歯科のスタッフなのどの人件費率(給料比率)

仕事をする上で必ずかかってくる

費用はなんでしょうか?

 

材料費?光熱費?

 

 

いろいろとありますが

何よりも『人件費』です。

 

ひとりで仕事をするでもしない限り

人件費は必ずかかってきます。

 

そして、あらゆる経営コストの中で

基本的には

 

人件費のウェートが重くなっている

と言うケースが

 

歯科に限らず、ほとんどの業種で

当てはまります。

 

歯科医院の人件費は、いくら?

歯医者では歯科医院の人件費率

ってどれくらいなのでしょうか?

 

平均的な人件費率は

20~25%です。

 

 

この人件費率ですが

これは個人事業主としての

人件費率なので、もちろん院長の

給料は含まれていません。

 

衛生士・受付・助手の人件費での

計算です。

 

では平均を取って

ちょっと計算してみましょう。

一般的な歯科医院の売り上げが

300万として

300×0.225=67.5万円

です。

 

 

300万円の売り上げがあっても

人件費だけで67.5万円もかかる

のです。

 

かと言って、スタッフなくして

医院は回りませんよね。

 

もちろん、

人件費を抑えた方が利益は

上がります。

 

 

これは、歯科医院に限らず

言える事ですよね。

 

なので世の企業は

リストラをしたりします。

 

以前、外資の金融系に勤めている

友人にびっくりする話を

聞きました。

 

「このあいだ昼食に行って帰って

 来たら直属の上司が突然クビを

 勧告されて、お昼の間に荷物を

 まとめて帰っていた。」

 

と言うのです。

 

お昼休みに言われて、お昼中に・・・

 

上司というのですから

それなりのキャリアも

あったはずです。

 

それに、家族や生活は。。。

 

すべての外資系がそうではないの

でしょうが、これを聞いて

 

「おー外資系、やることが冷酷だね。

 恐ろしい・・・。」

 

と思いました。

 

もちろん、

 

 

通常の雇用体系ではそんな事は法的に

出来ませんし

やってはいけないと思います。

 

 

しかし、そうは言っても

実際には世の中の企業は

シビアにリストラ敢行

していたりします。

 

では、これに倣って歯科医院でも

リストラ敢行!

 

と言うわけにはいきません。

 

 

歯科医院で利益を上げるには

 

もし、歯科医院で人件費を減らす

ために、

 

スタッフの数を減らしてしまうと

どんな事が起こるでしょうか?

 

 

スタッフ一人ひとりの仕事の量の

負担が増えてしまいます。

 

そして、辞めずに残っている人が

しんどくなって

結果辞めてしまう・・・

 

もちろん、スタッフが減って

しまうと、その分

 

治療やサービスの質が低下します。

 

 

なんだか悪循環ですね。

 

利益を上げるために行ったはずの

人員削減が、

売り上げ自体を下げる事になります。

 

 

これでは、本末転倒ですよね。

 

 

では、利益率を上げるためには

どうしたら良いのか?

 

人件費以外の経費の削減も

できる事ならしたいところです。

 

 

しかし、そこまで無駄もしていない

場合、これらを削減する事は

難しいですよね。

 

 

となると、やはり大きなウェート

を占める人権費となってしまいがち

ですが

 

人件費削減ばかり考えるよりも

 

売り上げ自体を上げてしまえば

いいのです。

 

冒頭で出てきた300万円の

売り上げなら

67.5万円の人件費というお話を

 

 

例えば、500万円の売り上げに

すると、どうでしょう?

 

 

500×0.225=112.5万円

 

 

112.5万円と聞くと

そんなに!!

 

と思われるかもしれませんが、

その分売り上げが

500万円あるので、利益は

 

 

500−112.5=387.5万円

 

300万円の売り上げの場合は

 

300—67.5=232.5万円

 

 

どちらも、ここから他の経費が必要

になるので

これが全て利益になるわけでは

ありません。

 

しかし、当然のことながら

500万円売り上げがあった方が

利益も大きくなります。

 

 

と言って、売り上げを

300万円から500万円に

上げることは、

そう簡単ではありませんよね。

 

 

ここでは、分かりやすいように

少し大きな金額にしましたが

ここまで上がらなくても大丈夫です。

 

 

人員削減よりも求められる医院へ

 

大切なことは、院長が頭をつかって

 

患者さんに喜ばれるクリニックを

作って、患者さんであふれる歯科医院

にすること。

 

そうすることによって

すぐにではなくても、

 

副産物のように売り上げも自ずと

上がる結果になります。

 

 

患者さんに喜ばれる医院を作るために

スタッフはとても重要な存在です。

 

良いスタッフなくして

良い医院にはなりません。

 

そして、スタッフが良いと思える環境

で仕事できていないと

 

その空気は医院の空気に

繋がってしまいます。

 

良い環境と言うのは

給与が良いだけではありません。

 

 

いくら給与が良くても

人間関係が殺伐としていたり

 

仕事へのモチベーションが

みんなバラバラだったりすると

 

なかなか良い環境とは言えませんよね。

 

 

まず院長は、患者さんのことを

考える事と、医院で働くスタッフのこと

を考えてみて下さい。

 

そうすると、スタッフも患者さんの事を

考えるようになります。

 

 

しっかり患者さんのことを考えてくれる

院長とスタッフのいる歯科医院。

 

患者さんからすると

とても信頼できますよね。

 

そんな歯科医院があれば

きっと患者さんは集まってきます。

 

 

人件費削減を考えて大

切なスタッフを切ることよりも

 

優秀で素敵なスタッフを育てて

スタッフからも、患者さんからも

愛される医院を作っていけると

いいですね。

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事