治療の中断のパターンを知ろう①

 

初診患者さんが

治療中断患者さんになってしまう

よくあるパターン

お伝えしていきます。

 

 

 

この内容はボリュームが多いので
何回かに分けて伝えていきます。

 

 

 

以前に

「初診患者さん、

 中断してないですか?」

(http://haisyakaigyo.com/?p=290)

 

 

という記事でお話ししましたが

初診で来院されてから早期に

来なくなられて、治療中断患者さんと

なってしまうことがありますよね。

 

 

そして、その中断患者さんが

どれ位いるのか?

 

「中断患者数」を算出し

前回処置と次回予定処置の内容など

もリストアップする方法を

お伝えしました。

 

 

そのリストを作ってみて

自分自身でも、何か傾向があること

に気づかれたでしょうか?

 

 

 

この原因を探ることで

対策を立てることが出来ますので

是非、実践してみて下さい。

 

 

では、今回は中断患者さんになる

パターンの一つ目をお伝えします。

 

 

 

パターン①

 

次回のアポの内容が、

患者さんの主訴部分以外の
歯の治療の場合

 

 

次回に
『経過観察』や『Cチェック』では
来院率が低下します。

 

 

「え?なんで!?

 それ、よくやってる!」

 

と思われた方もいるのでは

ないでしょうか?

 

 

 

確かに一旦、

主訴の治療が完了したら

虫歯チェックをして

他の虫歯の治療に進みたいですよね。

 

 

 

主訴の歯の治療をしている最中にも

「明らかに虫歯だ!」

と思う歯を見つけることって

多いですよね。

 

 

しかし、それでは来院されなくなること

が多いとは、なぜなのか?

 

 

 

理由は、患者さんは

 

「主訴が解決したから、
 痛くないし通わなくても、いいや」

 

と思ってしまうからです。

 

 

また、例えCチェックをして、
次回の治療内容を伝えているのに
それでも中断になる場合があります。

 

 

どうしてでしょうか?

 

 

 

それは、歯医者からすると 

 
他の歯にも虫歯 = 治療をする 

 

ですが、患者さんが
歯医者と同じように

思うわけではありません。

 

 

 

患者さんからすると、

『虫歯があるみたいだけど、
 今は忙しいからいいや』

 

『虫歯って言われたけど、
 痛みもないし、治療はそのうちで

 いいかな』

 

などと思ったりします。

 

 

では、こう言った人の治療を

継続するには、

どうしたらよいのでしょうか?

 

それは、

治療の意味付けをすることです

 

 

『虫歯が3箇所あるので

 やっていきましょう。』

これでも意味付けになります。

 

 

歯医者からすると、

虫歯があった時点で要治療!

 

なので、これで

十分な説明のつもりなのですが・・・

 

 

前述した通り、患者さんには、これでは
意味付けと感じない人もいます。

 

 

 

理由は、患者さんは主訴を改善したくて

来ているので、仕事や育児などが

忙しい中で時間を割いてする他の治療に

 

「今やる意味」

 

を感じないのです。

 

 

治療説明

 

 

重要なのは

「今やる意味を伝える」ことです。

 

今やるからこそのメリット、

そして放置することのデメリット

を含めて話すことです。

 

 

 

一つ、例をあげます。

 

主訴の歯以外に、奥歯に
C2レベルの虫歯が一箇所あります。

 

 

『虫歯が奥歯にも、

 もう一つだけあるので、
 次回から治療していきましょう。
 二回ぐらいで終わりますから。』

 

 

と言うと、まさに患者さんは

来なくなってしまうパターンです。

 

 

こうお伝えするのではなく

 

 

 

『たぶん痛みを感じたりしないと

 思うのですが、虫歯が奥歯に

 もう一つあります。

 

 幸い、まだ神経まで虫歯が

 進行してないので

 今治療すれば神経を残す事が

 可能です。

 

 今は痛みが無い状態なのですが、

 半年ぐらい経って痛みが出てきてから
 治療した場合は神経を取らないと

 いけない確率が非常に高くなります。

 

 神経を取ることによって、

 その歯の寿命も減ってしまいますし
 かぶせ物も歯全体をかぶせなくては
 いけなくなるので見た目も
 大きい銀歯になってしまいます。

 

 神経の治療になると、

 通院回数も2回や3回で治すことは

 難しく、4回、5回、状況によっては

 それ以上にかかってしまいます。

 

 ですので、もしお仕事の合間に

 通えるようであれば
 2回ぐらいで終わりますので
 続けて治療していっては

 どうでしょうか?』

 

 

 

と、このように患者さんに

お伝えします。

 

前者と後者では、一目瞭然。

 

 

 

これなら、

「今治療しておかないと、

 後々面倒になりそうだなぁ 」

 

「痛みも出てくるのか・・・」

 

 

と、危機感を煽ることも

虫歯の治療を「今やる意味」も

患者さんに伝わりますよね。

 

 

 

患者さんにしてみれば、

歯科の専門知識があるわけではないので

痛くない虫歯の治療を

後回しにしてしまいがちです。

 

 

しかし、こちらがきちんと説明すれば

患者さんにとっても

初期段階の虫歯でも治療をすることが

出来て、痛い思いも少なく済みます。

 

 

こちらも、患者さんの口腔内を

きちんと管理できるし、

説明することで中断患者数も減るので、

一挙両得ですね。

 

 

こんな簡単なことで?

 

 

と思うかもしれませんが、

まず実践してみてはいかがでしょうか?

 

 

たった1分で済みます。
今まで通り、状況だけを伝えるか?
それとも、意味付けの話をするか?

 

 

 

それによって
大きく患者さんの感情は変わります。

「今やる意味」を

患者さんに、わかり易いよう
伝えてみるといいでしょう。

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事