インプラントメーカーや種類

インプラントと一言で言っても

様々な種類があります。

 

まだインプラントの経験がない先生は

よく知らないかもしれませんが

 

歯肉への影響

骨吸収

骨との結合力

などメーカーによって、まちまちです。

 

もし将来的にインプラントをしようかな

と思うのであれば、まずはインプラントに

どんなメーカーがあるのかを

ある程度知っておく必要はあります。

 

 

 

今現在、勤務医として働いていて

その歯科医院がインプラントを

行なっているのであれば

今までに、こんな経験をされたことも

あるのではないでしょうか?

 

 

 

それは、

患者さんからインプラントに関して

質問をされる事です。

 

 

インプラントは、自費治療ですよね。

 

そのため、価格も歯科医院によって

バラバラです。

 

とは言え、ある程度の相場は決まっていますが

 

インターネットなどで見てみると

破格でインプラントをしている医院もあります。

 

それを見て、患者さんは

 

『他の医院は、あんなに安価でできるのに、

どうして、こんなに価格が高いの?』

 

などと言った料金に対する質問をされることも

多いです。

 

 

実際には、使用しているメーカーが違うと

原価も随分と違うので

当然のことなのですが、患者さんからすれば

 

インプラントは一種類で原価は同じ

 

と思われているのでしょう。

 

 

 

患者さんは料金でしか、比較しようがない

のは当然なので、それがなぜ高いのか?

 

また、なぜ高いインプラントを使用するのか?

 

などを説明することが必要になってきます。

 

 

 

もし、今はインプラントに関する質問には

院長が答えると言う方針をとっていて

自分が答える事がなかったとしても

後々必ず役に立ち、必要になる事なので

知識は付けておきましょう。

 

 

 

それに、患者さんからすれば

勤務医であっても

『歯医者の先生』

である事に変わりありません。

 

当然、自分より専門知識を持っていると

思っている歯科医に質問して

答えられなかったら、患者さんは

とても不安になるでしょう。

 

 

 

インプラントは

私たち歯科医が思っている以上に

患者さんにはハードルが高く

不安要素の多いものです。

 

 

ですので、その不安を少しでも

解消するためにも、どんな質問にも

即座に答えられることが望ましいと言えます。

 

 

 

その中でも、インプラントの

種類やメーカーによって金額が

変わってくるので、この質問は比較的よく

されますので、それも踏まえて覚えておくと

良いでしょう。

 

 

 

各々の良い点、悪い点を理解していると、

 

『○○と言う部分が優れているので

当院は△△インプラントを使っています。』と

患者さん、お話する事が出来ます。

 

 

それでは、ここで取りあえず

 

メジャーなところのインプラントメーカー

を列挙したので参考にして調べてみると

良いと思います。

 

・アストラ

・ノーベル

・ストローマン

・3I

・ジマー

・プラトン

・オステム

・POI

・AQB

 

などなど。

 

 

 

 

本当に種類もメーカーも様々です。

価格もいろいろあります。

 

これらインプラントの良い点、悪い点

向いている症例、不向きな症例と

いろいろな事を、調べておくと

今後インプラント治療をする際にも

とても役立ちますよ。

 

 

もちろん、実際に使用できる機会がある場合や

身近な先生で使用している人がいる場合は

使用感や、なぜそれを選んだのかを聞いておくと

とても勉強になると思います。

 

 

 

上記挙げているものの中でも、調べただけで

「これは、自分は使わないな」

と思うものもあったと思います。

 

そう言ったものを除いても

なかなか調べただけで

「これを使おう!!」

とひとつには、決まらないでしょう。

 

 

 

患者さんの口腔内の状況によって使いたい

インプラントも変わってくると思います。

 

しかし、開業してインプラントを

するとなれば、実際問題として

数多くのメーカーのインプラントを

使用するのは、難しい事です。

 

 

 

それは、インプラントのメーカーによって、

使用する器具や器材が変わってくるので

なかなか簡単に、全部を揃える事や管理する事を

しようとはならないからです。

 

 

また、好みもあるので、使用してみると

自分のお気に入りのようなメーカーが出来ます。

 

 

 

しかし、実際に全てを使用して決めることは

出来ないので、先ほどお伝えしたように

周りの人でインプラントをしている先生がいれば

いろいろと聞いておくと参考になることと思います。

 

 

あとは、いかにその知識を患者さんに分かりやすく

伝えることが出来るかも大切です。

 

 

 

インプラントと聞くと身構えてしまう患者さんも

多いので、その中で、専門用語を多用して説明すると

患者さんにとっては、逆効果で、あまり理解されず

 

「やっぱり、なんだか怖いもの」

 

として捉えられてしまう可能性があります。

 

 

 

各種メーカーの特性を知り、それを患者さんの

口腔内の状態と合わせて、いかに分かり易く

 

『あなたには、これです』とお話できるか。

 

これを上手く伝えられるようになれば、

患者さんは、安心してインプラント治療を

考えられることでしょう。

 

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

インプラントと言っても

様々な種類があります。

 

まだインプラントの経験がない先生は

知らないかもしれませんが

 

歯肉への影響

骨吸収

骨との結合力

などメーカーによってまちまちです。

 

もし将来的にインプラントをしようかなと思うのであれば
まずはインプラントにどんなメーカーがあるのかを

ある程度知っておく必要はあります。

理由は患者さんから聞かれるケースがあったり

するからです。

 

○○と言う部分が良いので

当院は△△インプラントを使ってると

お話する事が出来ます。

取りあえず

 

メジャーなところのインプラントメーカー

を列挙したので参考にして調べてみると
良いと思います。

 

・アストラ

・ノーベル

・ストローマン

・3I

・ジマー

・プラトン

・オステム

・POI

・AQB

などなど。

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事