患者減の歯科業界を知りたいですか?

 

 開業を考えている中、

辛い現状ですが歯科業界は

将来が暗いと言われています。

 

こんな事を言われると

「今後の歯科業界は、どうなるの?」

と不安になってしまいますね。

 

 

しかし、これから医院を経営していこうと

考えているなら、現実をしっかり把握して

おく必要があります。

 

 

 

それでは、実際どれほど暗いのでしょうか?

 

 

 

今と比べて2030年には 

歯科医院一件当たりの患者さん数が

なんと25%も減る可能性があります。

 

2030年なんて、かなり先の話に聞こえますが、

そんなことはありません!

 

あと十数年です。

 

 

せっかく開業して、落ち着いてきた頃に

患者さん減少問題に直面することに

なってしまいます。

 

 

25%も患者さんが減ってしまっては、

単純に売上も25%減少。

 

 

開業資金の返済もまだある時期なのに、

これは、かなり痛手です。

 

 

では、どうすればいいのか?

 

 

 

それには、勤務医のうちから準備をする

必要があります!

 

 

患者さん減少!溢れる歯科医師。。。

 

ただでさえ現状でも、

歯科医はワーキングプアとテレビや

雑誌などで騒がれている状態なのに

そこから患者さん数が25%も

減る可能性があるんです。

 

 

 自分だけの生活なら、

ワーキングプアでも生きていけますが

医院を経営している立場であった場合、

それだけで安心はできません。

 

 

ワーキングプアの状態まで行くと、

クリニックの存続が厳しくなる状況です。

 

 

 

 

 

では実際どうしてそれほど減るのかを

データで、お教えしますね。

 

あなたも歯科医師は多いと聞いていると

思いますが、実際日本には、

どのくらい歯科医師がいるのかを

知っていますか?

 

 

 

なんと

歯科医師数はもう10万人突破

しているんです。

 

そして2030年には13万5000人

になると予測されています。

 

 

 

歯科医師の数が増えれば

当然、開業医もそれに伴い増加します。

 

歯科医院の数は2010年には7万件

2030年には8万件以上になると

予測されています。

 

 

歯科医院数は約1.2倍に。

『えーーー!』と叫びたくなる数字ですね。

 

ここまで、見るだけでも、辛くなってきますね。。。

しかし、これだけではありません。

なんと、まだプラスで深刻な問題が、

実はあるのです!

 

 

それは、人口のピークが2008年だという事。

その為、この先ドンドン人口減少が起こり

歯科界は二重苦の状態であると言える。

 

 

歯科医院数が 7万 → 8万1000人

これで約15%のダウン

それに人口の減少が加わる。

1億3000万人 → 1億1500万

これでも約12%ダウン

 

両方を掛け合わせて

約25%のダウンとなります。

この25%ダウンと言ったって

2010年頃と比べての状態

 

 

すでに歯科医はワーキングプアと

言われている様な時期と比べて、

さらに将来は25%ダウン・・・。

 

 

もちろん私たちの親がバリバリ働いていた頃は

もっともっと楽な時代だったと思います。

 

もし、あなたの親が医者や歯医者の方なら、

親に育ててもらった頃の

生活とのギャップを将来感じることに

なるでしょう

 

しかし、これは何も歯科医師が特別

というわけではありません。

 

 

親世代では、父親が仕事をし

母親は専業主婦で家庭を守る

というスタイルが一般的でした。

 

 

しかし、今の時代は女性も、育児もそこそこに

仕事に復帰し、ダブルインカムで家計を支える

というスタイルが普通になってきました。

 

 

自分が子供の頃のような生活を、自分の子供にも!

と思うと、やはりこのスタイルでないと

なかなか難しい時代のようです。

 

 

 

それはさておき、

参考にですが、開業医と開業歯科医の

平均年収の格差が広がってきています。

 

開業医平均年収:開業歯科医平均年収は

100:42。

なんと2.4倍も違うのです。

同じ医療なのにずいぶん違いますね・・・。

 

 

と言って、時代や、開業医と開業歯科医の

年収の差を嘆いていても仕方ありません。

 

 

それよりも、まずは開業歯科医になってからも

患者さん25%減少問題の煽りを受けない、

歯科医院を経営していくことを

考える必要があります。

 

 

 

いくら、今後歯科医院の増加や人口減少により

患者さん数が平均的に減少しようと、あくまで

25%減少というのは「平均値」です。

 

 

 

極端に言ってしまえば、

50%減っちゃう医院もあれば0%、

つまり患者さん数が減らない医院だって

あるわけです。

 

それなら、勿論、後者の医院になりたいですよね。

 

 

歯科医院の数は増加するということは、

他院より何かが秀でていないと

患者さんには選ばれません。

 

 

 

逆に言えば、特色があり秀でていれば

数多くの歯科医院の中から

自分の医院は選ばれるのです。

 

 

また流行っている医院であれば

口コミでも患者さんは

どんどんやって来てくれます。

 

25%という平均値はあくまで平均値。

 

歯科医院の数が増えようと、

人口が減少しようと選ばれます。

 

 

では、そうなるためには

どうすれば良いのでしょうか?

 

 

いざ、その時に焦って対策を練るのでは、

時すでに遅し。。。

 

そうならないためにも、

勤務歯科医である今からコツコツと、

知識やスキルを学んで備えておく必要があります。

 

 

この期間に、しっかり知識をつけておけば

開業してからも、医院を存続できるのかという

不安を感じることはありません。

 

自分のスタイルに自信を持って、

医院を運営していくことができるでしょう。

 

 

もし開業して成功する歯科医院を作りたいので

あれば、今からすぐにメルマガで

歯科医院経営スキルを学ぶと良いです。

 

すぐ下の登録ボックスから登録すれば

明日から貴重な情報を毎日学ぶ事が出来ます。

    

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事