歯科医院の売り、優位性、強みって

今回は

ホームページ作成におけるポイント

実践編の最後になります。

 

 

最後は、

 

「患者さんに

 メリットを感じてもらうこと」

 

に重点を置いて

お話をしていきたいと思います。

 

 

以前の記事

『歯科医院のホームページから

 メリットを感じる』

http://haisyakaigyo.com/?p=325

の中でもあったように

 

メリットとは

 

自分の歯科医院のウリとしている事

優位性出すことが大切と

お伝えしました。

 

 

しかし、それには

実際にどんなことをウリにすれば

良いの?

と悩まれる方が多いです。

 

これは、

言ってしまえば何でもよいです

 

 

 

「えっ!?なんでも良い?

 そんな適当な・・・」

 

と思われましたか?

 

 

確かに、

何でも良いと言うと

すごく雑に感じられるかもしれません。

 

 

ウリに出来る事と聞いて

アカデミックな治療が出来ていないと

ウリがないと思ってしまうかも

しれません。

 

 

しかし、ここで言う「何でも良い」

というのは、そう言ったことでは

ありません。

 

 

 

では、どう言ったことを指すかと

言うと

 

例えば『優位性』には

 

 

①診療時間を長く設けており

 夜遅くまで診療をしている

 

遅い時間まで診療しているという事は

お仕事をしていて仕事帰りしか

通院できない患者さんにとっては

とても重宝します。

 

 

 

②土日や祝日も診療をしている

 

これも、①と同様ですが

休日しか通院できない患者さんにとって

とても嬉しい条件であると言えます。

 

 

 

③個室のユニットがある

 

患者さんによっては、お口の状態を

説明したりする歯科治療は

内容によっては他人に聞かれたく

ない事もあります。

 

そんな中、個室での治療は

カウンスも含め他の患者さんに

聞かれる事もないので

安心して受診する事が出来ます。

 

 

 

④タービンを患者さんごとに

 滅菌している

 

徹底的な滅菌は

治療技術とは関係ないですが

 

患者さんサイドからしたら

とっても安心できる歯科医院である事に

間違いありません。

 

 

 

⑤初診コンサルをし

 患者さんに説明をするようにしている

 

患者さんは、意外にも自分のお口の中の

状態を知らない人が殆どです。

 

そして、どれだけ治療が必要なのか

どのような治療が必要なのか

期間はどの程度かかるのか等を

はじめに説明して貰えることで

患者さん自身が治療の進捗度を

意識出来るようになります。

 

 

これにより

なんだかよく分からないけど

何回も通院させられると言った不信感

も持たれません。

 

 

また、現状がどういう状況で

今後どう治療していくのか

不安に感じることを先回りして

説明することは、患者さんにとって

とても安心感を得ることが出来ます。

 

 

また、自分のことを

きちんと見てくれていると言う

気持ちにもなります。

 

 

 

⑥痛みが少ない様に麻酔をするように

 取り組んでいる

 

麻酔と言えば、必ず「痛い」ものだと

思われていますが

その麻酔を痛く感じさせない事が

出来るのならば、患者さんは

それだけでも、たいへんなメリットを

感じると言えます。

 

 

 

 

もちろん、このような優位性ではなく

 

歯周病学会認定医

インプラント学会認定医

顎咬合学会認定医

などの肩書きがあり

よりアカデミックな治療が出来れば

それは当然優位性になりますが

 

 

上記に書いたように

その様な肩書きが無くても

歯科医院のウリや優位性は

自分で作れます。

 

 

 

ですので、固定概念にとらわれず

 

自分のウリに出来ることや優位性って

何かな?

 

と考えてみてください。

 

 

考え中

 

ただ!

一つ重要な事があります。

それは欲張らないことです

 

 

あれも、これも、それもと

思いつく限りに優位性を書く

患者さんには何も伝わらず

結局、他の数多くある普通の歯科医院の

一つと思われてしまいます。

 

 

例えば、食事をしようと入ったお店で

メニューにオススメのものには、

オススメマークが付けられています。

 

 

しかし、そのオススメのメニューが

20個も30個も付けられていたら

どうでしょう?

 

 

どれが、本当に美味しいの?

 

オススメしたいのは何?

 

なんだか、あれもこれもと躍起に

なってとりあえずオススメ!って

してるんじゃない?

 

という風に感じてしまいますよね。

 

 

それよりも、前菜系、メイン、サイド、

シメの中から各一品ずつにオススメと

あった方が、このお店は、これが

自慢なんだな!と思って

食べてみたい気持ちになりますよね。

 

20個も30個もオススメマークを

付けているお店も、実はその中に

本当に自信を持ってオススメしたい

メニューがあるかもしれないのに

他のオススメに埋もれて

結局、オススメマークの意味が

無くなってしまっています。

 

 

これでは、本末転倒ですよね。

 

 

これと同じように、歯科医院でも

思いつく限りのことを書いては

それらに埋もれて

本当に強みになるものが

見つけられません。

 

 

こうならない為にも

本当にウリに出来るもの

優位性があると感じられるものを

 

 

 

 

まずは1~2個だけに

絞ってみてください。

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事