歯科医師の話を患者さんがすべて信用してる訳ではない。

歯科医師の話を患者さんがすべて信用してる訳ではない。

 

歯科医師になり、治療の説明をすると

患者さんは当然信用してくれてると思ってる方がいるが

 それは大きな間違いである。

 

そもそも、人間は他人をそんなに簡単に信用しない。

 

 

もちろん簡単な事は信用する傾向にあるが、

お金が高くなってくる

労力が多くなってくる

精神的に大変になってくる

 

そう言った負担が大きくなればなるほど

相手の事を鵜呑みにはしないはずである。

 

 

 

もし人を疑うのは悪で

信用するのが美徳であれば、

いつか詐欺師に騙される運命が待っている。

 

もちろん、人を信用しない。

と言う話ではなく簡単に信用しないという事です。

 

 

 

ここで言いたいのは

私たち歯医者も患者さんから

信用されてる訳ではないという事を認識する事が大切です。

 

どんなに勉強して頭が良くても

イコール信用されるではない。

 

 

 

そもそも、セカンドオピニオンに行く患者さんは

最初の先生の診断結果を100%信用してない証拠である。

 

私の話は信用されてないかもしれない。

 

 

そう言った心構えを持って

患者さんへの説明の仕方を改善したり

医院経営を改善する事で

より信用される先生なります。

 

自分の話は患者さんから信用されてると

根本的に思ってると

 

それ以上の変化は起らない。

 

まずこの気持ちを持つ事が大切です。

 

 

 

いろいろな事でも上手く行かない人は、

前提条件を間違って捉えている傾向があります。

 

私の言ってる事は信用されていない。

 

と一度思ってみてはどうでしょうか?

 

 

では、信用を高める方法を次回から紹介します。

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事