プレシャスメタル・セミプレシャスメタル・ノンプレシャスメタルなど違いを知ろう

治療で使っている金属には、どんな種類があるのか知っていますか?

 

普段、私たち歯科医は、虫歯治療をする際、

虫歯を除去して形成し、充填、もしくは補綴物を装着しますね。

しかし、補綴物の場合は、

形成し型取りしたら、技工士さんが補綴物を作ってくれるので、

それを、調整して装着となります。

技工士さんが作ってくれた補綴物を、

形態・咬合などの確認はすると思いますが、何で出来ているかまで、

確認することって、あまりありませんよね。

 

でも、その補綴を作るために使用される金属には、いろんな種類があります。

 

『銀歯』って何で出来てるの?と聞かれたら・・

歯科医で補綴物のことを『銀歯』と言うことは少ないと思いますが、

患者さんは詰め物も被せ物も、

ひっくるめて『銀歯』と呼ばれることが多いですよね。

 

そこで、たまに患者さんに

「銀歯って、純銀なんですか?」

と聞かれて、「純銀ではないですが・・・」

アタフタとなっている先生がいます。

 

患者さんも、質問してしっかり答えてもらえないと、

「この先生は、何で出来ているか分からないものを、患者の口に入れてるんだ」

と思い不安になりますよね。

 

 

 

もちろん金属の種類を知っている先生も多いと思いますが

若い先生などで金属の種類を知らない場合はぜひ覚えると良いと思います。

 

そして、なんとなくは知っているけど、説明までは・・・と

思われる方も、今一度、確認してみましょう。

 

種類を知らずに作ってもらったものを、装着するだけという治療よりも、

しっかり材質の違いを知った上で治療することは大切だと思います。

 

 

4つの種類の金属

では、以下の4つの材質を説明していきますね。

①金パラ

②プレシャスメタル

③セミプレシャスメタル

④ノンプレシャスメタル

 

 

 

①金パラ

12%金銀パラジウム合金

 

保険適応の治療で一番多く使われている金属です。

これは名前の通り金を12%含有

そしてパラジウムが20%

銀が50%位

銅や、その他を含みますが、この比率は

メーカーによって多少異なります。

(金12%とパラジウム20%はメーカーが違っても、

 同一規格となりますので、前後するのは銀とその他です。)

 

銀色が、装着後、経年劣化として黒ずんでくる場合があります。

 

金パラについては銀が50%程度含まれているという事を覚えておくと良いと思います。

 

 

 

②プレシャスメタル

プレシャスと呼ばれたりもしますが

これは金が75%以上(18カラット)含まれている合金です。

 

硬さも歯と同じぐらいの強度があります。

フレームとして使われたりします。

色は金色をしています。

銀色のものより、目立ちにくいと言う利点もあります。

 

こちらは①金パラのように口腔内で、変色することはありません。

保険適応では、使えない材料です。

 

 

③セミプレシャスメタル

 これは金が50%以下(12カラット)の合金です。

色は銀色をしています。

プレシャスメタルと比べると、より硬くなります。

銀色ですが、変色はほとんどしません。

 

メタルボンドのフレームなどとして、使われることが多いです。

 

 

 

④ノンプレシャスメタル

これはコバルトクローム合金、ニッケルクローム合金などの事です。

とても強度の高い合金で、色味は銀色をしています。

 主に入れ歯のバネやフレームに使われます。

こちらは、保険適応の補綴物に使われることもあります。

また保険適応外ですが、メタルボンドのフレームや、

金属床の入れ歯のフレームに使用されることが多いです。

 

 

 

さて、簡単に説明しましたが、いろいろ種類がありますね。

4種類の金属は金の含有量が大きな違いですね。

そして、それによって特性にも違いがありますね。

 

4種類を見てみると『銀』を多く含むほど、変色し易いこともわかると思います。

 

そして補足にはなりますが、

①金パラに含まれるパラジウムですが、

歯科用金属材料としてのパラジウムは、

毒性が弱いのですが、金属アレルギーが出てしまう場合もあります。

 

患者さんに合わせた金属を

このように、特性がわかっていれば、患者さんに合わせた金属を指定して、

補綴物を技工士さんに作ってもらうことが出来ますよね。

 

技工士さんは、あくまで模型上でしか患者さんを見ることができません。

 

実際の口腔内や、患者さんの要望や悩みを見て知ることが出来るのはドクターだけなのです。

 

保険適応では金パラを使用することになる歯でも、

変色してしまうかもしれないデメリットや、

金属アレルギーを持っている患者さんに事前に、

可能性だけでもお伝えすることが出来たら、

保険適応外であったとしても、他の補綴物にされるかもしれません。

 

これは、保険治療より自費治療の方が医院にとって利益があるから、

勧めると言うわけではありません。

 

こちら側からすると、当たり前と思っていることも、

患者さんにとっては、知らない事、当たり前でない事はたくさんあります。

 

特に、見た目に直結する補綴物に関しては、患者さんも装着後に、

「こんなに目立つの・・・・」と言う事も少なくありません。

 

金属(補綴物)なくして治療はできませんが、

少しでも患者さんの負担が減るようにするためには、

患者さん自身に納得してもらった上で、装着できることが大切です。

 

そのためには、事前にしっかりと患者さんに、

使用される金属の種類や内容を情報として伝えることが出来ると、

患者さんも、それを踏まえた上で、自ら選択し納得した上で、

補綴物を装着することができますよね。

 

患者さんにしっかり、説明できるようにするためにも、

金属の種類にはどんなものがあり、

どんな利点・欠点があるのかを、知っておくことが大切です。

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事