歯科医院開業して初診患者さんが少ない時には

前回の

『来院数が平均的に少ない医院が

 すべき事』

 

 

http://haisyakaigyo.com/?p=960

 

 

 

の続きです。

 

 

前回、

アポが空いている時にすべき事を

3つご紹介しました。

 

今回は、

具体的な行動の4つ目以降を

お伝えしていきます。

 

 

初診患者さんから電話があった時に

 アポイントを

 「どこでも大丈夫

  誘導しない。

 

これは、前回の

初診予約はを空いている時間に

 入れない。

 

と一緒か?と思われるかもしれません

が、少し違います。

 

③では、実際に来院された

初診患者さんに空いていると

思わせないようにするためでしたが

 

今回のは、電話対応ひとつで

患者さんに空いているクリニックと

思われないようにするための

方法です。

 

初診患者さんから電話があった場合に

 

「今日、予約を取りたい」

と言われたら

 

出来る事なら、

この様に言ってください。

 

『今日でしたら、何時と何時だけは

 ご予約が空いておりますが

 いかがでしょうか?』

 

 

 

と聞くようにします。

 

 

決して

『今日は、大体何時でも

 大丈夫ですよ。』

 

なんて言わないで下さいね。

 

 

こう言ってしまうと

いつでもアポが取れる=暇

 

で、暗に

 

「うちは流行ってませんよ。」

と言っている様な感じです。

 

なので、もし本当は大体の時間が

空いていたとしても

こちらから候補を出して

 

その時間『だけ』空いている

他の時間は予約があると

 

思われるようにした方が良い

でしょう。

 

 

 

ユニットが数台ある場合

 手前からお通しする。

 

 

 

空いているのに入り口から遠い

ユニットに患者さんを通さないように

しましょう。

 

個室や半個室で奥が見えなければ

より意味があります。

 

 

パチンコ屋で

店の一番奥だけ出玉がたくさんで

 

入り口付近は全く当たっていなければ

 

お客さんは

このお店は、あまり当たらない店かも

と思ってしまいます。

 

 

逆に入り口付近の、通りから見える

ところだけ、出玉が多ければ

 

それだけで、

「このお店、よく当たるのかな」

 

と思われます。

 

 

レセプト枚数を上げるためには

初診患者の獲得は必至です。

 

 

そのためには、

 

空いていて人気がないクリニックと

思われないようにする必要が

あります。

 

 

前回と今回でお伝えした5つの

ポイントは

 

既存患者さんもそうですが

初診患者さん、また初診患者さんに

なり得る人たちへの

アピールです。

 

 

 

細かい事かもしれませんが

細かい事をコツコツやった先に

 

患者さんで溢れる歯科医院が

生まれます。

 

 

今は、患者さんが少ないと悩んでいる

かもしれませんが

 

きちんと、すべきことをして行けば

必ず結果として表れてきます。

 

そのためには、戦略が必要です。

 

悩みを抱えている時には

胡散臭いセミナーなどで

「これだけで、年収1億円に!」

なんて謳い文句が飛び込んできたり

します。

 

そして、それらで言われるのは

派手な内容の戦略です。

 

高い広告費をかけて、目立たせる

 

高い自費治療を売りにする

 

最新設備に投資し、売りにする

 

 

などなど・・・

 

 

どれも、確かにイメージを一新しそう

な感じがありますし

 

派手な感じで、改革戦略!!という

気にはなります。

 

 

しかし、こんな戦略を実行するには

リスクも伴います。

 

 

そして、もしそれで集患できたと

しても

 

中身が伴っていないと結局

その人気は一過性のものとなり

 

費用をかけたのに

長続きはしなかった

 

なんて残念なことになって

しまいます。

 

 

アポイントが空いていて

 

初診患者さんが少ない

 

という時に、

 

何かガラッと状況が変わるように

願うのは当然です。

 

 

しかし、

歯科医院経営というのは

宝くじの様に

一発逆転なんて必殺技はありませんし

 

そんなものに人生を託すのは

運否天賦に任せるのと一緒です。

 

 

 

天に任せるのではなく

一発逆転を夢見て

ギャンブラーになるのではなく

自分の実力で引き寄せましょう。

 

 

そのためには、地味だと思えること

でも、出来ることから実行して

下さい。

 

 

派手な戦略では、本当か嘘か

 

「一ヶ月で初診患者さんが

 20人は増えます!」

 

と謳われているかもしれません。

 

 

私が今回、お伝えしたポイント5つ

では、一ヶ月では、もしかすると

初診患者さんが5人増えるだけかも

しれません。

 

 

しかし、こんな細かいことでも

確実に続けて行けば

 

着実に患者さんは増えていきます。

 

 

そして、このようなことでも

真面目に取り組むことで

 

ここに書いていないようなことに

自分たちで気づくことも

あると思います。

 

自分も含め、スタッフたちも

どうすれば患者さんが増えるのか

考えられるようになることで

 

その増患は、一過性のものではなく

なるでしょう。

 

 

そうなれば、怪しいセミナーで

紹介される、コストのかかる

一過性の方法より

余程効果がありますし

 

また、自分達で頑張った結果として

初診患者さんが増えたという

実感と達成感があります。

 

 

この達成感は、何も大きなことを

したから得られるものではなく

 

日常的に行うことは

些細なことでも

 

結果となって表れてくれることから

得られるものです。

 

開業当初から、ずっと患者さんで

溢れる歯科医院を経営できる人は

少ないと思います。

 

 

多くは、開業直後に初診を獲得できず

に悩み

 

また、開業直後はうまく集患できて

いたのが

 

開業半年ほどして、開業時に初診で

通院していた患者さんたちが

 

治療を終了していくと

そこから新たな患者さんが増えなく

なってしまった・・・

など

 

パターンはいろいろとあります。

 

 

 

しかし、どのパターンの場合でも

小さなことですが、まずはやれること

から、実践してみて下さい。

 

少しずつでも、成果が出るはずです。

 

 

 

 

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事