歯科医師に向いてない。歯科医の適性がないのでは?

『私には歯科医師という仕事が向いていないのかも・・・。

仕事がつまらない。辛い。』

 

と思っている人が、たまにいます。

 

 

自分は、歯科医には向いていない?辞める?辞めない?

 

確かに、歯科医師に限らず、どんな職業もすべての人にピッタリという事は無いと思いますので、自分にはこの職業が合っていないと思う人がいても、仕方のないことかなと感じます。

 

 

 

それでは、もし歯医者が向いてないなら他の職業を探す。

こういう選択肢も出てきますよね。

 

 

それも良いと思います。

 

 

実際、私の歯医者の知り合いでも、歯医者を完全に辞めている人が何人かいます。

この時点で、すでに歯医者と言わないかもしれないですが。

 

歯科のライセンスがあるという感じですね。

 

 

 

でも、この「合わないから歯科医師を辞める」という選択肢って結構難しいですよね。

 

とても勇気のいることだと思います。

 

 

 

だから、実際には、合わない向いてないと思っていても歯医者を続ける人が多いと思います。

 

 

 

ただ嫌々仕事を30年も40年もやるのって辛くないですか?

クレーム1

 

 

仕事で面白いことを探しましょう

これも歯科医師という職に限らずのことですが、日本人は勤勉なので、一日の仕事をしている時間の割合がとても多いですよね。

 

 

家族と過ごす時間より、職場のスタッフと過ごす時間の方が圧倒的に長いと言うのが実情です。

 

 

 

 

歯科医であれば、診療時間が10時から20時として、10時間。

 

これに、準備の時間や残業もあるので、さらに長くなります。

 

 

と考えると、ほぼ半日。

 

 

 

この、半日を週5日、30年あるいは40年も、

『本当は、こんな仕事したくないなぁ。自分には合ってないなぁ・・・』

と思いながら働く。。。

 

 

 

考えるだけで、憂鬱な気分になってしまいますね。

 

 

 

 

では、もしこんな風に思っていて、毎日鬱々とした気分で仕事をしているなら一つ、試して下さい。

 

 

 

 

それは、

 

 

歯科医という職業が自分に向いてないと思ったら

歯科の中で面白いことを探してください。

 

 

 

向いてないと思っていることの中で、面白いと思えることを探すのは、なかなか難しいことかもしれません。

 

 

 

しかし、

『つまらないな~、やりたくないな~。』

 

 

と思っていると、ドンドン辛くなります。

 

そして、今までそこまで、辛いと感じなかったことまでが、嫌になり辛く感じてしまうことになってしまいます。

 

 

 

 

ですので、まずは少しでも良いので楽しいと思う事を、探しましょう。

 

そして、その楽しいと思うことを、勉強してみて下さい。

5-18

 

 

 

向いていない仕事から、面白い仕事へ

 

勉強することは、例えば 

 

 

治療でも

 

コミュニケーションでも

 

マネージメントでも

 

マーケティングでも

 

 

 

何でも構いません。

 

 

 

 

何か勉強してトライするとそのうち結果が出て楽しくなってくると思います。

 

 

 

始めのうちは、やはり合っていないかなぁと感じながらの勉強になるかもしれません。

しかし、一つ知識を蓄えるごとに、さらにさらにと、いろんなことに興味を持てるようになるでしょう。

 

 

そうなれば、しめたものです。

 

 

気づけば、向いていないと感じていた歯科医という仕事が、向いていると思える仕事になっているはずです。

 

 

 

ただ、「歯科医という職業が、大好き!!」

となるとまでとは、言いません。

 

勿論、そうなれれば最高ですね。

 

 

 

 

歯科医に限らず、どんな仕事にしても、本当に、好きで好きで、自分に合っていて、向いている仕事に就けている人は一体どれほどいるのでしょうか?

 

 

正直なところ、少数なのではないかと思います。

 

 

 

大多数の人は、辛いなぁと感じるほどではなくても、自分にぴったり合っている!と思えない仕事をしていると思います。

 

 

 

 

しかし、その中でもやり甲斐を見つけ、向上心を持って、勉強していくことで、周りから認められる存在になり、それが、仕事への自信に繋がる。

 

そして、その自信がさらに上を目指そうという気持ちさせる。

 

 

 

そうなると、きっと最初の好き嫌い、向き不向きなんて関係なくなっています。

 

 

パーフェクトに、なんでも出来るのは理想ですが、まずは一つだけ、自分の面白いと思ったことから始めて下さい。

 

一つでも強みを持てるようになると、今の気持ちとは少し違う見方が出来ると思います。

 

 

 

 

これから、30年、40年と、

「歯科医は、合わない向いていない」

と思いながら、毎日仕事をするのか、

 

 

「自分には、合っているのか向いている仕事なのかは分からないけど、面白い」

と思いながら、仕事をするのか。

 

 

 

二つの差は歴然ですよね。

 

合っている仕事が天職ならば、天職とまで思う必要はありません。

 

 

でも、どちらの気持ち、心持ちにして、毎日のうち半分は仕事しなければいけないのなら、間違いなく後者の方が、楽しいですよね。

5-17

 

 

 

でも、

決して一般的な歯科医師像に自分を無理に、

すべて当てはめる必要はないです。

 

 

 

もちろん最低限しっかりとした治療が出来るのは大切ですが

 

その先は自分なりの歯科医師を表現していくと良いと思います。

 

 

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事