自費率が50%を超えている先生とは、どんな人?

前々回

『ジルコニアなどの自費治療は

 高いから説明しづらい』

 

http://haisyakaigyo.com/?p=952

 

 

 

前回

『インプラント治療を受ける

 患者さん層とは』

 

http://haisyakaigyo.com/?p=954

 

 

 

の続きとなりますが

今回も、患者さんに自費を

勧めづらいと感じているドクターへ

心理のお話です。

 

 

自費を勧めづらいと思う理由には

前回までにお話してきたように

 

「この人は、自費をするお金は

 なさそうだな」

 

と先入観によって判断してしまい

 

どうせコンサルしても

断られるだろうし

嫌だと感じてしまうことについて

お伝えしました。

 

 

 

しかし、自費を勧めづらいと感じる

理由は、それだけではありません。

 

 

こういった先生もいます。

 

『自費治療の経験がなく

 自信が無いから話らい。』

 

 

たしかに、分かります。

 

 

 

そんなに経験が無いうちは

自信が無いのは当然です。

 

 

 

しっかり経験を積んで

出来る様になったら自信が出て来て

しっかり説明できますよね。

 

それが理想です。

 

 

しかし、ここで一つ問題!

 

 

自信を持って、自費を勧められる

だけの、経験。

 

では、

 

『どうやって経験を積むんですか?』

 

 

 

自信が無いから

患者さんに説明しづらくて

自費が増えない

 

 

この流れの中で、

どうやって自費の経験を積むの

でしょうか。

 

 

患者さんから自費の希望があった時

だけ、するのでしょうか。

 

 

自信が無い治療だけど

相手が言って来た時だけはOK

なのでしょうか?

 

 

それは違いますよね。

 

患者さんから言ってきたからと

言って失敗して良いわけでは

決してありません。

 

 

でも、経験が少ないから

自信がないのは変わりません。

 

 

そもそも、こんな逃げ腰なドクターに

自費治療を頼みたいと患者さんが

思うでしょうか?

 

患者さんは、自分の大事な歯を

高いお金を出して治療するのです。

 

 

経験はなかったとしても

しっかりと自信を持って

自費を勧めてくれるドクターと

 

 

こちらから、言ったらしてくれるけど

自分から、自費を勧める自信はない

と言うドクターがいたら

 

絶対に前者に治療してもらいたいと

思います。

 

 

自信がないを言い訳にされるよりも

 

経験はなくとも、その分全力で

頑張る!

 

と意気込んでくれている人の方が

信頼できますよね。

 

 

 

 

 

経験は大切です。

経験を通して自信がつきます。

 

 

しかしながら、

経験が無くても自信を持って

話す必要があります。

 

 

でないと

自費は増えないからです。

 

自費が増えない

経験が増えない

自信が持てない

 

の負のスパイラルを抜け出して

 

 

自信を持っているように説明する

 ↓

自費が増える

経験が増える

自信が持てる

 

 

の良い流れに変えていきましょう。

 

 

 

経験値が少ないから自信を持てず

勧めづらい気持ちは

 

よく分かりますよね。

 

 

では、

歯周病の原因などは

どうでしょうか?

 

 

若い先生でも

自信をもって患者さんに

お話していますよね。

 

 

しかし、歯周病治療だって

いろんな症例があり

どんな症例でも、経験済み!

なんて人はいません。

 

 

自費が経験を積まないと

自信を持って話せないなら

 

 

虫歯や歯周病の説明も

経験値が少ない若いドクターは

自信を持って話せないのでは?

 

と思ってしまいます。

 

 

でも、これ

 

実は自信が無いかどうかもありますが

 

自費を勧めづらいと思う心理には

もう一つ原因があるのです。

 

 

それは、

経験値だけの問題ではありません。

 

 

それ以上に

 

自費治療のような高い費用を

患者さんから、もらうから

 

その責任を取るのが心配で

勧めることに億劫に感じて

しまっているのです。

 

 

「歯周病治療は、こうです!」

 

と自信を持って患者さんに

言っているなら

 

 

同じぐらいに

 

「パラよりゴールドの方が、 

 カリエスになりにくいです!」

 

と自信を持って

患者さんにお伝えしてください。

 

 

自分が、自信がないからと

患者さんに最善だと思える選択肢を

提供しないのは、問題です。

 

 

説明を聞いた上で、患者さんが

自費をするかしないかの判断をして

 

結果、保険を選ばれたとしても

それは、それで良いと思います。

 

 

しかし、もともと自費が良いと言う

ことを知らされてもいなかったら…

 

自費に興味がある

 

健康にはお金をかける

 

と言う患者さんだった場合

それは、とても可哀想なことを

してしまっていることになります。

 

 

 

もちろん、自費の知識はあるけれど

実際に、その治療を行なったことが

なかったり

 

経験値が少ないが故に

 

不安だ

 

もし、良い補綴を入れられなかったら

どうしよう?

 

クレームが出たら?

 

 

と怖気付いているのなら

 

その治療が出来ないならば

 

説明は、自分がして

治療を

院長に代われば良いだけです。

 

 

院長にコンサルされて、

治療を若手にされるとなると

嫌がる患者さんもいるかも

しれませんが

 

 

若手がコンサルして、

院長に治療されることを嫌がる人は

少ないでしょう。

 

 

 

なので、責任が取れないから・・・

 

などと言う理由で、怖気付くのは

やめましょう。

 

 

大事なのは患者さんに

自信を持って伝える事だけは

して下さい。

 

 

自費の話だけでないですが

経験を積んで自信を持つのは

誰でも自然発生的にできます。

 

 

そうではなく、

 

今はまだ、なんの結果がなくても

自信を持つことが大切です。

 

 

『私はこうなる!』

と自分を信じる事です。

 

 

ちなみにですが

 

『こうなりたい。』

と言う希望ではなく

 

『こうなる!』

と断定してくださいね。

 

 

 

有名なスポーツ選手などは

まだ全く無名の時から

 

『世界一のチームで活躍する』とか

『オリンピックで金メダルを獲る』

とか

 

自分だけは、自分のことを

信じているんです。

 

 

そして、自分を信じて断言することで

その大きな夢や目標をも

現実にします。

 

 

 

出来ないと自分で思っているうちは

何でも出来ません。

 

 

出来ない自分を信じてしまって

いるからです。

 

そうならないために

 

まず自分自身に自信を持って

くださいね。

 

大抵の事はフォーカスすれば

出来ますよ!

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事