歯科医院の名刺活用で口コミを増やす。

今日は名刺の話をします。

 

会社員であれば

名刺を持っているのは

当然のことですが

 

歯科医は持っていない人も

多くいます。

 

 

 

しかし、院長になると何かと使用する

機会も多いので、ビジネス用の名刺を

持つ人が多いです。

 

 

確かに、歯科医に名刺は必須ではない

ですが、私は是非作ることを

おすすめします。

 

 

 

歯科医がそんなに名刺を使うことが

あるかな?

 

 

と思うかもしれませんが

開業準備の時から開業後しばらくの間は

多くの業者さんと知り合う事にも

なります。

 

 

また、セミナーや勉強会に参加した時に

他のDRと知り合う事もあるでしょう。

そんな時に活用できます。

 

 

しかし、今回私がおすすめしたいのは

 

対 他DRや業者さんに渡すもの

 

ではなく

 

対 患者さん にお渡しする名刺

です。

 

 

ここで、「じゃあ・・・」と

何も考えずに作ってしまうと

とても勿体無い事になってしまいます。

 

 

それは、名刺を作ろうと言うと

多くの人は、一般のビジネス用の名刺

を作ります。

 

 

 

あいうえお歯科

 

院長 伊勢海 信宏

 

 

 

って感じの普通の名刺です。

 

今回、私が作ることをおすすめ

しているのは患者さんにお渡し

できる名刺です。

 

 

これが、上に書いたような

 

医院名と院長名が書かれているだけの

名刺だったら、せっかくの名刺の効用は

残念ながら発揮できない事でしょう。

 

 

なぜなら、こんな名刺に

 

何の意味があるのでしょうか?

 

患者さんに名前を覚えてもらうため

でしょうか。

 

 

 

 

名刺交換をしたことがある人なら

たいていの人が経験していると

思いますが、名刺はその場では

受け取りはするけれども

必要のないものは、ゴミ箱へ直行です。

 

 

そして自分に必要、もしくは有益で

あるものだけを手元に残します。

 

 

 

では、先ほどの名刺はどちらに

なるでしょう。

 

 

たぶん、前者。

ほとんどすぐにゴミ箱行きです。

 

 

 

 

 

 

とりあえず、患者さんも受け取りは

しますが

 

それは、患者さんは、その名刺を

本当に欲しいと思って受け取って

いるのでしょうか?

 

 

 

想像してみて下さい。

 

あなた自身が風邪の時に内科に行って

 

名刺をもらったら・・・

 

正直、どうして良いか分からない

ですよね。

 

 

 

もちろん無下に断ることせずに

受け取るでしょう。

 

 

しかし、風邪でしんどい時に、名刺?

一体、どう言う意図なんだろう?

 

 

なんて、色々と思うことも

あるでしょう。

 

しかし、結局のところ

家に帰ってからゴミ箱へポイ。。。

そんなものです。

 

 

でも、これは正に自分が、

何の変哲も無いビジネス用の

名刺を作って、患者さんに

お渡しするのと同じことです。

 

 

 

では、こうならない為には

どうすべきなのか?

 

 

 

 

それには 、

名刺ひとつも活用を考える事が必要です。

 

 

 

そもそも、名刺は自己紹介のアイテム

 

 

の一つです。

 

それ1枚で全てとは、さすがに

云いませんが、受け取った人に

自分のことを知ってもらう為の

とても優れたツールです。

 

 

しかし、先ほどのようなシンプル

すぎる名刺では、それ一つで上手く

相手に自分のことを知ってもらう

ツールとしては程遠いです。

 

 

 

では名刺の上手な活用って

何でしょうか?

 

 

それは二つあります。

 

 医院の強みのアピール

 

 コミュニケーションのきっかけ

 

 どちらも、

 

 

あいうえお歯科

 

院長 伊勢海 信宏

 

 

のようなシンプルすぎる名刺では

実践できていませんよね?

 

どうせ名刺を作るなら

しっかり有効活用できる名刺を

作らないともったいないです。

 

 

上手に活用できる名刺を作ること

が出来れば、名刺が、ゴミ箱に

捨てられることもありません。

 

 

それどころか、看板やパンフレット

と同様に医院の立派な広告塔に

なってくれます。

 

 

 こういった名刺なら、渡す自分も

嬉しいですが、それ以上にもらう相手

も嬉しいものです。

 

 

名刺交換していても

自分に有益でないなと思うものに

関しては

 

“一応”もらいはするものの・・・

 

でしたが、自分に有益である名刺なら

 

欲しい!

 

と思いますよね。

 

 

 

名刺ではありませんが、

飲食店などのレジ横に置かれている

そのお店の店名や地図、電話番号

などが掲載されている

「ショップカード」なんて、

まさにその典型です。

 

 

 

あれには、特にお得になるクーポンが

ついている訳でもないのに

美味しいお店だと特に、思わず

持ち帰ってしまいますよね。

 

 

置いているだけなのに

自分から欲しくなって持って帰られる

なんて、これが自分の名刺だったら

とても良いです。

 

 

 

でも、先ほど挙げた2つのポイントを

反映するだけで、あなたの名刺も

ショップカードのようになれます。

 

 

 

今回は名刺のお話ですが、

以前お話したパンフレットも同じことで

目的意識をもって

いろいろと作って行くことが大切です。

 

 

ただ、そうは言っても

 

①医院の強みのアピール

 

は分かっても

 

 

②コミュニケーションのきっかけ

 

と言うのが

よく分からない人がいると思います。

 

 

 

ですので次回、

名刺の内容の詳細をお伝えしますね。

 

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事