リスクを直視する

歯科医院を経営していく上で考える
重要な問題があります。

 

もちろん開業せずに勤務の先生でも同じです。

 

 

それは人生のリスクを直視することです。

 

リスクとは

 

ある行動をすることによって、
(あるいは行動しないことによって)

 

損したり危険になったりする可能性を
意味する事です。

 

人生にリスクは誰にでもつきまといます。

 

・患者さん数が減ったり

 

・自費が突然下がったり

 

・スタッフが辞めたり

 

・解雇や減給されたり

 

・病気になったり

 

・事故に遭ったり

 

 

これ以外にも様々あります。

 

人生にリスクがつきまとうのは
誰でも分かると思います。

 

でも重要なのは
リスクを知ることではありません。

 

 

なぜなら、
人間の95%はリスクを知っても
こう考えます。

 

 

『私は大丈夫だろう。』

 

『うちは上手くいっているし。』

 

『周りも平気そうだし。』

 

『今まで問題無かったし。』

 

 

と言うように
『大丈夫でしょ。』的な思考になります。

 

なぜこう考えるのか?

 

それには人間の2つの心理があります。

 

 


①面倒臭いことを避ける。

人間の根本は、
楽で早く結果を求めます。

 

だから
楽なダイエットが次から次へと生まれます。

 

「たった○○するだけで。」
と言うタイトルのノウハウ本が溢れてますが

 

でも実際には
人生が変わってないケースが多々です。

 

②明確な答えがない問題を避ける

 

誰でも悩みに対して
明確な答えが欲しいものです。

 

これは学校教育の影響なのですが、

 

問題には
明確な答えがあるとの思考です。

 

でも人生の問題には
明確な答えがない方が多いです。

 

これさえやれば人生が上手くいくって道はないです。

 

歯科医師人生も同じです。

 

必ず答えのない問題を考える必要があります。

 

ただ明確な答えがないから
止めてしまう人が多いのです。

 

 

 

 

話を戻しますが、
①と②の思考の結果何が起こるかというと

 

希望的観測という思考に行き着きます。

 

 


悪いことは起こらない、大丈夫だろう”

 

”今まで平気だったし、平気だよね”

 

 


と言う全く裏付けのない希望をもとに
リスクを見ないようにするのです。

 

貴希望的観測を人生の中で
取り入れば取り入れるほど、

 

リスクはドンドン貯まっていきます。

 

リスクが多くなればなるほど、

 

5年後10年後に
大きな問題となって表面化したりします。

 

そして大きな問題が出たときに、
自分の考え方が甘かったと気付きます。

 

もちろん
予期できないリスクなら仕方ないですが、

 

予期できるリスクの方が多いです。

 

なので大切なのは
自分のリスクを直視することです。

 

 

”私には起こらない”ではなく、

”もしかしたらこんな問題が起こるかも知れない”

と起こることを前提に受け止めることです。

受け止めることで次の一歩にいけます。

 

これが非常に重要です!

 

次回はリスクを知る方法や
直視した後の方法をお伝えします。

 

 

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 



開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事