歯科医院内の雰囲気って、どう伝えるの?

ホームページで、

歯科医院の雰囲気を伝えるのには

どうすれば良いのでしょうか?

 

 

以前に

『患者さんは歯科医院のホームページの

 何を見ているのか?』

http://haisyakaigyo.com/?p=320

 

でも書きましたが

患者さんは歯科医院のホームページの

内容を見てる様で、実のところ

なにも見ていない

と、お伝えしましたよね。

 

 

では、ホームページの

何を見ているのかと言うと

 

その歯科医院の雰囲気を

感じているだけ・・・

 

とお伝えしました。

 

 

そして、患者さんがホームページを

閲覧している時に考えていることは

 

「キレイなクリニックかな?」

 

「優しい先生かな?」

 

「上手いのかな?」

 

「スタッフは丁寧かな?」

 

このようなことです。

 

 

 

残念ながら、院長が一生懸命考えた

理念などを、きちんと読んで

 

それを見て「この医院に行こう!」

 

となる患者さんは、稀だと言えます。

 

 

それよりも、良い感じの医院かな?

と言う「医院の雰囲気」が

知りたいのです。

 

 

そこで、最初の質問に戻ります。

 

 

歯科医院の雰囲気をホームページで

患者さんに伝えるには

どうすれば良いでしょうか?

 

 

今回は、その具体的な実践対策を

お伝えします。

 

 

 

ホームページを閲覧してくれた

医院の雰囲気を知りたい患者さんに

訴求するには具体的に何をするのか?

 

答えは簡単です。

写真を載せてください

 

写真

患者さんが不安に思っていることを

解消するような雰囲気を与える

写真を載せるのです。

 

 

写真で不安を解消する??

 

と疑問に感じられるかもしれませんが

これは、どういう事かと言うと

上記にある患者さんがホームページを

閲覧した時に知りたい雰囲気の

1つずつに当てはめて

お答えしたいと思います。

 

 

「キレイなクリニックかな?」

→ 受付やユニット周囲など

  院内の様子が分かる写真を

  いくつか載せてください。

 

 

自分が初めて行く飲食店を探している時

を想像してみて下さい。

 

行ったこともないお店なら

店内が綺麗なのか、それとも大衆的な

少し古びた感じのお店なのか等

店内の内観が気になりますよね。

 

そんな時はグルメ情報サイトなどで

お店の内観写真を見て

そのお店が綺麗なお店かを

調べますよね。

 

 

それと同じことで

医院の内観写真を載せることで

患者さんに、清潔な雰囲気の医院かが

伝わります。

 

 

 

 

「優しい先生かな?」

→ 堅い、いかにもドクター!賢いぞ!

  と言うような表情ではなく

  笑顔の写真を載せてください。 

 

歯科医院で撮影した治療系も

もちろんですが、趣味などの

プライベートな写真も歯科医師紹介で

載せると良いです。

 

これは、治療中の真剣な写真では

信頼性を与えることが出来るでしょう。

 

しかし、堅い印象だけでは

 

「真面目で怖い先生かもしれない…」

 

と言う雰囲気は拭いきれません。

 

 

そこで、プライベートの趣味や写真を

公開することで、一気にとっつき易い

印象を与えることが出来ます。

 

 

 

「先生の治療は、上手いのかな?」

→ 治療している風景を

  写真で載せてください。

 

歯科医師だけではなく

衛生士の写真もあるといいですね。

 

これは、本当のところは

治療を実際に受けてもらわないと

わからないことなのですが

患者さんは治療する前こそ知りたい

情報だと思います。

 

 

治療時の風景を載せることで

治療中の状況がイメージし易いので

患者さんは安心出来ます。

 

また、衛生士が載っていると

より一層雰囲気が伝わり易くなります。

 

 

「スタッフは丁寧かな?」

→ 受付や助手の笑顔の写真を載せたり

  仕事しているシーンの写真を

  載せてください。

 

患者さんが初診で来院された時に

一番はじめに、お出迎えすることに

なるのは受付です。

 

その受付の様子を載せるだけで

患者さんは初めて来院する際にも

「見たことがある場所」

というだけで

安心感を覚えることが出来ます。

 

 

これは一例ですが

多くの患者さんが歯科医院の

ホームページを閲覧する際に

気になる点だと思います。

 

 

 

しかし、上記に記したような対策だけで

本当に雰囲気が伝わるのかな?

 

と疑問に思われるかもしれません。

 

 

 

 しかし、これはまさに

『百聞は一見にしかず』 です。

 

 

どんなに文章で

 

「うちの歯科医院は、

 日の光がよく入り明るい設計に

 なっています。

 

 また、白を基調とした内観は

 清潔感に溢れています。

 

 そして、治療の際は医師と衛生士が

 二人一組になり、患者さんの様子を

 見ながら細心の注意を払い

 丁寧な治療を心がけています・・・」

 

云々カンヌンと書かれていても

雰囲気が伝わるでしょうか?

 

なんとなく想像はできますが

その想像は無機質なもので

冷たい感じがします。

 

 

例えば、あなたが街の中を歩いていて

広告看板を見たときに

 

いきなり文字を読むのではなく

 

まずは、写真に興味が行くと思います。

 

そして写真に興味が出た後に

その広告の文章を

写真の次に読みます

 

 

まずは写真→文章の順に

無意識に見ています。

 

逆に、特に興味のない内容のもので

あれば、写真を見ただけで

無意識のうちに見た広告看板の情報を

意識から削除してしまいます。

 

そうなると、勿論文章なんて

読みません。

 

 

 

 

 

 

それと同じように

歯科医院のホームページを見て

自分が通院する医院を探している

患者さんの目に留まるようにするため

にはホームページで、まずは写真で

雰囲気やイメージを伝えることが

大切です。

 

 

男性歯科医師は笑顔を作るのが

苦手な方が多いので

笑顔の練習をして、患者さんに

安心を与えられるような写真を

載せられるようにして下さいね。

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事