患者さんに親近感・安心感を感じてもらえる歯科医師になる

以前、

『歯科医院の名刺活用で口コミを増やす。』

http://haisyakaigyo.com/?p=661)で、

 

名刺を作る事をお勧めしました。

 

 

また、ただ作るだけではなく、

それをどのように活用できるのか?

活用したいのか?

 

と言った「名刺の活用の目的意識」を

もって作るのが良いとお話しました。

 

 

その活用目的とは

 

 

 医院の強みのアピール

 

 コミュニケーションのきっかけ

 

です。

 

そして、今回はこの2つの事項について、

詳しく説明していきたいと思います。

 

 

 

 

まず①の医院の強みのアピールですが

 

これは、そのまま医院の強みを書いてください。

 

 

 

 

しかし!「強み」を唯々、思いつく限りに

書いていけば良いと言うものでは

ありません。

 

そもそも、名刺にはそんな長々と書けません。

 

 

 

名刺は大きさの限られたものです。

沢山の情報や文字を、紙いっぱいに

ぎゅうぎゅうに詰め込んでしまっては、

見難いし、一体何が大事なのか伝わりませんよね。

 

 

 

これは看板の製作する際のポイントでも

同じ事をお話しましたよね。

 

広告媒体は、インパクトとパッと見て目に、

そして記憶に入ってくる見易さが、大事です。

 

 

 

とは言え、自分の医院のこと。

 

せっかくだったら、アピールしたい

「強み」は沢山ありますよね。

 

きっと、名刺に書きたいことも

いくつも挙がってくると思います。

 

 

 

そんな場合に、この問題を解決するには、

伝えたいアピールすべき「強み」を、

キャッチコピー式にまとめてみると良いです。

 

 

 

 

例えば、アピールすべき強みで、こんな文章が思い

浮かんだ場合・・・

 

「最新の設備と治療で、高精度の治療をして   

 おります。

 

 また、歯周病治療や予防治療などにも力を入れ 

 ておりますので、ご自身の歯の寿命を延ばす

 お手伝いを致します!」

 

や、

 

「当院は、可能な限り無痛治療を心がけ、

 歯医者=痛い と言うイメージをなくし、

 患者さんに、治療は痛くて怖いと思われない事

 をモットーにしています。」

 

とあったとしたら、

 

如何でしょう?

 

普通に読む分には、まだ良いですが、

これが名刺サイズに書かれていると考えると・・・

 

 

 

 

隙間なく、文字で真っ黒な名刺になりそうですよね。

 

ある意味、インパクトはありますが、

果たして、もらった人が

しっかり目を通してくれるかと言うと

微妙なところです。

 

 

これは、まさにアピールしたい「強み」が多く、

それをそのままにした状態です。

 

 

しかし先程、提案した通り

「キャッチコピー式に」

まとめてみると、

 

 

 

 

・精度の高い治療で歯の寿命を延ばしましょう!

 

・痛くない治療をする事を大切にしております。

 

と、こんな感じになります。

 

これなら、名刺に書かれていたとしても、

読みやすいし、すっと目に入ってきますよね。

その上、内容も理解し易いです。

 

 

 ですので、このように

すごく短い文で医院の強みを出してください。

 

 

 

 

看板作製やパンフレット作製の時と同様ですが、

あんまり多くアピールしても

一つずつが薄まってしまうので

 

名刺なら一つだけに絞ってください。

 

 

 

 

次に②のコミュニケーションのきっかけですが

 

これは名刺を持つ本人である、そのドクターや

衛生士の

 

プライベートの事を載せてください。

 

 

私のケースだと

 

子供が二人います!

とか

登山やキャンプ・テニスが趣味です。

 

 

私は死にそうになった事があると言う情報まで

内容を3行でまとめて書いています。

 

なかなか、死にそうになった事まで書く人は

いないと思いますが、要は

 

 

べたな感じの事でも良いので、個人情報を載せる事です。

 

 

これが、話のきっかけになります。

 

 

自分も名刺をもらう立場だったら、名刺に

名前や社名以外の情報が書かれていたら

目が行きますよね。

 

その内容が、どんな事であっても、見て思わず

「へぇ」となると思います。

 

そして、もらった側の人が、

コミュニケーション能力に長けている人なら

すかさず内容について

話をしてきてくれるでしょう。

 

 

もし、あまりお喋り好きな人でなかったとしても、

名刺を渡した際に、「ふーん」と

目を通してる様子を見たら、すかさず自分から

内容について一言でも話せば、それだけで

名刺の内容がかなり印象に残ります。

 

 

 

 

またプライベートの事を出すことで親近感がわきます。

 

 

この相手に親近感を沸かせるうのが

すごく大切です。

 

 

 

とかくお医者さんには権威性を感じてしまい

 

雑談しにくいと思っている人は多くいます。

 

しかし、そこでプライベートな情報を出すことにより、

これを多少解消できます。

 

これは、もちろん権威性を感じている相手に対しても

有効ですが、自分の立場に置き換えてみると

わかり易いかもしれません。

 

 

 

例えば、年配の男性で、いつも必要最低限しか

喋らない患者さんがいるとします。

 

 

愛想が良い方ではありません。

 

カウンスをしても、反応も薄いので

少し話しづらいと感じています。

 

そんな患者さんに、名刺をもらう事になって、

その名刺に

 

「柴犬を3匹飼っています。

 名前は、きなこ・あんこ・おもち です。」

 

と書かれていたら、どうでしょう?

 

 

 

今までの、少しとっつきにくいイメージが

一気に払拭されますよね。

 

 

それどころか、

 

「こんな堅い感じの人なのに、

 わんちゃん大好きで、その上、名前も・・・

 これは、もしや おはぎ好き??」

 

なんて思うと、

一気に可愛いイメージにさえなります。

 

そして、今までの話にくい印象が

ガラッと変わって、勝手に親近感さえ

覚えてしまいそうになります。

 

こんな風にして、プライベートな情報だけで、

相手が自分にもつイメージを

ガラッと変えることが出来るのです。

 

 

もちろん、これで犬について質問したりと

コミュニケーションをとるアイテムになりますよね。

 

 

このようにして、医院名と名前だけの名刺では、

得られないような効果を得ることが出来る名刺

を作成しましょう。

 

 

 

 

 

でも実は、名刺作成で大切なことが、まだあります。

続きは、次回にお話しますね。

 

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事