歯科医院の地域の患者さんの店に行こう

 

もし、あなたの開業場所が

 

都心や繁華街などではなく

 

地元密着型の地域であれば

 

地域の商店の人と仲良くなりましょう。

 

 

例えば

 

髪を切りに行くのも地元の床屋や美容院

 

焼き肉を食べに行くのも地元の焼肉屋

 

雑誌を買うのも地元の本屋で定期購読

を申し込んだり

 

と言う感じで

地元のお店をフル活用するのです。

 

 

これに何の意味があるの?

 

 

と思うかもしれませんが

地域に根付いた歯科医院を経営して

いきたいと少しでも思うのであれば

この方法は意味が大アリです。

 

 

と言うのも、

 

 

お店をやってる人は

 

お店に来てくれる人に好感を持ちます。

 

自分を贔屓にしてくれていると思うと

誰でも嬉しいですよね。

 

さらに、他にも選択肢がある中で

自分のお店に来てもらえると

それだけ、自分は信頼されているんだ

思うのです。

 

 

人に信頼されたり、頼りにされることは

お店をしている人にとっては

とても嬉しいことです。

 

 

歯科医も開業すれば、自営業なので

気持ちとしては同じです。

 

 

またお店をやっている人

 

地元の人とのつながりや

影響力があります。

 

 

飲食店や、美容院、小売業に至るまで

地域でやっていけていると言うことは

その人たちに、人脈があるからです。

 

 

そして、こういった地域密着型が

根付いている地域では

人との繋がりが強いので

信頼している人からの

情報は素直に聞き入れてくれます。

 

 

例えば、地元の人が行きつけの

地元の飲食店に行き、そこで店主に

 

「最近、歯がしみるんだ」

 

と言った場合、この店主との関係性を

築いておけば、店主は間違いなく

 

「それなら、僕が良い歯医者を

 知っていますよ」

 

と、医院のことをお勧めしてくれます。

 

また、ただ「良い医院」と言う抽象的な

内容ではなく

 

「そこの院長先生は

 人柄が良くて・・・」

 

「すごく穏やかな人だから、

 治療も丁寧・・・」

 

などと人柄も加え、具体的に

お勧めしてくれるかもしれません。

 

 

一見、そんな情報いる?

 

と思うかもしれませんが

患者さんにとって、身近な人が信頼

していると言う情報は

かなり大事です。

 

この人が、そう言うんだったら

大丈夫だろう!

と思えるからです。

 

ただ、新しくて綺麗な医院では

不安です。

 

 

また、インターネット上の見ず知らずの

人の口コミが、どれだけ高評価である

よりも、身近な人の実際の口コミが

一番信用できて安心できます。

 

 

逆の立場を考えると、患者さんに

地元商店の人が来院されると嬉しい

ですよね。

 

 

 

そして、もし別の患者さんに

 

「この辺りで、

 オススメのお店ありますか?」

 

と尋ねられることがあれば

きっと患者さんとして来てくれている人

お店を紹介しますよね。

 

 

このようにして構築した関係性は

中途半端な宣伝広告に労力をかけるより

も、とても効果があります。

 

 

勿論、宣伝のためだけと言うわけでは

ありませんが、 そう言った人たちと

 

関係性を築いていくことも、

開業医として大切な事です。

 

これは、地方になればなるほど大切だと

思います。

 

 

 

地方の場合は、地元を重んじます。

 

なので、最初は「新参者」と思われて

いる気がして、なかなか自分から積極的

になるのは気がひけるかもしれませんが

 

新参者だからこそ、自分から、

地域の人に馴染めるようにする必要が

あるのです。

 

 

地元を大事にしている人たちは

最初は難しく感じても、一度、心を

開いてくれると、都心での地域性とは

全く異なった感覚で「同じ地域の人」

に加えてくれるはずです。

 

 

 

しかし、だからと言って

仲間にしてもらうために

 

おべっかを使うとか

そういう必要はありません。

 

 

せっかく地域密着で仕事をしている

のであれば自分も地域でお金を使って

 

より良い関係性で地域の活性化を

していくのが大切です。

 

 

地域の商店の人たちも、どんな職種で

あれ、地域が好きであれば目的は同じ

「町の活性」です。

 

 

同じ目的を持つ仲間として

良い関係を築く。

 

それが結果

歯科医院を経営していく上でも

良い方向へ向かわせてくれるのです。

 

 

 

私も含めてですが

 

昭和の時代よりも人間関係が社会全般的

希薄化しています。

 

 

だからそこ

 

顔と顔を突き合わせて

 

しっかり話す機会がある人間関係

すごく重要になってきます。

 

希薄化している現状が私生活では

楽に感じられることもあるかも

しれません。

 

 

しかし、その希薄化のために

話をきちんとすることもなく

中断患者さんになってしまう人がいたり

無断キャンセルする人がいたりするのだ

思います。

 

 

人づき合いが苦手な人もいると

思います。

 

そんな人に、地域の人のお店に

しょっちゅう出向いて、気の利いた

おしゃべりをして、馴染むべきだ!

とは、私も思いません。

 

 

ただ、人づき合いが苦手だから・・・と

諦めないで下さい。

 

 

確かに、おしゃべりが上手くて社交的な

の方が、すんなり馴染めるかも

しれません。

 

しかし、前にも述べましたが

同じ地域で経営者としてやっていく者

同士、地域の活性化を考えて行動する

だけで良いのです。

 

 

社交的に喋れなくても、お店をよく

利用してくれたら店主の方は嬉しいです。

 

 

無口なお店の人が、定期検診もきちんと

通院してくれたら嬉しいですよね。

 

 

おしゃべりは上手だけど

無断キャンセルばかりするお店の人や

中断患者になってしまう人の方が

上っ面だけで、余計に信用できません。

 

 

それと同じです。

 

 

まずは、自分から地域の患者さんのお店

をどんどん利用してみましょう。

 

 

 

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事