伝えた歯科医院の方が

患者さんからの評価の反応があります。

 

長期的な繁栄の基盤となります。

 

 

 

新しい歯科医院が近くに出来て

初診が減ってからトライしても

難しいです。

 

そもそも、初診やアポが減ったら

突然伝える様にするって自体が

不純ですし。

 

 

経営の為に伝えるのではなく

患者さんの為に伝えるのです。

 

結果がそれが経営に反映ってだけです。

 

 

 

今日やらなくても良いことを

やっている歯科医院は
3年後5年後の歯科医院経営に

大きなアドバンテージとなります。

 

 

ただ自分で仕組みを作るのは

費用も労力も大変だし

何をして良いか分からない先生は

こちらをどうぞ。

 

 

患者さんが溢れる

地域NO.1ブランド化システム

http://haisyakaigyo.com/?page_id=3014

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事