歯科の滅菌が話題になっているが、経営的に何をすれば良いのか?

歯科の滅菌が話題になっているが

経営的に何をすれば良いのか?

 

 

最近、Yahoo!ニュースやテレビで

歯科の滅菌の事が話題に

上がっています。

 

どんな内容かと言うと、

 

・歯科のタービンを滅菌してなくて

 使い回している歯科医院がある。

 

・患者さん毎にグローブを

 変えてない歯科医院がある。

 

そんな内容です。

 

外来環を算定する際は、

患者さん毎の滅菌が義務づけ

られていますし、世論が滅菌を

正しくやっている歯科医院を

求めているのだと思います。

 

治療中で顔を近づけてる

 

ただ、ここで多くの歯科医師が

気になっている事があります。

 

『滅菌が大切なのは分かって

 いるけど、コストがかかる。

 でも、患者さんはそれを

 理解してくれてない。

 近くの歯科医院は滅菌が雑なのに

 同じように思われている。』

 

などの、膨大なコストがかかる滅菌に
やや経営的な負担を感じている先生が

いるのも事実です。

 

 

そもそも滅菌が

経営的にも労力的にも

負担が0であれば

すべてのクリニックがやるはずです。

 

すべてのクリニックがやらないと

言うことは、それなりの理由がある

って事です。

 

要は経済的か労力的な問題です。

 

 

 

でも、どんなに経済的や労力的な

負担があっても、医療機関として

滅菌をするのは当然のことだと

私は思っています。

 

 

しかし、ここで重要な事が

あります。

 

 

滅菌をしっかりするのは

当たり前ですが

それで終わってはダメです。

 

重要なのは滅菌について

しっかり来院患者さんにアピール

することです。

 

ここが出来るかどうかが

ポイントです。

 

しっかり自分のクリニックの

滅菌をアピール出来れば

地域で安心できる歯科医院としての

地位を確立出来ます。

 

しっかり滅菌をしているなら

それを患者さんに伝えて下さい。

 

ただ伝えれば良いか分からない先生は

こんな方法もあります。

 

http://haisyakaigyo.com/?page_id=3014

 

滅菌についてもそうですが、

それ以外にも地域でブランド化するための

システムがあります。

 

IMG_7576

 

今後は、歯科医院が更に増えます。

逆に人口は減少していきます。

 

今は経営的に問題無いと思っていても
アッという間に状況を変わる可能性を

秘めています。

 

もし隣に新しい歯科医院が出来れば

すぐに変化するでしょう。

 

気付いている先生は

すでにその為に行動をしています。

 

http://haisyakaigyo.com/?page_id=3014

 

 

今から対応するか?

現実になってから対応するか?

 

どっちの結果が良いかは、明確だと思います。

 

最短で結果がでる仕組みを導入できる!

患者さんが溢れる地域NO.1ブランド化システム

↓  ↓  ↓  ↓  ↓
詳細はこちら

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 



開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事