歯科の分院展開って儲かっているの?

テレビを見ていると

 

『年商○億円の社長!』

 

というテロップのでる時があります。

 

なんだか、いかにも敏腕な感じの

社長さんが高級車に乗って登場…

 

そんな番組、よくありますよね。

 

 

 

そういうのを見て、

私は「年商5億・・・」

 

それってすごいのかな?

 と思ってしまいます。

 

理由は年商億円でも

年収1000万の人も

るからです。

 

「年商」と「年収」の違いは?

 

ん?どういうこと?

 

と思われましたか?

ここで見て欲しいのは

「年商」と「年収」です。

 

 世間では、

年商と年収をごっちゃにして

いる人がいます。

 

年商が、そのまま社長のお金、

給料になると思っていると、

これは間違いです。

 

ここで言うなら、

5億円が社長の自由に使えるお金では

ないと言うことです。

 

 

個人事業主であれば年商は売上高の事

であり、年収は利益の事です。

 

 

年商のうちから、経費が引かれます。

経費が多ければ、手元に残るお金は

少なくなります。

 

 分院展開すれば儲かる!は嘘!?

実際に私の知り合いの事ですが

 年商5億円で年収2000万の人

もいますし

 年商1億円で年収8000万の人

もいます。

 

 

年商5億の方がパッと聞いた感じ

はすごいですが、年商1億の方が

収入面では、年商5億の人の

4倍も多いのです。

 

 

 

勿論、5億円の年商があるのは

すごいと思います。

 

売上高が多いのは、良いことです。

 

なので、決して年商5億円が

ダメなわけではありません。

 

しかし、自分のことだとすると、

年収2000万円と8000万円。

 

どちらがいいかと聞かれたら

間違いなく後者ですよね。

 

 

 

ところで、この年商の多さと

年収の多さは比例しないという

状況ですが、これは会社に限らず

歯科医院も同じなんです。

 

 

歯科医院で年商が多いとなると

やはり数軒の医院を展開している

医療法人が思いつくと思います。

 

しかし、クリニックを3つも

4つも分院展開してるけ

利益が少ないケース言うのも

あります。

 

 

逆にクリニックは一つだけど

利益が多いと言う場合もあります。

 

意外ではないでしょうか?

 

分院展開している方が

絶対に儲かっていると思われがち

です。

 

 

当然ですよね。

 

分院展開するのは

お金があるからどんどん新しい医院

を開いて、そして更にそこからも

利益を得る。

 

 

どんどん儲けが増えていくイメージ

だと思います。

しかし、比例しない場合があると

なると他の先生の、年商と年収が

どれくらいあるのか

とても気になりますよね。

 

 

だからと言って

 

人のクリニックの利益って

院長と余程仲の良い間柄でないと

 聞けるわけではないので、実態は

なかなか見えにくいです。

 

もし、今歯科医院を経営している

先生や将来的には分院展開を

考えている先生であれば

尚更、興味がありますよね。

 

 

 

ちなみに、先ほど書いた年商1億で

8000万円の利益という

ビジネスモデルって実際にあるん

ですよ。

 

だから、年商○億の社長ってだけでは

 実際にどれくらい収入があるのか

全く分からないという事です。

 

 

同じく、歯科医院をいくつも

分院展開しているからと言って

必ずしも儲かるというわけでは

ありません。

 

分院展開せずとも

しっかり利益を上げている先生

もいます。

 

分院展開の注意点

分院展開は、医院としての収入は

増えることになるでしょう。

 

でも、忘れてはいけないのは

売り上げが増えるためには、その分

材料費や技工代、そして人件費など

いろいろなお金が規模の拡大とともに

拡大していくのです。

 

分院展開し、年商、年収と二つとも

増えるのであれば良いのですが、

分院展開は、なかなか難しいことも

あります。

 

特に、人員の拡大は難しいです。

 

 

分院を出して、任せたいと思う医師

他スタッフがいれば、

この問題は大丈夫でしょう。

 

でも、もし、分院はひとまず作って

おいて、そこから現地調達のような

感じでスタッフを探すのならば、

難しくなるかもしれません。

 

 

なぜこんな話をするかと言うと

実際に、人員のことで悩まれている

ことをよく耳にするからです。

 

特に、医師はなかなか探すのが

大変になります。

 

求人を出しても、すぐには

見つかりません。

ましてや、分院を任せる院長候補

となると、益々慎重にもなりますよね。

 

 

また、無事採用できたとして

その後もいろいろと心配は尽きません。

 

 

スタッフ達同士は

うまくやっているのか?

 

医院を運営していくのに

みんな目標を理解し同じように

志を高くいてくれているか?

 

などなど・・・

 

分院には、毎日通うことはなかなか

無いと思います。

ですので、きちんと自分がいなくても

医院を任せることができるスタッフが

必要です。

 

しかし、それが上手くいかず

怠けてしまうスタッフだったら。。。

 

 

目が届かないのをいいことに

努力も怠り、せっかくの新しい医院の

評判を落としてしまうかもしれません。

 

 

 

こうなると、当たり前ですが

患者さん数は増えず、

売り上げが上がることもありません。

 

 

せっかく、お金をかけて

新しく分院展開をして

 

スタッフも雇い、人件費も支払って

いても売り上げは上がらず

経費ばかりがかかってしまっては

元も子もありませんよね。

 

 

 

分院展開は上手くいけば

医院としての売り上げもあがります。

 

それには、まず任せることの出来る

信頼できるスタッフを探すことが

必要ですね。

 

 

そうすれば

「年商1億円で、年収8千万円」

のパターンと同じようになれる

ことでしょう。

 

では次回は歯科医院の平均の利益率

などをお話します。

 

 伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 



開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事