歯科医院の利益率が気になる方へ

『いくら売り上げ(医業収入)が

 あったら

 どのくらい手元(利益)に残る

 のだろう?』

 

多くの先生が知りたい

そして気になることだと思います。

 

売り上げがあっても

経費で出て行くものが多いし

 

まず一体どの位の売り上げを目標

としたら良いのか。

 

歯科医院の利益率って

気になりますよね。

 

歯科医院の利益率は?

 

ちなみに利益率というのは

売上高に占める利益の割合です。

 

 

歯科医院を開業する際に

借金をせずに開業できる人は

なかなかいません。

 

多くの先生が、多かれ少なかれ借金

をして開業されていると思います。

 

となると、当然のことながら

借金の返済がありますよね。

 

それに、家族を養っていかない

といけない・・・

 

などなど、必要な支出は多いです。

 

こうなると、やはり手元に

いくらくらい残せるのか知って

おきたいですよね。

 

 

では、早速ですが

 

一般的な歯科医院の利益率は

 

20~30%となります。

 

もちろん、クリニックによって

違ってきますので

40%と言うクリニックもありますが

平均的にはこれくらいです。

 

中間をとると25%ですね。

 

 

一般的な歯科医院の月の売り上げが

300万だとすると

300×0.25=75万円ですね。

 

一年間にすると

 

75×12か月=900万ぐらい

ですね。

 

ただ利益率が20%で計算すると

 

720万円です。

 

利益率30%で計算すると

 

1080万円です。

 

20%と30%では、

実に360万円の差があります。

 

 

 利益率を左右する経費とは?

 

利益率が違うのは

 

クリニックの家賃や広告費

人件費によって変動してしまう

からです。

 

冒頭にもありますが、

 

利益率=売上高に占める利益の割合 

 

で、

 

利益=売上高 – 経費 となります。

 

この利益率を変動させるものには、

材料代、技工代の「変動費」と

クリニックの家賃、広告費、人件費

光熱費などの

 

「変動費」以外の経費である

「固定費」があります。

 

「固定費」は、毎月の売り上げ額に

関係なく毎月発生する支出のことです。

 

例えば、300万円の売り上げがある

場合は、その売り上げのために

治療も沢山するので歯科材料も沢山

必要になります。

 

もちろん、技工代も多くなると

思います。

 

しかし、もし売り上げが150万円

だとしたら、この場合は、

300万円の時よりも患者さんは

少ないはずなので、歯科材料費

技工代ともに少なくなります。

 

 

このように、売り上げによって

(月によって)支出額が変わるものが

「変動費」ですね。

 

 

反対に、人件費は、その月の売り上げが

少ないからと言って、

 

スタッフの数を減らしたり増やしたり

しませんよね。

 

家賃や広告宣伝費も同じことで、

 

売り上げの増減によって変化するもの

ではなく、毎月一定で支出があるもの

です。

 

これが「固定費」です。

 

 

利益率=売上高 – 経費(固定費+変動費)

 

ということです。

 

 

利益率を上げるためには

 

 今回お伝えしたいのは、

 

歯科医院の平均的な利益率は

20~30%

 

これを覚えておいてください。

 

 

自身の生活もあるので

利益率は気になると思います。

 

 

しかし、それだけではありません。

 

 

利益率だけではありませんが

こう言った平均値を知っておくことは

医院を経営していく上で重要です。

 

 

 

既に利益率が40%や50%という

医院なら別ですが、

もし平均値より低い利益率である

ならば、平均値を知ることで

どこを改善すべきかを考えること

ができるからです。

 

これは、もちろん今、利益率が

20%〜30%で平均値に乗れている

場合ならば、さらに利益率を上げる

ための対策を立てるのに

必要になります。

 

利益率=売上高 – 経費(固定費+変動費)

 

 

これだけでも、利益率を上げるには

 

  • ・売上を上げる
  • ・経費を抑える

 

と大まかではありますが

2つの策が出てきますよね。

 

さらに、売上を上げるなら

どうすれば良いのか?

 

売上を上げるのは難しい場合は

必然的に経費を抑えることに

なりますが、

その経費を抑えるのも

 

  • ・固定費(広告宣伝費、家賃、
  •      人件費など)を抑える
  • ・変動費(材料費、技工代)を抑える

 

と2つ、あります。

 

もちろん、どちらも抑えれるのが一番

ですが、なかなか難しいと思います。

 

無駄していると自覚している経費は

少ないはずです。

 

しかし、もし利益率を少しでも

上げたいのであれば・・・

 

特に、もし平均値ギリギリであったり

平均値に満たない場合は

目標の平均値に到達するために

あと何%なのかを計算すると

そのパーセンテージ分をどこで

削ることは出来そうか、

 

また、どれ位削れるか?

を考えることが出来ますね。

 

このように、平均値がわかって

いれば、それに合わせて具体的な

解決策を探す基準にすることが

出来ます。

 

 

 

 

 

 

ところで、こうお話すると

 

前回お伝えした利益率80%

ってものすごいですよね。

 

業種によって利益率って全然

違ったりするんです。

 

次回は人件費率についてお話します。

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事