初診患者さんの問診時の注意点とは

自費治療率に影響の出る行動

 

『歯科医院の自費治療に差がでる要素』

http://haisyakaigyo.com/?p=462)の

二つ目の

 

相手の悩みや不安を聞けているか?

 

ですが、

 

これは思っているより重要です。

 

 

経験の浅い先生や自費治療率が

あまり上がらない先生は

総じて患者さんから

大まかな主訴だけを聞いて

終わりにしていることが多いです。

 

 

それに、

「どこが痛い」や「どんな時に痛い」

などだけで、大体の内容を聞いて

診断が出来れば良いと思っている方も

います。

 

 

もちろん大体を聞いただけでも

診断や治療は出来るかもしれません

 

 

実際に、患者さんが痛いと言っている

部位ではない場所に虫歯があったりして

症状が出ていることもあります。

 

患者さんの主訴より

レントゲンや口腔内を見ることの方が

正確な情報を得られるというのも

事実です。

 

 

これは、確かに

治療出来ればOKだと言うならば

 

それでも構わないと思います。

 

 

しかし、今回ここでお伝えしたいことは

 

自費治療率を上げることが出来る

ドクターになるために必要なことです。

 

 

ですので、あえて言います。

 

 

上で言ったような、

患者さんから大まかな主訴しか

聞かないようなドクターでは

 

ダメなのです。

 

 

 

では、視点を変えてみて下さい。

 

先ほど述べたような行動を

患者さんはどう思うでしょうか?

 

 

きっと多くの患者さんは

歯科と言うものに対して

決して楽しいイメージを持っては

いません。

 

 

言ってしまえば

出来ることなら行きたくない場所

でしょう。

 

 

そんな本当はあまり行きたくない

場所に行かなければならない状況。

 

 

歯が痛くて、どうしようもない。

 

我慢できないほどの痛みではないけど

何か違和感がある。

 

症状は人それぞれあると思います。

 

 

しかし、ほとんどの患者さんは

クリニックに来るまでに

いろいろと思っている不安や疑問

を沢山抱えています。

 

 

 

例えば、

 

この歯は抜かなくちゃいけないのかな?

 

治療は、どれくらいの期間が

かかるのかな?

 

費用はどうかな?

 

妊娠中でも、治療していいのかな?

 

腰痛があるから、椅子を長時間

倒されるのは辛いけど大丈夫かな?

 

 

などなど、不安や悩みも様々です。

 

 

 

しかし、これらの患者さんの不安を

しっかり聞きもせず治療に移られると

患者さんは言いたかった事、気になる事

知りたかった事がすべて言えずに

 

 

治療が終わって

なんだかモヤモヤした気持ちが

芽生えてきます。

 

 

 治療をして痛みや違和感が

和らいだとしても、

どこかスッキリしないのです。

 

 

では、どうすれば良いのか?

 

 

私たち歯科医は

虫歯を治すのがすべてではなく

患者さんの気持ちもスッキリさせる事

が重要です。

 

 

人間は理論で生きている様で

ほとんどが感情で動いてます

 

 

ですから虫歯が治ったから

その治療をした先生を信頼する

なんて単純な事ではありません。

 

 

患者さんの気持ちを満たす事も

大切なのです。

 

では、ただ治療をするだけではなく

何をすれば患者さんは

信頼してくれるのか?

 

 

その為には、

相手の話を聞くという事が

重要になってきます。

 

聞く

 

 

と、言っても女性はもともと

お喋りすることが得意なので

そう言ったことも難なく出来るかも

しれませんが

 

男性では、お話をすることに苦手意識が

ある人も多いですよね。

 

 

一体どうすれば

患者さんが話し易い先生だと感じられる

のかが、わからないと思われるかも

しれません。

 

 

ですので、そう言った場合に

以下のポイントを意識してみて下さい。

 

 

それは、患者さんが話している時は


出来る限り口を挟まずに

ウンウンと話をしっかり聞いて下さい。

 

 

多少は診断や治療と関係ない話も

出てくるかと思います。

 

「どこが、いつから、どのように

 痛いのか」

 

こちらが知りたい情報は、それだけ。

 

それでも、患者さんには

昨日のご飯の話、孫の話、仕事の話…

いろんな話を交えて話される方も

多いです。

 

「早く、主訴だけ言って欲しいなぁ。

 イライラ。。。」

 

とならずに、

 

 

それらをしっかり聞くことが大切です。

 

結論を急かしたりしないで下さい。

 

 

もし、話があまりにも逸れていって

しまっているようなら、少しだけ

軌道修正をして、患者さんの話を

傾聴しましょう。

 

そして、いろいろ話を聞いた後に

患者さんに、こう言ってください

 

 

「他に何か気になる事はございますか?

 何でも構わないので

 もしあれば遠慮なく言って下さい。」

 

 

傾聴する事と、最後のこの一言だけで

患者さんは

言いたいけど言えなかった事などを

話してくれたりします。

 

 

その結果、患者さんは

『しっかり話せた』

と満足してくれます。

 

 

 

自分の不安や悩みを、しっかり聞いて

くれると、それだけで

 

「この人は、自分のことを

 理解してくれている」

 

と思います。

 

 

それに何を言っても

しっかり聞いてくれる、受け入れて

くれると思うと、それが歯科医に対する

信頼へと繋がるのです。

 

 

歯科医院や、病院などは、美容院や

お店と違って楽しい気持ちで

行くものではありません。

 

 

患者さんは、何かしらの不安を

抱えて来られています。

 

しかし、だからこそ信頼を得ることは

美容院やお店よりも、実は容易いこと

かもしれません。

 

 

不安な気持ちを取り除けさえすれば

患者さんは信頼してくれます。

 

少しでも、患者さんの不安を失くすには

どうすれば良いのか

 

どういう態度で話を聞くことが

患者さんの心配を聞き出せるのかを

考えるだけでも

行動も変わる事と思います。

 

 

 

しっかり傾聴し

更なる不安を全て聞き出せるように

心がけましょう。

 

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成

自費に影響の出る行動の二つ目の

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事