歯科医院の口コミや評判につなげる

前回『患者さんからの歯科医院の紹介を増やす』

http://haisyakaigyo.com/?p=656)で

 

医院のパンフレットを製作することを

お勧めしました。

 

そして、今回はそれに引き続き、さらに具体的な

 

「パンフレットの中身はどうしたら良いのか」

 

をお話します。

 

 

 

 

前回も触れましたが、パンフレットは

最初は業者に頼まず、自分で製作したもの

で良いとお伝えしましたよね。

 

 

ただ、こう言うと

 

「パンフレットなんて 自分には作れない」

 

と尻込みしてしまう人がいます。

 

 

 

 

でも、そんなに難しいものではありません。

ポイントを押さえてさえおけば、

患者さんにも情報がしっかり伝わる

良いパンフレットを作る事ができますので

安心して下さい。

 

 

 

では、そのポイントです。

 

 

①表は医院名とイラストやデザイン

 

パンフレットの『顔』となるオモテ面は

出来るだけ、雰囲気が良い感じの

イラストにしてください。

 

イラストが医院のコンセプトや雰囲気と

合わないと言うのであれば、

 

 

イラストでなくても構いません。

 

ただ、医院の良さが、伝わるデザインにしましょう。

 

例えば、医院のコンセプトカラーは

綺麗な落ち着いた黄緑なのに、

パンフレットの表の色が

 

真っ黒に赤字で医院名

 

だったとしたら・・・

違和感がありすぎですよね。

 

 

そして、その配色は強烈すぎて

なんだか痛い治療をされる歯科医院の

イメージを植え付けてしまいそうです。

 

また、イラストが好きだからと言って

オモテ面にたくさんのイラストを掲載し

小さな文字もごちゃごちゃとさせるのも

あまりお勧めできません。

 

 

 

これは個人の趣味もありますが

大抵の場合は、あまりごちゃごちゃ

させてしまうと落ち着いた雰囲気とは

かけ離れてしまいます。

 

 

また、それこそデザイナーが

作るものであれば、そこはプロなので

ごちゃごちゃしていてもお洒落な

デザインを作る事が出来るでしょう。

 

 

しかし、自分で作る場合は

ごちゃごちゃしたデザインは

お洒落にも見えにくいものです。

 

 

 

まずは手に取る人が、それを開けて 

中を読んでみたい

と思う感じの雰囲気にしてください。

 

 

この時点でダサい印象や怖そうな雰囲気を

醸し出してしまうパンフレットだと

誰も読みたいと思わないので

手に取られません。

 

 

 

 

②裏は地図・診療時間・電話番号

 

ここで一番重要なのは電話番号です。

 

 

 

なぜならパンフレットをみて

次にやって欲しい行動は電話予約だからです。

 

パンフレットを置く場所にもよりますが、

医院前に設置する場合、医院の場所は

既知の情報ですよね。

 

ただ、前回もお伝えしたように、既患者さんが

お知り合いの方に紹介する際にパンフレットを

渡して下さる場合には、地図も必要です。

 

 

ですが、何よりも目立つようにして欲しいのは

電話番号です。

 

もし、電話番号が分かりづらい場所に

掲載されていたり、文字の大きさが小さくて

探さないといけないようでは、

パンフレットの価値が下がります。

 

 

③中面はクリニックの雰囲気写真

 

クリニック内がどうなっているのかは

患者さんが、とても知りたい情報です。

 

 

だからと言って、内覧してから

通院を決める患者さんは、ほとんどいませんよね。

 

でも患者さんは、本当は医院内の様子も知った上で

通院を決めたいと思っています。

 

 

 

医院内は、どんな雰囲気なのか、

明るいのか?

落ち着いた感じなのか?

個室になっているのか?

 

など知りたいことは、沢山です。

 

 

 

ですので、それらが出来るだけ伝わるような

クリニック内の写真を載せてください。

 

そして、この時医院内の風景だけを

載せる人がいますが、必ずスタッフなどの

「人」の存在も少しだけでも良いので出して下さい。

 

 

 

人が写っている方が、無機質な感じがなくなり、

さらに雰囲気が伝わりやすくなります。

 

 

 

 

④院内のアピール

 

ここは、それぞれのクリニックで違いますが

医院のアピールすべき内容を書いてください。

 

 

 

例えば、

・治療に関するもの

・医院の内装のこと

・キッズルームがあること

・最新機器を導入していること

・カウンセリングに力を入れている

 

などなど・・・

色々あると思います。

 

そして、アピールしたいところは、

きっと沢山あることでしょう。

 

 

しかし、ここでもポイントが一つ。

それは、書きすぎないという事が重要です。

 

書く量としては、2~3項目にしてください。

 

 

たくさんアピールしたくても、あれもこれもと

詰め込めば詰め込むほど、

一つひとつの特色が薄まってしまいます。

 

飲食店のメニューを思い浮かべてください。

沢山のメニューに、

 

「当店一押し!!」「人気ナンバー1」

 

と書かれていたら、全然参考になりませんよね。

それどころか、なんだか胡散臭さまで

感じてしまいます・・・

 

 

確かにどれも美味しい料理

なのかもしれませんが、

このメニューを見て、お客さんは

このお店の本当の一押し料理が何かを

見つけることは出来ません。

 

 

そして、そのお店の特色も掴めません。

 

いや、もしかすると

「ごちゃごちゃしたお店」というイメージが

特色として印象に残るかもしれません。

 

 

せっかくのアピールポイントが、

ちゃんと伝わらないのでは、

 

元も子もありませんよね。

 

そうならない為にも、

最もアピールしたい、すべき項目を

2〜3個厳選して掲載して下さい。

 

 

 

 

ここまで4つのポイントを挙げてきました。

「色々と制約があるなぁ。

センス良くできるかな?」と不安になる前に

あまり凝り過ぎずに

まずはパソコンで作ってみると良いでしょう。

 

 

そこそこパソコンが出来れば

2~3時間程度で出来ると思います。

 

まずはトライですね!

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事