歯科医院の売り上げと利益はどうなるのか?

突然ですが、問題です。

 

昨年よりも売り上げが

1.5倍になった場合

 

利益は一体どうなるでしょうか。

 

 

 

利益も1.5倍ですか?

 

 

答えを言ってしまう前に

 

 

 

 

 

歯科医院の事でやると難しいので

 

ある家族のお金として

考えてみましょう。

 

 

ある家のお父さんが

月収50万円(手取り)だとします。

 

そして、この家庭の大まかな収支は

 

月収  50万

 

家賃  10万

食費   5万

光熱費  3万

お小遣い 7万

学費   5万

その他 10万

 

 

この家庭だと月収50万で

毎月の貯金額が10万円です。

 

 

 

 

ある日、このお父さんが昇給して

月収が1.5倍アップして

月収75万(手取り)になりました!

 

 

 

パチパチ!お父さん頑張りました。

 

 

 

では、次は75万で計算して

みましょう。

 

 

月収  75万

 

家賃  10万

食費   7万

光熱費  3万

お小遣い10万

学費   5万

その他 10万

 

 

 

せっかく収入が上がったので

食費を2万円アップしました。

お小遣いも3万円アップしました。

 

 

 

でも家賃も光熱費

当然変化はありません。

 

 

学費も、お父さんの収入が上がったから

と言って、すぐに変化はありません。

 

 

では、先ほど同様に貯蓄は

いくらになったでしょうか?

 

月収50万円の時の貯蓄額は10万円。

 

 

それが、月収が1.5倍の75万円に

なると、貯蓄額は 

なんと!30万円です。

 

 

この家庭のケースは収入が

1.5倍になると

貯蓄額が3倍になってます。

 

 

 

 

あくまでこれはモデルケースなので

食費などは家族構成などによって

変わってくると思います。

 

 

しかし、ここで見て欲しいのは収支に

対する費用の割合です。

 

収入が上がっても、変わらない費用が

ありますよね。

 

と言うより、収入が上がったからと

言って上がらない支出が殆どです。

 

 

歯科医院も同じです。

 

なので、冒頭の問題の答えは

 

 

 

 

 

「売り上げが1.5倍になれば

 利益は2~3倍になる」です。

 

 

 

 

その理由は、固定費はまったく

変わらないからです。

 

 

 

歯科医院で言えば、売り上げが

増えると、その分、材料代・技工代など

は、少しは上がってしまうでしょう。

 

 

また、もしかするとスタッフの人数が

カツカツの状態で診療していては

売り上げが上がらず、人員を増員した

結果、売り上げが上がった場合は

人件費も上がりますよね。

 

 

 

しかし、光熱費はほぼ変わりませんし

家賃は変わりませんよね。

 

 

となると、売り上げが1.5倍に

なったからと言っても支出が

あまり変動しないので、家庭の場合と

同じようになります。

 

 

 

 

しかし、

実はこの話には落とし穴があります。

 

 

 

先ほどのモデルケースの家庭ですが

この説明を読んで

 

「ふむふむ。そうかぁ。

 確かに、出費はそんなに増えないから

 貯蓄額が大幅に増えるなぁ」

 

と素直に思えた方もいるかも

しれませんが、何か釈然としないものを

感じた方も多いかと思います。

 

 

 

その違和感は何か?

 

 

 

それは多くの家庭がこの例の様には

ならないからです。

 

 

こんな風になれば、理想的だし

実現できることなのですが

 

なぜ、そうならないのか・・・

 

それについては

次回お話します。

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事