患者さんからも、同業者からも信頼される歯科医師になる。

人間にとって信頼関係は

すごく重要です。

 

 

特に、仕事は信頼関係で成り立って

いると言っても過言ではありません。

 

 

信頼はお金では買えません。

 

 

また、信頼を得るのは

時間がかかります。

 

ただ、信頼を失うのは一瞬です。

 

 

人生は様々なキッカケで

良くも悪くもなります。

 

 

縁を大切にして

 

しっかり自分から挨拶をする人

 

お礼をしっかり伝える人

 

 

 

反対に

 

 

相手からの挨拶を待つ人

 

お礼もろくに言わない人

 

自分はどちらのタイプだと

思いますか?

 

 

人生には思いがけないことが

起こることもあります。

 

 

とは言っても

その多くは自分が今まで起こしてきた

行動から来ているものです。

とは言っても、

事故などは違います。

 

 

でも、突然のことの場合は

「予期せぬこと」だと

感じるでしょう。

 

 

その予期せぬ事には、

良いことの場合もあれば

困難である場合もありますよね。

 

できることならば

良いことばかりがあれば良いのですが

そうもいきません。

 

しかし、更に残念なのは

 

先ほどの挨拶をされるのを

待つだけの人や

お礼もろくに言えない人と言った

 

礼節をしっかりしていない人は

 

チャンスが巡らない人生に

なっています。

 

 

予期せぬ出来事の全てが

困難の方であると言うことです。

 

 

なぜなら

仕事やチャンスは人が運んできて

くれます。

 

 

先ほども言いましたが

自分では「予期せぬ」と思っている

だけで

 

実は、それは自分の今までの行動が

必ず、どこかに関係しています。

 

 

例えば、礼節のあるドクターと

礼節のないドクターがいます。

 

二人は、新しい技術を学びたくて

憧れのドクターの人気セミナーに

参加したいと思っていて

それを周りの人にも話していたと

します。

 

 

しかし、そのセミナーは人気で

なかなか受講できません。

 

 

ところが一席だけキャンセルが出て

参加できると言う情報を

出入りしている業者さんが

どちらか一方にだけ教えて

くれました。

 

 

 

さて、礼節のあるドクターと

礼節のないドクター

 

どちらに教えたと思いますか?

 

 

答えは、お察しの通り・・・

 

礼節のあるドクターです。

 

 

 

自分が業者さん側の立場になって

考えてみると、同じ行動をとる

のではないでしょうか?

 

 

礼節のあるドクターとないドクターを

比べると、信頼を寄せれるのは確実に

前者でしょう。

 

 

普段から、特別たくさんお喋りをする

わけではなくても

 

普段の何気ない対応・態度は他人から

しっかり見られています。

 

 

そして、友人や家族など

親しい間柄の人であれば

普段の対応・態度があまり良くなく

てもフォローできますし

 

昔からの仲なので

「良い人なんだけど、

 こう言うタイプ」

 

と理解してくれます。

 

 

しかし、家族や友人は

限られたごく一部の人であって

仕事で関係する人は

 

スタッフ・業者さん・患者さんなど

ほとんどが旧知の仲ではありません。

 

 

ですので、旧知の仲でもない相手の

ことを

 

「この人は礼節はなっていないけど

 本当は、とても良い人かも

 しれない!

 

 もっと、しっかりこの人のことを

 知ろう!」

 

と思う人は稀でしょう。

 

 

よほど、相手に対して恋愛感情を

持っていたりしたら別の話ですが

仕事でそれは関係ありませんよね。

 

 

となると、やはりわざわざ良い点を

探し出さないといけない相手より

 

普段からしっかり礼節のある態度を

取れる相手を必然的に選びます。

 

 

日本人は、特に礼節を大切にします。

 

イマドキの人は、礼儀作法も

そんなに知らない・出来ないと

言われていますが

 

私たちが何気なく普段していることも

全て意味のあることです。

 

 

お箸の置き方一つとっても

 

お辞儀の仕方も全てに意味が

あります。

 

そして、その所作・作法の

一つ一つに相手を思いやり

相手に対しての配慮があります。

 

 

 

冒頭の

しっかり自分から挨拶をする人

 

お礼をしっかり伝える人

 

反対に

 

 

相手からの挨拶を待つ人

 

お礼もろくに言わない人

 

の差を、

ただ誰とでもすぐに喋れる人と

 

人と話したり、自分から声を

かけるのが苦手な人

 

と言うことだけで分けては

いけません。

 

 

もし、あなたが自分は

人見知りタイプで後者の方だな

と思っているのなら

 

これをきっかけに前者の方になって

下さい。

 

 

人見知りでも、おしゃべりが苦手でも

頑張って挨拶を自分からしたり

相手にお礼を言うべき時は

きちんとその気持ちを伝えることが

大事です。

 

 

人見知りで・・・なんて言うのは

大人として

言い訳でしかありません。

 

 

相手のことを思いやり

相手に対して敬う気持ちがあれば

 

相手よりも先に挨拶をし

相手に気を遣わせないことも

お礼をきちんと伝えて、

感謝していることを

相手に伝えることも

必ず、出来ます。

 

 

いくら、心の中では感謝しているし

思いやっていると思っていても

しっかり態度に出さないと

それは、していないも同然です。

 

 

そして、そんな思いやりや

敬意のない人のことは

誰も信頼できません。

 

 

ですので、せっかく心の中で

思っているならば

 

それを少し頑張って態度・対応に

することです。

 

それだけで、周囲の人から信頼され

良い縁を作ることができます。

 

 

 

患者さんにもそうです。

 

しっかり信頼関係を築いて

丁寧に対応しているか。

 

忙しいからおざなりで

対応しているかで

 

患者さんからの新規紹介などの状況が

まったく変わってきます。

 

 

 

信頼できる先生

 

礼節のある先生

 

に患者さんは惹かれます。

 

 

 

一回の不信感を持たせてしまう行動で

 

今まで築いた患者さんとの信頼関係が

崩れる事もあります。

 

 

 

 

患者さんも仕事関連の人も

 

自分の家族ではないですから

 

不信感をもたれたらドンドン人が

去っていきますので注意して

いきましょう。

 

 

身近なことで言うと

患者さんからお菓子などを頂く機会

があったりしますよね?

 

受付スタッフに気軽な感じで

「みんなで食べてね」と差し入れ感覚で

下さる方もいらっしゃいますよね。

 

そんな時に、きちんと患者さんにお礼を

直接伝えていますか?

 

受け取ったスタッフだけがお礼を言って

ドクターは何も言わないなんてことに

なっていませんか?

 

 

どんな些細な差し入れであったとしても

患者さんがドクターやスタッフのことを

思って、持ってきてくれたものなのに

 

それに対して、ドクターが無反応である

ことが、どれだけ失礼なことか・・・

 

それが、どれだけ忙しい時であったと

しても、直接お礼を言うことが

患者さんに一番、気持ちが伝わります。

 

こんな事は当然の事だ!

と思われているなら大丈夫ですが、

もし、心当たりのある人は

次回からは必ず、きちんとお礼を

伝えるようにして下さい。

 

 

もちろん、お菓子などを頂いた場合

だけでなくとも、気持ちを直接きちんと

伝える事が大切です。

 

 

 

私生活、ビジネス関連でも勉強会でも

 

おごってもらったり

 

何かわざわざ行動してくれたら

 

必ずその場でしっかりお礼を

言いましょう。

 

また

 

その後にメール等でも、

お礼の一言を告げると良いと

思います。

 

 

そう言った普通の事が

普通に出来る人に

 

良い仕事は回ってきます。

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事