将来の初診患者数や自費の減少が少し心配な先生へ 地域で1医院の限定! 口コミで患者さんが溢れる地域No.1ブランド化システム

将来の医院経営の不安は本当に0ですか?

多くの先生と話すと、こんな悩みを持っていたりします。

  • 隣に歯科医院が出来て患者さん数が減った…
  • 歯に対する意識が低い患者さんが多いから自費にならない
  • 近くに分院展開している医療法人の歯科が出来ないか心配
  • マーケティングとかやりたくないし、治療に集中したいんだけど
  • 差別化が大切というけど、専門医の免許無いからどうしたら良いのだろう?
  • 患者さんに、いろいろ説明しても中断が多くて困る
  • まったくメンテナンスが増えないのは信頼されてないのかな
  • このまま行くと、数年後には医院経営が破綻してしまうかも

でもその悩みを解消が出来るかも知れません。

歯科医師なら誰でも知っている様に、歯科医師も歯科医院も増え続けて
1つの駅の周りに何件もの歯科医院があります。
30メートル歩けば、別の歯科医院があるなんでザラです。
当然、初診の数は減っていきます。
簡単な数の問題であり、それを止めようはありません。

それを裏付ける様に、歯科医院の売り上げは平成8年をピークに右肩下がり。
すでにピークより13%の売り上げ減です。

当然、売り上げが13%ダウンということは、
固定費や人件費が変わらなければ、利益はそれ以上の割合で下がるので
20%、25%ダウンとなっています。

近くに新しい歯科医院が出来ても、
患者さんが減らずに増え続ける方法とは?

効果のコメント
~その1~

  • 治療の説明だけでは差別化出来ないと思った。

  • 患者さんから『痛くないけど、悪いところは治療したい。』と言われる様になった。

  • スタッフ教育にもなった!

  • 自分で資料をつくるには限界があったので助かった!

歯科界の今後の問題とは

問題はそれだけではありません。

  1. 1. 人口のピークは越えて、人口減が始まっている。
    2025年にはピークの12%減!
  2. 2. 歯科医師の増加で2030年には1.2倍!
  3. 3. 歯科医院数は、2030年には1.15倍!
  4. 4. 日本や世界も混沌としていて今後はさらに厳しくなる。

などなど、さまざまな問題を抱えています。

当然、開業はタダでは出来ないので、
5000万の投資をしてその返済をしないといけない状態。
ほとんどの歯科医院が、その過酷な状況に巻き込まれます。

すでにその状況は始まっており、
私が知っている歯科医院でも現実になっています。
3年前は代診の先生も雇って一日65人位の患者さんが来ていたのが
今では25人の状況です。


当然、設備投資もユニットも余っている状態です。
そうなった理由の1つは、3年の間に同じ駅に歯科が2件増えたから。
これと同じことは、日本全国どこでも起こる可能性があります。

可能性があるどころではなく、
歯科医師数が1.2倍になるというデータがるのですから
必ず起こると思った方が良いです。


人口が15%減で、歯科医院数が15%増と言う事は単純計算しても
85÷115×100=74%
つまり2030年には1医院当たりの患者さん数が
74%になると言う事です。

私は歯科医師向けに、
歯科医『開業成功バイブル』と言う無料メルマガや
毎月2~3回、セミナーや塾をやっています。
それを受講してくれている先生に、時々聞いている質問があります。
『同じ地域に歯科医院が2件・3件と増えた時に
どうやって今の水準を維持しますか?』
『今の水準を保てる確固たる自信はありますか?』


地域で10件の歯科があったとして、
その他の歯科医院よりも圧倒的に患者さんが良いと思ってくれる
何かがあるのでしょうか?

  • 根治が得意です。
  • 私は義歯が勉強をしてきました。
  • 歯周病は他の先生よりも出来ると思います。

などのお答えがあります。

でも、それを患者さんがちゃんと分かっていますか?
患者さんに本当に信頼されているでしょうか。
普通の歯科医院の1つだと見られてないでしょうか。

もっと突っ込んでいうと、
『〇〇歯科は、根の治療が得意なんだって。』
って患者さんが口コミで言ってそうですか?

もしその答えが『NO』なら
地域の患者さんが感じる優位性は無いでしょう。
その先は、患者さん離れが起こるかもしれません。

数あるなかの1つの歯科医院か
指名をされる歯科医院の分岐点があります

ここでビジネスの原則を一つをお伝えします。
競争が激しい業界で勝つためには、差別化や独自の売りが重要。
ビジネス用語でUSP(ユニーク・セリング・プロジションン)と言います。
しかしながら、USPなんて言葉は覚えなくてもよいです。

このような言葉や概念を覚えるよりも他の病院と違う独自の売りを
現実的に見つけることの方が100倍重要だからです。
分かりやすく言えば、地域でのあなたの歯科医院の
ブランドコンセプトを探すことです。


しかしそのコンセプトを考えるのは至難の業です。
私自身、27歳から歯科治療の勉強と平行して
経営・マーケティング・マネージメントなどさまざまな勉強をして来ました。
すでに10年程度で1500~2000万円勉強費に投資しています。
時間にすれば数万時間勉強しています。
それ位勉強して、やっとブランディング化の本質が理解出来るのでかなり大変です。

しかも問題はそれだけではありません。
ブランディング化する際に戦略を考える以外にも
問題があるのです。

例えばこんな事です。
『患者さんにいろいろ伝えたいけど、治療が忙しくて。』
『患者さんに知って欲しいことはあるのだけど、上手く伝えられない。』
この様な時間がないと上手く伝えられない。という問題です。

実際に歯科経営を考えると毎日何十人もの患者さんの治療をすることが必要です。
その忙しい中でもさらに治療の質を上げようとすると、
ますます治療時間が延びてしまいます
そうなると本当は患者さんにいろいろ伝えたいのに、
患者さんと話す時間が減ってしまうというジレンマに
陥る結果となってしまいます。

一方で患者さん目線で考えると、

  • どうしてこんなに治療が長いのだろう?
  • どうしてそんなにメンテナスに通わないといけないのだろう?
  • 痛くなったらまた治療を受ければ良いのでは?

との思いをもたれる患者さんも少なくはありません。
このギャップが、いち歯科医師として私は残念でしかありません。

真剣に治療の質を上げようと、休みの日にお金も時間も投資して
セミナーに行って勉強している先生にこそ
上手く行って欲しいのに患者さんとの精神的なギャップがあったりします。
先ほどお話したように、歯科医師はまだまだ増加の一途ですし、歯科医院の数も今より増えます。
人口もすでにピークアウトの状況なので当然この先には、
歯科医院一件当たりの初診数も売り上げも減っていきます。

患者さんが溢れる歯科医院になる
3つのポイント!

ただそんな中でも影響を受けない歯科医院もあります。
実は地域で選ばれる歯科医院になるには3つのポイントがあるのです。

  1. 1. 高い治療の質を提供する歯科医院
  2. 2. 安心感を与えられる患者さん対応が出来る歯科医院
  3. 3. 歯の情報を分かりやすく伝えて価値観を変える歯科医院

これが揃うことで、地域で信頼される歯科医院になれます。

ただ(1)(2)は出来ても、
情報提供で患者さんの歯の価値感を変えるのが苦手な先生がいらっしゃいます。
なぜなら、自分1人で患者さん説明の資料をつくろうとすると
労力も費用もクオリティの3つの点の壁があり非常に困難だからです。
その為に、患者さんに何かを伝える物を作りたいけど
諦めてしまう先生がいるのをたくさん見てきました。

しかし、それでは患者さんの歯に対する価値観が変化しないので

  • 中断率の増加
  • 低い自費率
  • 再初診率の低下
  • リコール減少
  • 初診数が右肩下がり

などの現象が起こり、経営的に悪化していきます。

分院展開している法人歯科が近くに開業しても
大丈夫な個人歯科医院のブランド戦略

質の高い治療を提供するための時間を維持しつつ、
患者さんに他院との違いを理解してもらう
道はどこかに無いのだろうかとずっと考えていました。

しかも一般的な歯科医院が出来るブランディングは無いかと
ずっと模索してたのです。
数ヶ月ではなく、4年や5年と言う単位でです。
そこで行き着いた答えがあります。
それは『歯の寿命をのばす歯科医院』と言う事を
ブランド化するってことです。


なぜなら、私たち歯科医師でいろいろ得意な治療は違っても
すべては歯の寿命をのばす為にやっています。

マイクロでの根管治療も
精度の高い補綴も
歯周外科も
インプラントも
当然そういった高度な治療でなくても、
すべての歯科医師が歯の寿命をのばす為に患者さんと向き合っています。
それをしっかり伝えることがブランディングになると気づきました。

もしかすると『そんなの当たり前でしょ!』
って思う先生もいるかもしれません。
でもそれは歯科医師目線の思考です。
なぜなら、患者さんは歯の寿命って、
何なのかを考えた事がないからです。


実際に患者さんに歯の寿命について話すと、
99%の患者さんが聞き入って話を聞いてくれます。
『こんな話を初めて聞きました。ありがとうございます!』
と言われたりすることが1度や2度では無いです。
当然、歯を大切にしたいという意識やデンタルIQが高まります。


もちろん意識が変われば、以下のような効果があります。

  • 自費が増えたり
  • メンテナンスが増えたり
  • 中断が減ったり
  • 口コミになったり

効果はすでにテスト済みなので安心

これは思いつきの夢物語ではありません。
夢に賛同して欲しいとか、明るい未来を創ろうとか
フワフワした話でもありません。
実際に私の医院で何度もテストして、何十人もの先生に
トライしてもらって結果が出たものだけをお伝えしています。


そう、これはすでに他の歯科医院でテストして結果が出た方法なのです。
それをどの歯科医院でも使える様にシステム化しています。

このブランディングには特殊な治療を必要としないので、
99%の歯科医院に当てはまるやり方です。

(ただ適当な治療をしている先生の参加はご遠慮しています。)

だから、患者さんによい治療を提供しいる
歯科医院の先生にこそ活用して欲しいと思っています。

口コミで患者さんが溢れる地域No.1ブランド化システムの
具体的な内容ですが、
会員になってくれた人に以下の資料を
パッケージングで差し上げます。

会員特典1 患者さんの歯の価値観を変える小冊子

ちょっと質問です。患者さんは、
『神経を取った歯にどんなリスクがあるか知っているでしょうか?』
『C3処置歯にトラブルが起こったらどうなるか知っているでしょうか?』
『歯周病は治療しても、失った骨は戻らない事を知っているでしょうか?』
残念な事ですが、97%以上の患者さんは知りません。
この小冊子はただの治療説明の小冊子ではありません。

根治の説明をする小冊子でもなく、
クラウンまでのステップ解説する小冊子でもありません。
治療内容の説明を丁寧にしても、
患者さんのデンタルIQも歯の価値観も大して変わりません。
そう言った資料は、歯科治療をしたことがないコンサルタントが
たくさん作ってくれています。
これは『歯を大切にしたい!』という意識を変えることを目的とした小冊子です。
患者さんの歯の価値観を変える事を目的としています。


内容を説明して配ることで、患者さんの歯に対する意識が変わります。
初診の患者さんにポイントを話して配るだけです。

漫画と解説形式になっているので、患者さんもすんなり読めます。
何年とテストを繰り返した結果で、ポイントを抽出した内容となっています。
当然、患者さんの意識が変われば中断やキャンセルの減少。
自費率の増加やメンテナンス増加の効果があります。
小冊子に沿って話をして、渡すだけなので最小限の時間で最大限の効果を生みます。
先生が忙しければスタッフが話してもよいでしょう。
小冊子の流れで話すので、スタッフも簡単に説明出来ます。
そして最大の効果はブランディング化です。
患者さんからすると、
『歯を守ってくれる素晴らしい歯科医院』との評価となります。

それが地域で根付くことで、地域No.1ブランドの歯科医院になります。

一つ良い情報をお伝えします!
もしユニットでその内容を話せば良いと思っている場合は
患者の意識に5%しか響いてないです。
話をただ聞くよりも、患者さんが能動的に読むという行動をする方が
脳に落とし込まれる量が全然ちがいます。
またその小冊子を基に、家族や友達の話題になり話すと更に知識の定着率は上がります。
小冊子を渡しながら口頭で説明して、
その後に患者さんが自分で読むことで知識の定着がまったく違うのです。

会員特典2 患者さんが気になってしまうデンタルIQを高めるA3ポスター

※イラスト等は、著作権と商標登録出願していますのでコピーや模倣しての使用は、
損害賠償請求の対象となりますのでご注意ください。


差別化のためには患者さんが来院した時点で、
『なんかこの歯科医院違うかも。』と思ってもらう事が大切です。

その為には、スタッフサービスだけでなく
歯科としての情報を患者さんに出していくこと大切です。
そして患者さんのデンタルIQを高めるポスターを貼るのがまず大切です。
よくポスターは一切貼りたくない。
キレイな内装でいたいと思っている先生もいます。
確かにそれも1つのブランディングかもしれません。

ただキレイな歯科医院を売りにしていては
隣に新しい歯科医院が出来たら負けてしまいます。
なぜなら早く開業した歯科医院の設備は経年劣化するからです。

そのよう事を医院の差別化にするのは危険です。
しっかり歯科としての本質を捕らえたブランディング戦略が大切です。

会員特典3 滅菌の取り組みの患者さんへのお知らせ資料

現在、医療や企業のモラルが問われています。
インプラントの使い回しなどがニュースに出たこともあります。
患者さんが安心して治療を受けられる環境も1つのブランディングになります。

ただどんなにしっかりやっていても伝えないと、患者さんは分かりません。
そこで滅菌の取り組みを初診の患者さんへ全員配る為の紙を用意しています。


『安心できる歯科医院』と思ってもらえる事は、大切な差別化戦略です。

会員特典4 患者さんの知識向上とつながりをつくる院内新聞のひな形データが何と年4回届きます。

歯の情報は小冊子だけでなく、定期的に出していくことが大切です。
その為にも院内新聞を発行することが重要です。
初診や再初診の患者さんに配る事で、
『ここの歯科医院は、しっかりやっているな。』と思ってもらえます。
なぜなら、何もしてない歯科医院が多いからです。

ただ問題は院内新聞を書く時間がない先生が多いです。
そこで歯の情報をこちらで記載したデータをお送りします。

そのまま印刷して患者さんにお渡しできます。

ただ、出来れば裏に院長やスタッフのプライベート情報を
ちょっと付け加えると歯科医院としてのブランディング化だけでなく
ファン化が起こりやすくなります。
なぜなら、患者さんは先生個人がどういった人なのか興味があるからです。
歯の情報も大切ですが、人と人のつながりをつくる場面もブランディング化には大切です。

院内新聞としてだけで無く、各種治療説明に使えるケースも多々です!

この様な資料をご自身で作るだけでも、1回当たり3~5時間ぐらいかかり、
イラストやデザインまで頼むとそれこそ一枚作るのに何万円もかかってしまいます。

会員特典5 一般社団法人歯の寿命をのばす会のHPで歯科医院名の掲載

会員の歯科医院をしっかり歯の寿命をのばす会のHPで掲載致します。

実際に自分でこれを作ろうとすると。
労力であれば、最低650時間は必要で、
費用は、イラスト・小冊子デザイン・印刷・HP 
すべて含めると500万円程度かかるでしょう。


しかし何よりも問題は、クオリティです。
お金を払えば質が高くなるって事は皆無です。
文章力・構成力・本質を見極める力などが問われるので
10年の練習を積まないと高い質の物を個人で作るのは困難です。

これを会員の先生にお渡し致します。
(具体的な冊子の数などは、下の方に記載しております。)

医院ブランディングの
失敗と成功の分かれ道?

多くの先生が地域での特色や独自の売りを見つけたいと思っています。
そして多くの患者さんに来て欲しいと願っているはずです。
ただ、ここで失敗する戦略と成功する戦略をお伝えします。
それは時間を味方につけているかどうかです。

時間を味方につけてないブランディング化は、新しい歯科医院が出来たり、
大きな医療法人の分院が出来たりするとすぐに効果がなくなったりします。

例えば、

  • キレイなクリニック
  • 無痛治療
  • CTやマイクロなど設備があります
  • 土日や夜も診療
  • 駅から2分とかの立地

この様な独自の売りは、隣に新規開業した医院でも
簡単に打ち出すことが出来るからです。

もちろんこれが悪いわけではありません。
ただブランディング化で最も重要なのは、時間を味方につけた戦略。
それは立地や条件や物ではなく、
あなたの歯科医院にこられた患者さんを育てるって事です。
しっかり歯の価値観を伝えて、
『ここの歯科医院なら歯を長く残してくれる。』
と患者さんに思ってもらう様な取り組みを入れる事です。

それが地域での口コミや評判となり、
後から参入されても負けないブランディング化となります。

あなたが地域でNo.1の歯科医院の地位を保つ事が出来ます。
逆に言えば、他の歯科医院にその地位を先にとられたら
苦戦してたり患者さんが減ってしまうかもしれません。

ブランディング化で大切なことをもう一つお伝えします。
ブランディング化は2つの要素で成り立っています。
独自の売り×認知度=ブランディング化です。
ブランディング化というのは、1日で出来る物では無いです。
認知度を高める事が重要です。
地域であなたの歯科医院の売りを、いかに認知してもらうか。
それが重要になってきます。

独自の売りがあっても、認知度の浸透が無ければ
ブランディングとは言えず、
自分でただ思っているだけに過ぎません。
でも初診にしっかり小冊子を配って、
説明することで後から参入する歯科医院が
勝てないブランディング化が出来ます。

自分で作るのも一つの手ですがロスが心配です

でも、
『自分でも製作してみたいな……。』

『自分でブランディングを考えてみたないな……。』
って思う先生もいると思います。
もちろんそう言ったブランディング化のやり方は、
経営コンサルの人と相談すれば出来ます。

でもいくらかかるか知っていますか?
毎月10~30万です。平均で20万程度。
年ではありません。毎月の支払いです。
年で計算すると240万もかかります。


大きな法人はそれでも良いかも知れませんが、
個人歯科医院には負担が大きすぎます。
そもそもオリジナルで作る目的は何でしょう。
自分でやったという達成感でしょうか。
それとも自分の歯科医院の名前をつけたいからでしょうか。

オリジナルにこだわっているうちに
他の歯科医院に先を行かれてしまったら意味がありません。
オリジナルが出来たときには、他の医院がもう2歩も3歩も進んでいたらどうですか?

そもそも患者さんは、
歯科医院のオリジナルに価値を感じてはいません。
それよりも、良い情報を教えてくれた歯科医院かどうか。
地域にそのような歯科医院がある事に価値を感じます。

すべての歯科医師は治療をオリジナルでやってないでしょう。
オリジナルの治療をしたから患者さんから高く評価されるのでしょうか。
そんな事はないはずです。
あなたがホテル経営者だとしましょう。
オリジナルのホテルだからお客さんは高く評価してくれますか。

星野リゾートやリッツ・カールトンのような多店舗のグループホテルでも
内容が素晴らしければ高く評価がされます。
むしろ、その方がクオリティーが高いケースが多々です。
要は患者さんは、その歯科医院で何でもオリジナルでやって欲しいと思ってません。
それよりもどんな価値を提供してくれるかを重要視しています。

ならオリジナルを製作する莫大な時間と費用をそこにつぎ込むよりも
治療の質の向上や、衛生士やスタッフとの勉強に時間を費やしてる方が加速して
医院の成長は100%早まります。

それを叶えるために出来るだけ費用負担をすくなくして、
経営に不安を抱えている個人歯科医院の先生に提供出来る物は無いかと考えました。
それが独自の売りの戦略×認知度戦略をすべてパッケージングしている
口コミで患者さんが溢れる地域No.1ブランド化システムです。

会員だけが価値あるパッケージングを
最短最速で導入できます。

では会員になった特典の具体的な枚数などをお伝えします。
※特典のそれそれの意味は本文の上の方に記載しています。
※毎年の更新月(入会月)に小冊子やポスターを配送いたします。

  1. (1)患者さんの歯の価値観を変える小冊子 400冊

    (虫歯編200冊 歯周病編200冊)
    1冊150円×400冊60000円相当

  2. (2)患者さんがつい読んでデンタルIQを高めるA3ポスター 2枚

    ポスター1枚5500円×211000円相当

  3. (3)滅菌の取り組みの患者さんへのお知らせ資料 500枚

    資料一枚50円×50025000円相当

  4. (4)定期的な患者さんとつながりをつくる院内新聞のひな形データ 年4回

    院内新聞データ7500円×4回30000円相当
    ※こちらはデータをメールで年4回送ります。1月・4月・7月・10月の年4回です。

  5. (5)一般社団法人 歯の寿命をのばす会のHPで歯科医院名の掲載

    掲載費用4800円相当

これら合計が130,800円相当です。
※イラスト等は、著作権と商標登録出願していますのでコピーや模倣しての使用は、
損害賠償請求の対象となりますのでご注意ください。

正直、このシステムを会員になった先生お渡しするのは安すぎると思っています。

なぜなら、ほとんど手をつけてないホームページ更新料に
年間10~20万円払っていたり
結果の出ない広告宣伝に20万円も払っていたりします。
しかも長期的なブランディング化につながらない、その場しのぎの集患だったりします。

またコンサルタントと一緒に作ったら、それこそコンサル代で480万円
制作費で500万円位かかります。
要は、1000万円近くの費用と労力がかかるからです。


ですので、正直この120,800円という値段でも格安だと思うのですが、
それでも個人歯科医院でお金を毎年あまり出せないと言う先生もいると思います。

また私は、日本人の歯の寿命をのばす事を目的にしているので、
限界までコストを費用を下げて以下の金額で提供しようと決めました。

口コミで患者さんが溢れる
地域No.1ブランド化システム
年会費64,800(税別)

月単位で考えると5000円程度と格安です。
自費が増えたり、中断が減ったり、
初診が増えたりの効果を考えると破格の値段だと思います。


また今後もブランディング化のツールを充実して行きます!

もし少しでも興味があれば行動はどちらかです

地域で他の先生が入る前に
今すぐに申し込みをする
資料のサンプル
一度取り寄せてから考えてみる

※サンプル請求中でも、同じ地域の他の先生からお申し込みがあった場合は
入会出来ない事をご理解お願い致します。

焦らずに費用対効果を冷静に考えて下さい

ちょっと冷静に考えてみて下さい。

これ以上に安い費用で

  • 医院の集患
  • 患者さんの口コミ
  • 患者さんの歯の価値観の変化
  • ブランディング化
  • 中断の減少
  • メンテ率の向上

に効果が出る可能性の物はあるでしょうか?
世の中いろんなシステムがありますが通常は毎月3~5万。
もしくは数十万以上と言うケースがほとんどです。
場合によっては100万を超えます。

例えば、何も更新してないホームページに継続的に課金さえていて
毎月1~2万払っているよりも効果は大きいです。
お酒を一回飲みに行く程度の費用です。
それ位の費用で、患者さんの歯の寿命をのばす事につなげる事が出来るのです。

クオリティや内容を考えるとこれ以上無いぐらいに安くしています。
先ほども話したように、自分で作ったら莫大な時間と数百万かかる物だからです。

こんなにも安くやるのには、理由があります。
『治療はしっかりしているのに、経営で悩んでいる先生の不安を
少しでも解消して患者さんの治療に専念して欲しいからです。』


私の両親も祖父も歯科医師でありその姿をずっと見ていたので
良い治療をする為に歯科医師は治療に向き合うのが大切だと思っています。
だからこそ、歯科医師がやらなくて良い部分を少しでもサポートしたいのです。
また大きな法人は時間も資金もあります。
しかし一件だけでやっている歯科医院は、
どうしてもいろいろな事に時間も費用も投資できない事が多いです。
そんな個人歯科医院を少しでもサポートが出来れば
先生方の治療の質を上げる時間やスタッフ教育の時間に費やせると思ったからです。
そして会員になってくれる先生方から、
歯の価値観を患者さんに伝えてもらう事で
日本全体の歯の寿命がのびると思っているからです。

治療の質を上げる事は非常に重要です。
ただそれだけでは経営が上手く行かない時代になってきているのも事実です。

独自の売り×認知度=ブランディング化
      ↓
良い治療をして、正しい知識を患者さんに知ってもらう事で
歯科医院も幸せ、患者さんも幸せ、スタッフも幸せ。
そんな歯科医院をたくさん作りたいと思っています。

ただ、誰でも会員にはなれません。
入会出来ない可能性もあります。

ただ、誰でも会員になれる訳ではありません。
まず一番重要な事をお伝えします!
同じ地域には1歯科医院しか会員になれません。

先にお申し込みがあれば、残念ですが先に申し込んだ歯科医院が
辞めるまで会員にはなれません。
もう一度言います。
同じ地域で1歯科医院のみとなっています!

範囲などは、こちらの判断とさせて頂きますが小さい駅では一駅1医院です。
駅から少し離れてるケースは、地域によって半径の距離を決めさせて頂きます。
(ターミナル駅など大きな駅は、出口の方向で2医院にするケースもあります。)

興味があれば、早めにお申し込みをお勧めします。
なぜなら先に申し込みがあれば、
その後にお願いされてもどうする事も出来ないからです。

会員制なの、年に一度だけ費用がかかります。
そして毎年の入会月に資料を郵送致します。

会員になるには資格があります。

参加出来る先生
(1)開業している先生のみ
(2)分院展開してない歯科医院

法人化していても、一件の歯科医院ならOKです。
(3)基本的なマナーがある人
価値を感じてお友達にこの会をお勧めするのはありがたいです。
ただ資料を横流しするとかのモラルのない人にはご遠慮しています。

参加が出来ない先生
(1)同じ地域や同じ駅で、先にすでに申し込みがあるケース 
(2)勤務医の先生(分院長含む)
(3)分院展開している歯科医院 ※分院ごとの入会も不可です
(4)お金を払えば、なんでも意見が通ると思っている先生

この活動は、個人歯科医院(もしくは法人化しても一件の歯科医院)
をサポートするためにやっております。

またブランディング化という観点から
同じ地域に2件も3件も提供は出来ない状況です。
そのため、同じ地域で先に申し込みがあれば受け付ける事が出来ない事をご了承下さい。


勤務医の先生が不可なのは、勤務先が変更になると
お申し込みの別の歯科医院とバッティングする可能性がある為です。
開業された際に、地域が空いていればお申し込み下さい。
もしくは現在の勤務の歯科医院が分院展開して無ければ
院長に話して勤務先の歯科医院で会員登録して下さい。

会員になってくれた先生にこれからも価値を与えていきたいので
マナーがあり一緒に成長できる先生に入って欲しいです。

もし少しでも興味があれば行動はどちらかです

地域で他の先生が入る前に
今すぐに申し込みをする
資料のサンプル
一度取り寄せてから考えてみる

※サンプル請求中でも、同じ地域の他の先生からお申し込みがあった場合は
入会出来ない事をご理解お願い致します。

チャンスがあるのはあなたの地域で
他の歯科医院のお申込みが入る前だけ

正直、これ以上ないぐらい安い費用でやっています。
すべては個人歯科医院が上手くいくため、
そしてそこから日本人の歯の寿命をのばすためです。

ただチャンスは、あなたの地域で他の歯科医院の申込みが入る前だけです。

そこだけは、私にはコントロール出来ません。
知り合い・同級生・後輩の歯科医院でさえ優遇はしないので、完全にフェアな状況です。

すでに会員になった先生方の為にも、公平さを保ちます。
メールでお願いをされてもどうすることも出来ないです。
そのため、もし興味があれば他の歯科医院が入会する前に早めに会員になってはどうでしょうか。

というアドバイスしか私には出来ません。

もし少しでも興味があれば行動はどちらかです

地域で他の先生が入る前に
今すぐに申し込みをする
資料のサンプル
一度取り寄せてから考えてみる

※サンプル請求中でも、同じ地域の他の先生からお申し込みがあった場合は
入会出来ない事をご理解お願い致します。

よくあるご質問

毎年資料は届くのでしょうか?

入会月に毎年1回資料が届きます。
冊子400冊、ポスター2枚、滅菌資料が300枚です。
またニューズレター用のデータはメールにて3ヶ月毎に届きます。
かなり安いと多くの先生に言われています。

同じ地域に会員がいたらもう入れないのですか?

大変申し訳ないのですが、地域で1医院のみとなっておりますので入会をお断りしております。
同じ地域で入会されてる歯科医院が退会された際にご入会出来ます。
ただもし、現在同じ地域に会員がいなければ早めの入会をお勧めしています。

会員費は本当に、1年に一度だけで平気なのですか?

会員費は一年に一度のみです。毎月の費用は一切ありません。
自動更新となりますので毎年入会月に会員費がかかります。
ただ追加で資料が欲しい方は別途かかります。

資料を追加で欲しいのですが、買うことは可能でしょうか?

会員の方は資料を追加で購入することが出来ます。
会員外の人には販売は行っておりません。

友達に紹介したいのですが、どうしたらよいでしょうか?

サイトからサンプル請求を直接お申し込み下さい。
備考にご紹介者さまの氏名を書いて頂けたら、特典があるかも知れません。

冊子の効果的な使い方はありますか?

受付でただ渡すよりも、先生や衛生士がその患者さんにとって
重要な部分のページを開きながら説明すると効果的です。
またそのページに小さいポストイットを貼ってお渡しするとなお良いです。

イラストや文章を自分のHPやオリジナル資料に使いたいのですが可能ですか?

HPやご自身のクリニックの資料にイラストや文章を使うのはお断りしております。
そのままで充分効果がありますので、どうぞそのままお使い下さい。
イラストなど、著作権や商標登録を申請しており刑法に抵触しますのでご注意下さい。
また発覚したときは、理由の如何に関わらず退会とさせて頂きます。
会員の先生方が上手く行くようなシステムにしておりますのでご了承下さい。

どのような効果が期待できますか?

良くある効果としては、中断減・自費アップ・メンテ移行率増・紹介が増える。などがあります。
ただ、先生の医院での使い方やどこにフォーカスするかで、様々な効果があります。

法人化していますが、歯科医院は一件だけですが入会出来ますか?

法人化していても、一件だけの歯科医院なら入会可能です。
ぜひ地域の患者さんの歯の寿命をのばす為に活用して下さい。

知り合いには優遇した入会とかありますか?

一切ありません。
日本人の歯の寿命をのばす為にやっておりますので、みなさん完全にフェアな状況です。

大きなターミナル駅は一件の歯科医院ではないとありますが、何件も入るのですか?

大きなターミナル駅で出口が違うなど、影響が少ないケースのみです。
またそれでも2件のみとなっていますのでご安心下さい。
ただ、線引きについてはこちらの判断となります。

直接話してから決めたいですが、相談できますか?

申し訳ないですが、個別の対応はできません。
個別対応をしたらこの会員費では出来ないほど安くしていますのでご了承下さい。

冊子は衛生士が直接患者さんに渡した方が良いでしょうか?

歯周病の検査をして状態を伝えた後に
衛生士さんが歯周病冊子の中で重要な点を話しながら患者さんにお渡しすると効果的です。

歯科医院経営に良い影響はあるでしょうか?

あります!歯科以外の分野を10年以上勉強した結果が詰まっています。
勉強費はすでに計測出来ないですが2000万近くかけています。
もちろんこれだけで歯科医院経営の悩みが解消する訳ではないですが良い影響があります。

もうすぐ開業するのですが、入会は出来ますか?

開業場所が決まっており、そこにすでの会員がいなければ入会可能です。
開業予定地で登録して、初回の資料はご自宅に郵送致します。
ただ勤務先での使用は不可です。開業してからお使い下さい。
開業場所がまだ未定のケースは、場所が決まるまで入会が出来ません。

安くてビックリですが、大丈夫ですか?

大丈夫の意味がクオリティーであれば、サンプル請求をしてご自身の目で確認して下さい。
会員費の安さについてであれば、限界まで下げています。
私の頭が大丈夫かは、周りの方が決める事なので私には分かりません。
日本の個人歯科医院が活性化して行くことが大切で、
その先に日本人の歯の寿命をのばす事につながると思うからやっています。

資料を使った先生のお声

資料を使った先生
資料を使った先生のアンケート

まず最初に感じたのが安い!って事です。
他の業者から比べると安すぎて心配だったのですが
実際に冊子をみてクオリティーの高さにビックリしました。
自分では到底出来ないレベルなので本当にありがたいです。

失活歯を抜歯した患者さんが、冊子を渡して説明した後、
「身を持って実感しました。」と言っていたのが印象深かったです。

渡すと予想していない人が自費になったり、神経は大切ですよね。
など患者さんから言っていただけると伝わった感が有ります。

資料やイラストなどの視覚に訴える物がずっと欲しかったところ
この資料をたまたま知りました。

ただしゃべるよりも、
見せながら患者さんに話すと反応が違ってきたことを実感しています。
患者さんから、お住いの市報などに歯の情報が出ていると教えて貰える事があったり、
歯に興味を持ってくれる患者さんが増えたのかなと思っています。
私自身の意識の変化が、患者さんの意識の変化を生むのかなとも思います。

歯周病の小冊子は、衛生士が患者さんに渡して説明するようにしています。
今まで若い衛生士がSRPの意味づけが難しかったのが、スムーズに出来る様になりました。

子供の治療に付き添ってきたご両親などにも説明する時にお渡しました。
『家族に教えよう』と言っていただける人が多かったです。

患者様とお話しをする際に、いくつも自分が気になる点ばかりを話してしまい、
なかなか気持ちに寄り添いきれていませんでした。

冊子を使って患者様と話すことでゴールをより明確に意識することができました。
患者様に伝える力が上がり、結果として明らかに以前よりも
自費の補綴物を選択して頂く機会が増えてきています。

自身の意識の変化として「歯のことを自分と同じく知ってほしい」
と思える様になりました。

今後も伝えること、知ってもらうことを大切にして診療に当たりたいと思います。

初めは渡すタイミングと説明が噛み合わず上手くいかなかったですが、
徐々に自分に落とし込めてきた感じが出てきました。

それと共に患者さんの反応もよくなってきました。

歯周病治療して終わりになっている患者様が多かったのですが、
メンテナンスの重要性を伝えやすくなりメンテナンスが少し増えました。

今後も継続して行きたいです。

今まで不良補綴を指摘しても気持ちのどこかで、
まだ平気かなとか思って説明していたのが、
虫歯の冊子を使って話すことによりブレずに説明できるのでよかったです。

今まで話をちゃんと伝えきれていなかったと感じました。
資料をお渡した患者さんから"そーですよね!"というような相槌が増え、
一方的ではなく、お互いにしっかりとお話できるようになりました。

地域で1歯科医院だけとのことですぐに申し込ませてもらいました。
日々の診療が忙しくて、こう言った部分には手が回らないで4年間過ごしてました。
たぶん自分で作ったとしても、かなりチープな物しか出来ないのも感じます。
周りより早く会員になれたのはラッキーでした。

もし少しでも興味があれば行動はどちらかです

地域で他の先生が入る前に
今すぐに申し込みをする
資料のサンプル
一度取り寄せてから考えてみる

※サンプル請求中でも、同じ地域の他の先生からお申し込みがあった場合は
入会出来ない事をご理解お願い致します。

効果のコメント
~その2~

  • ただのクリニックから歯を守ってくれるクリニックに変化した。

  • 患者さん自身が自分からお口について興味をもってくれる様になった。

  • お子様にも分かりやすい。

  • 治療回数がかかる事に難色があった患者さんも通ってくれる様になった。

  • 患者さんから分かりやすいと好評です。

  • 患者さんから分かりやすいと評判。

実際に使ったクリニックではすでに多くの結果が出ています。

5年後も今と同じ患者数だと
自信をもって言えますか?

もしあなたがこの会に入るメリットや、
私自身を信用出来ないなら入らないで下さい。
なぜなら、一番大切なことは信頼関係だと私は思っているからです。

信用出来ない人の会に入るという行為は止めた方が良いです。

別に私はビジネスでやってないので、
あなたの周りの先生内で実際に評判が良かったり、
私のメルマガを読んで信頼できてからでも遅くはないと思います。

ただ私は10年以上に渡って歯科医院経営の事を考えています。
『結果を左右する違いはどこにあるのか?』
『結果に影響を及ぼす一番のポイントはどこか?』
それを常に突き詰めて考えてきました。


周りの人が合コンなどで遊びに行ったり、
周りが家族と楽しそうに遊んでいる時にもコツコツと勉強をしていました。
特別頭が良いわけでもなく、才能があった訳でもないので
ただ努力してずっと夜中まで勉強をしていたのです。

そのストレスで、円形脱毛症が出来たりしました。

円形脱毛症ぐらいなら良いのですが無理がたたって、
大きな病気になり3週間入院しました。

体調が悪くて内科に行ったらすぐに救急車を呼ばれて、
横浜市民病院のCCUに緊急入院です。
最初の2週間は家族以外は面会謝絶の状況です。

入院後して2週間経って、病院内なら移動して良いと言われて
病院の1階にあるファミリーマートにあった
無料で使えるパソコンで自分の病気を検索しました。
そこで目に飛び込んできたのが
『3年以内の致死率が15%』と言う文字です。
目の前が真っ暗になりました。

ある日突然に10個あるクジを無理矢理引かされて、
その内の1~2個ぐらいが【死】という
恐怖のクジをやらされている状況に陥ったのです。


私が30歳で、子供がまだ2歳の時にです…。

しかしその苦労を乗り越えて
歯科医院経営の結果を左右する違いを、いろいろ見つけました。
そしてその重要な違いを、
システムにしたりセミナーで教えたりしています。

もちろん人に言わずに内緒にすることも出来ました。
むしろ内緒にしていようと思っている気持ちの方が強かったです。
この値段でする意味が自分個人にとってどこにあるのか?
と考えると自分にメリットはほとんどないです。

私個人と言う観点で考えたらお金も時間も減り、
貴重な独自のノウハウも流出するというデメリットばかりです。

それでも公開しているのには3つ理由があります。
一つは、せっかく勉強して歯科医師になったのに
思ったよりも経営が上手く行かない先生の助けになればと思って。

一つは、アカデミックな治療の勉強をしてきたのに
実際にはそれを臨床で役立てることが少ない先生の助けになればと思って。

そして何よりも北欧や欧米と比べて、
日本人の歯の寿命は圧倒的に短いのを打開したいからです。

私自身が頑張って治療しても救える患者さんの数は限られています。
しかし私がいろいろなノウハウを公開することで、
日本人の歯の寿命が少しでも延びるなら個人のエゴを捨てようと思ったのです。
それが全てです。


もしかすると、そんなの「嘘だ!」と思う方もいるでしょう。
確かに世の中には口先だけの人もいるので、
もしそう思われるなら残念ですが仕方ありません。
無理矢理に私を信用して欲しいとは思ってません。
ただこのシステムであなたの患者さんの歯の価値観を
高められるのは間違いないはずです。

それが結果的に、あなたの患者さんの歯の寿命をのばすことにつながり
あなたの歯科医院のブランディング化になると信じています。
ぜひテストしてみて下さい。

行動した人だけが決断ではない

人生は決断の連続であり、その選択によって人生が変わる。
歯科界の取り巻く環境、日本経済、世界情勢など
すべてが混沌としており、誰しも不安を持っています。

その時にどんな決断をしてどんな行動をするのかで
5年後、10年後の人生が変わります。

たまに決断が出来ずに、物事を先延ばしにする人がいます。
しかしそれは本当に決断してないのでしょうか?

実は、決断をしないで先延ばしにすると言うのは
『先延ばしにて今までの自分と変わらない。』
と言う決断をしていると事と同じです。


チャレンジすることだけが決断ではありません。
何もしない、変わらないと言うのも決断なのです。
このままで大丈夫だと言う決断であり、
このまま変化しないという決断です。

『今は大丈夫だけど、本当に今のままで5年後も10年後も大丈夫なのか?』
『このままで、失敗しないのか?』
それをしっかり考える事が、人生において非常に重要だと私は思っています。
最後までお読み頂きありがとうございます。

次に結果を出すのはあなたの番です。






プロフィール

伊勢海 信宏

歯科医『開業成功バイブル』 主催
一般社団法人 歯の寿命をのばす会 代表理事


医療法人で治療と経営を担う。

現在は院長を任せて治療だけでなく
法人のドクター教育やマーケティングにシフト。

歯科医師向けのセミナーや
日本人の歯の寿命を延ばす為にさまざま実践中。

クインテッセンスに特集掲載や
モリタ社での執筆など多数掲載実績あり。

もし少しでも興味があれば行動はどちらかです

地域で他の先生が入る前に
今すぐに申し込みをする
資料のサンプル
一度取り寄せてから考えてみる

※サンプル請求中でも、同じ地域の他の先生からお申し込みがあった場合は
入会出来ない事をご理解お願い致します。