歯科医院の駅看板の規制やルール

前回の

『歯科医院が駅看板を出した方が

 良いか』

 

http://haisyakaigyo.com/?p=756

に続き、駅看板についてお話します。

 

 

これには前々回にお話しした

『歯科の初診増加方法』

http://haisyakaigyo.com/?p=754)で

 

いくつか提案した外部対策の一つとして

「駅看板」がありますが、

地域によりけりですが駅看板には

メリットとデメリットがありましたね。

 

 

 

そして、そのデメリットのうち

一番大きなものはコスト面でした。

 

しかし、費用対効果を考慮した上で

駅看板を出すのであれば

多くの人に認知される広告となるため

宣伝としては有効なツールです。

 

 

 

  • ・・とは言っても、その肝心の
  • 費用対効果が、そもそも測量できない
  • という難点がありましたね。

 

 

なので

あとは自分の医院の地域性など

を考えた上で決める必要があります。

 

これらも考慮し検討した結果

「駅看板を出す!」

という結論に至ったら、

次のステップです。

 

 

 

どう言った駅看板を出せば良いのか?

 

を知る必要がありますよね。

 

まず、駅看板を出す際に重要なのは

 

目立つという事です。

 

 

 

駅にもよるかもしれませんが、

控えめな看板は全くと言っていい程

 

目につきません。

 

 

 

いくら地域によって価格差が

あるとしても、広告宣伝費として

決して安いものではない

駅看板のコスト。

 

 

それが、せっかくコストをかけて

 

「全くと言っていい程、

 目にとまらない」

 

なんて、辛すぎますよね。

 

 

看板が目につかないなら、

人に認知されることもありません。

 

そんな看板なら、いっその事

出さない方が良いです。

 

 

 

そんなことにならない為にも、看板は

 

しっかり目立つようにしてください。

 

 

ただ!これも簡単に目立つようにする

のは難しいのです。

 

実は 

駅看板は規制が強いので

勝手に好きなデザインや内容に

出来ません。

 

 

必ず審査が入って、原案は

 

はじかれたり

修正させられたりします。

 

 

そして、その規制は

昔よりもドンドンその傾向が

強くなっています。

 

 

なので、結局のところ審査に通るように

すると、かなり無難な看板になって

しまいます。

 

 

 

しかも路線やその駅の特性によっても

 

規制や審査の基準が違います。

 

 

勝手な想像ですが

 

新宿と京都とでは

 

看板の規制レベルがかなり違うと

思います。

 

 

 

京都は、駅看板に関わらず

路面店の店舗の看板でさえ、

大きさ、色調など、とても細かに

決まっており、京都らしさ

景観を損ねないようにされています。

 

 

 

たぶん地方はそれほど

厳しくないかもしれませんが

 

医療法の規制もありますので

 

そのあたりも、しっかり守って

作る必要があります。

 

 

なので

目立つ看板を作らなければならない

けれど、そこに、かなりの制約がある

と言うことです。

 

 

 

とは言え

自分が駅看板を出したいと

考える駅にも目を惹く看板は

あると思います。

 

 

その看板は規制範囲内で人の目を

惹くことが出来ていると言うこと

ですよね。

 

なので、

 

駅看板を出そうと思ったら

 

出かけた際は必ず医療系で目に留まった

 

クリニックの看板を携帯で写真を撮って

参考にすると良いと思います。

 

 

駅看板を出す際には看板を出す費用が

毎月発生しますが、それとは別に

看板自体の制作料も何十万と

かかります。

 

 

その為、自分でもきちんと

「目立つ看板」の案を事前に

考えておく事が重要です。

 

 

そうしないと制作料+広告料で

 

何十万から何百万単位のお金を

ロスしてしまう可能性があります。

 

 

 

そして、もう一つ!!

 

 

駅看板は物凄く人気の駅でなければ

 

間違いなく値切れますので

ぜひ値段交渉してください。

 

 

と言うか定価があってないような世界

なので交渉する事は大切です。

 

 

一度、駅看板を出すと一ヶ月間

とかではなく継続して出すことに

なるので、最初に値切ることで

この広告宣伝費を抑えること

出来ます。

 

 

値切るのが苦手だとか、恥ずかしいと

言う人もいますが、値切る時の

恥ずかしさは交渉時の1度きりです。

 

しかし、支払いは毎月です。

 

 

 

それに、相手側もずっと値切ってきた

相手を覚えているわけではありません。

 

 

と言うか、きっとほとんどの駅看板を

出しているお客さんに値切り交渉

されていると思いますので

相手も値切りありきでの

定価設定だと思ってください。

 

 

 

もし、ご自身のクリニックの駅で

 

空の看板がいくつかあれば

より値切れる可能性があります。

 

 

少しでも目立つように看板を製作し

人の目を引きつけましょう。

 

 

そして、少しでもコストを抑えて

集患しましょう。

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事