苦手な年代の患者さんはいますか?

苦手な年代の患者さんはいますか?

 

 

多くの先生は、1日20~30人

ぐらいの患者さんを診ていると

思います。

 

大きな声では言えませんが

その中で、苦手な患者さんっていると

思います。

 

 

治療内容が難しい訳でもないけど

なぜか朝にアポ帳をみると

その患者さんが来ると分かって

気が重くなるようなケース。

 

 

 

好き嫌いは無いとは思いますが

話しやすい患者さんもいれば

逆に話し難い患者さんって

いると思います。

 

 

歯科医も人間ですから

だれでも少なからず

そんな気持ちはあるのではないで

しょうか。

 

患者さん全員に対して、特に得意、

不得意がなく、同じように感じている

人の方が稀だと思います。

それを、表に出すか出さないかは

別として。

 

 

この感情を表に出したら

それは問題ですし、大人で仕事として

やっているんだから我慢して下さい。

と言うざるを得ませんが

心の中で思うのは、仕方のない面も

ありますし、そう言うものだと

思います。

 

 

ただ、苦手だなと思う患者さんが

いたり、アポ帳を見て気が重くなる

相手がいるのなら

そのまま過ごさずに

そこで、して欲しい事があります。

 

それは、あなたの苦手な患者さんを

年代や性別などで分類して欲しい

のです。

 

 

苦手だなと思うのには

患者さんのキャラクターによる部分

もありますが

年代や性別で苦手なタイプがあると

言う事も、よく見受けられます。

 

 

よくあるのは20、30代の

女性歯科医師は40代50代の

女性の患者さんがやや苦手という

傾向があります。

 

 

自分では意識していないのですが

調べてみると、意外に特性が同じ

なのです。

 

なので、まずは苦手な患者さんの

属性が無いかを調べる事が大切です。

 

そして、次に、もし大体の属性が

あるのなら、どうして苦手なのかを

考えると良いと思います。

 

 

なんとなく・・・と思っていても

それには絶対に理由があります。

 

 

なんとなく40代50代の女性の患者

さんは苦手。

 

なんとなく、60代以上の男性の患者

さんは得意じゃない。

 

幼児や小学生くらいの子が多い日は

アポ帳を見ると気が重い・・・

 

 

 

苦手意識を持っていると

いつまで経っても

その属性の患者さんと

より良いコミュニケーションが

取れなかったりします。

 

コミュニケーションは最低限

取っておけば良いと思われている

先生もいますが、治療の結果に

コミュニケーションは必ず関連

します。

 

 

そして、患者さんにあなたの苦手意識

は少なからず伝わっています。

 

 

あなたの苦手意識が患者さんに伝わり

患者さんも心を開きにくくなります。

 

そうなると、信頼関係を築くことが

困難になるので、結果として

あなたが求めている治療が

出来なくなってしまいます。

 

 

 

 「なんとなく苦手」を

そのままにせずに

 

 

打開する道はありますから

 

ぜひ自分の苦手な患者さんは

どんな感じなのかを統計を取り

 

そして、

自分の心で探ってみて下さい。

 

 

例えば、40〜50代の女性患者さん

に苦手意識を持っていることが

分かったなら

 

どうして苦手と感じるのかを

書き出してみましょう。

 

小さなことで構わないので

ノートに思いつくこと全てを

書き出すのです。

 

例えば、

  • 話を聞いてくれない
  • 自分の意見を貫く
  • 専門家ではない周りの人の

意見(口コミ)を信じすぎる

 

などなど

 

多分、これをしてみると

もっと多くの項目が出てくると

思います。

 

 

他にも、幼児や小学生くらいの子が

多い日はアポ帳を見ると気が重い…

と言う人は、苦手だと思う理由を

書き出してみると

 

  • 子どもは泣くので治療に手こずる
  • 大きな声で騒いだりするので  

他の患者さんに迷惑でないか心配に

なる治療中、付き添いの親の視線が

気になる

 

などなど

 

確かに仕方のないこともありますが

こうして書き出してみると

解決できそうなことがあることに

気づけます。

 

 

そして、子どもの治療で埋まっている

と気が重い理由は、子どもが嫌!と

言うことが原因ではないことに

気づきます。

 

それならば、その気づいた原因を

1つずつ打開できる方法を考えて

取り除いていけば良いのです。

 

40〜50代の女性が苦手と

思うのであれば

話を聞いてもらうには

どんな風に話せば、話に興味を

持って聞いてもらえるかを考えます。

 

 

こちらが、色々と説明しても

結局、自分の意見を貫く人には

その意見に、こちらが反発するのでは

なく、共感してみると意外と患者さん

の方がコロッと、こちらの意見に

靡くこともあります。

 

 

もちろん、その意見が医学的に

間違っていることなら、共感は

出来ませんが、そうでないのなら

こちらも自分の意見やお勧めすること

だけに拘らず、

「この人は、そう言う考えなんだな」

と割り切って、追わないことも良い

と思います

 

 

自分に考えがあるように、相手にも

考えがあるのは、当然のことです。

 

なので、患者さんの意見も認めて

聞き流せるくらいになれば

ストレスには感じないでしょう。

 

また、子どものアポイントが多い日も

同様です。

 

子どもが多いと気が重くなると言う人

は程度の差はありますが

結構多いものです。

 

しかし、その原因はよくよく考えて

みると子ども自身ではなく、

『親』であることが多いです。

 

治療を見られている視線であったり

説明を聞いている時の、少し疑いを

持っているような反応・・・

 

 

親は子どものことが心配なのは

当然なので、どうしても子どもが

痛がったり、嫌がったりすると

過剰に反応してしまいます。

 

 

「この先生、

 ちゃんと診てくれてるのかしら?」

 

「子どもが痛がっているようだけど

 大丈夫かな?」

 

「この先生、子ども相手だと思って

 治療を少しテキトーにしている

 かも」

 

と、親は自分が治療をされている時

以上にドクターに疑いの目を向けて

います。

 

そして、それがこちらにも伝わるから

余計に、やり辛いのです。

 

親は心配するのは、不安があるから

です。

 

ならば、その不安を最小限にすること

で解決出来ます。

 

では、親の不安を最小限にするため

には何が有効か?

 

 

それは、コミュニケーションと

説明です。

 

やり辛いからと、親や子どもとの

コミュニケーションを少なくして

しまう人がいますが、そうすると

患者さんは余計に警戒心を持って

しまいます。

 

 

なので、

積極的にコミュニケーションを

こちらからとるように

しましょうl。

 

また、説明も少し過剰かな?

と思われるくらい丁寧に、そして

マメにすると患者さんは安心して

くれます。

 

 

このように、自分でも気づいて

いなかった苦手な年代の患者さんを

把握し、その原因を探ることで

解決策を考え、打開策を打ち立て

ましょう。

 

1つずつの行動は小さなものでも

着実に実践していくことで

苦手な年代の患者さんが

いなくなるかもしれませんよ。

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

コスト低く、

手間がなく経営効果を出したい。

 

口コミで100医院以上が参加

 

地域で1医院限定なので先着順です!

 

→歯科開業医ネット

 

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 



開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事