歯科医院経営者としての戦略思考からのトップダウン

歯科医院経営者としての

戦略思考からのトップダウン

 

自分のやりたい事。

って、誰でもありますよね。

 

あんなことやこんなこと。

 

 

当然、あなたが歯科医院を

開業していれば

 

自分のしたい治療

自分の買いたい器材

など、技術面、設備面ともに

いろいろあると思います。

 

 

また、それは1つ手に入った

又は実践できたからと言って

 

「満足できた!

 もう何も要らない」

 

というものではなく

一つ達成したら、更に次のものへと

やりたい事は尽きずに出てきます。

 

それは、向上心でもあり

それがあるからこそ

努力してスキルを身につけたり

売上をあげて設備や機器を購入できる

ようにしたりしますよね。

 

自分の歯科医院だし

そうやって、自分のしたいことを

欲しいものを手にしていく事は

当然です。

 

でも、ちょっと待って下さい!!

 

ここで1つ考えてほしいことが

あります。

 

それは・・・

 

そのやりたい事は

『歯科医師としてですか?』

 

ということです。

 

この質問をすれば

 

多くの人は

『そうです。歯科医師としてです』

と言う答えでしょう。

 

 

では、次の質問です。

 

そのやりたい事って

『歯科医院経営者としての戦略的思考

 からすると、どうでしょうか?』

 

この質問をした途端

先ほどのように即答

「そうです」と答えられなくなって

しまう人はたくさんいます。

 

経営者としての戦略的思考で考えると

その、あなたのしたい事をする事は

正しい行動でしょうか。

 

それとも経営的には危うい行動

でしょうか。

 

 

もしかすると、自分がしたいと

思っていることは、歯科医師としては

満足するかもしれませんが

クリニック全体としては

それをする事で厳しい状況になって

いるかもしれません。

 

 

 

何が言いたいかと言うと

歯科医院を経営する経営者して

成功し、成功する歯科医師になりたい

と思うのであれば

 

1人の自分を

歯科医師としての思考と

歯科医院経営者としての思考の2つに

しっかり別けると言う事です。

 

 

 

通常の会社では、

人がたくさんなので

経営者と従業員で人が違います。

 

 

しかし、歯科医院は違います。

院長が一人で、経営者もやりつつ、

歯科医師としての役割も

こなさないといけません。

 

 

 

その際に、経営者の役割の意見

又は、歯科医師としての役割の意見の

どちらか片方だけの意見を強くして

しまうとバランスが悪くなって

しまいます。

 

普通の企業の場合、トップダウン方式

で経営することで、経営が上手くいく

ことが多いです。

 

トップダウン方式とは、簡単に言うと

企業の経営者(経営陣)が意思決定を

し決定事項を従業員達に伝える方法

です。

 

そして、従業員達が、その決定事項を

的確に実行することで、業務が

スムーズに遂行されるというもの

です。

 

 

しかし、先ほども言った通り

歯科医院は、経営者と従業員が

同一人物です。

 

意思決定をするのも

それを実行するのも

自分です。

 

なので、ここで2つの全く違う

役割の自分の境界線が

曖昧になってしまいがちです。

 

 

自分一人ですが、経営者と歯科医師

としての折り合いをつけ

しっかりと別けることが

なかなか難しいのです。

 

 

例えば

経営者的には良いアイディアでも

歯科医師的には悪いアイディアと

なる事もあります。

 

 

その際は、歯科医師の思考として

ストップをかける必要があります。

 

歯科医院は零細企業です。

 

ですので、自らすべてを決めて

行動しないといけません。

誰も指示をしてくれませんし

全て、自分の考えで経営が決まり

ます。

 

これは、自分の思い通りにできると

思うと、一見良いように思います。

 

しかし、本当はこれって

とても大変なことです。

 

自分で、これは間違っているなと

気づけることであれば

立て直すことが出来ますが

自分で気付けていないことであれば

間違った方向へ、どんどん進んで

しまいます。

 

これって怖いことですよね。

 

なので、歯科医院経営者としての

考えと、歯科医師としての考えの

どちらか片方に偏らずに

バランスを持てる思考を

身に着けて下さい。

 

歯科医師としては、現場の気持ちが

大きく反映されると思います。

 

そして、経営者としての意見は

金銭的なこと、運営していくことに

ポイントがあてられていると

思います。

 

そして、このどちらの顔も持つ

歯科医院長はバランスが大事

なのですが、そのバランスを保つ

ためには、ある意味で

自分を律していくことが

必要になります。

 

歯科医の立場の自分は

患者さんの声を直接聞くので

その意見を反映して

こうしたい、ああしたいと言う気持ち

が出ます。

 

 

そして、経営者は経営状況や

金銭的な状況から行動を考えます。

 

自分が、勤務医だったら

経営のことなど、あまり考えないし

コストのこともそんなに気に

しなかったのに

 

いざ開業となると、コストがすごく

気になったりします。

 

 

現場の気持ちと

経営側の声は、対立すると言うよりは

着眼点が違うことが多いですが

どちらかが間違っていて、どちらかが

正しいわけではないことが多いです。

 

これが、企業であれば

「上からの決定事項に従えば

 大丈夫だ」

 

と言うだけで良いのですが

一人二役している院長は

それが難しいですよね。

 

経営的には、こうだけど

現場の感覚としては・・・

 

と、両者の気持ちを持っているので

悩むと思います。

 

これが、片方にどっぷりと思考が

偏ると、その歪が出てしまいます。

 

 

一人二役は大変ですが

逆を言えば、両方の立場の自分の

バランスをとることが出来れば

両方の視点から、患者さんに求め

られる歯科医院を経営していく

方法を考えられるのです。

 

 

コストばかり気にして

診療が杜撰になってしまったり

歯科医の自己満足レベルの

治療への追及などでコストが

かかってしまい過ぎ経営に

影響してしまうことのないように

 

歯科医院経営者として

一従業員でもある歯科医師として

の自分へトップダウン方式を

上手く活用して成功する

歯科医院経営をしてみましょう。

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると

体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。

 

口コミで100医院以上が参加

 

地域で1医院限定なので先着順です!

 

→歯科開業医ネットワーク

 

・ ・

 

歯科開業医ネットワーク 解説アニメ動画

手間なく売り上げを増やすには待合室動画が必須!
でも、動画に50万や100万も払っていませんか?


今だけのお得な特典があります。詳しくはサイトで。



 

→手間なし動画くん

 

→手間なし動画くん



コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 

→歯科開業医ネットワーク



開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事