初診患者さん、中断してませんか?(歯科研修医でも大切)

 

初診で来られた患者さん
その後も、ちゃんと通院
されていますでしょうか?

 

「痛みがある!」と言う主訴で

初診で来られて応急処置をしたものの

2回目の予約からパタリと

通院されなくなった・・・

 

なんて経験あるのではないでしょうか?

 

 

もちろん100%、患者さんの全員が

きちんと通院してくれる事は

難しいと思います。

 

2回目の予約から来ない場合で

なくても

 

「そう言えばあの人、

 来られてないな~」

と思うことはないでしょうか。

 

 

1日あたりに換算すると

そんなに目立つ人数でもないと

思っていても、集計してみると

意外に多くてビックリ!

なんてことも・・・

 

 

そして、この中断患者さんを減らす

ことは、当然ながら医院の売り上げを

上げること、来院数を増やすこと

になります。

 

中断患者数にも目安があります。

 

一月あたりの中断患者数は

レセプト数の10%以下が

良いとされています。

 

もちろん、中断患者数ゼロ!が理想

ですが、実際はなかなか難しいです。

 

 

 

 

初診患者さんを増やすことも

大切です。

 

しかし、地域性などもありますが

患者さんの数には限度があります。

 

 

もし初診患者数が多いと思って

いても、それを上回る分の

中断患者数になってしまうと

必然的に患者数は減少傾向に

なってしまいます。

 

ですので、一度来てもらえたら

その患者さんを離さず

しっかり、かかりつけ医になること

が大事なのです。

 

 

とは言え

そんなこちらの願いも虚しく

中断になってしまう患者さんは

いるのですが・・・

 

 

 

では、どうして中断になって

しまうのか?

 

きっと、多くの先生は一度は悩み

原因を考えた事があると思います。

 

でも、毎日バタバタ忙しく仕事を

していると

「きちんと原因を追求し解決策を

 見つけないと!」

と思っていても、なかなか

そんな時間も取れずに、結局原因も

解決策も見出せぬまま・・・

なんて事がよくあります。

 

ですので、少しでも解決策を

見出すアシストを出来ればと

思います。

 

 

実は、早期に中断になる理由って
いくつかパターンがあるんです。

 

中断になるパターンについては

今後詳しくお伝えしていきます。

 

 

が、それをお伝えする前に
まず今回は、ご自身の初診患者さんの
中断数を調べてみて下さい。

 

 

勉強画像

 

 

では、その初診中断患者数の

算出方法をお伝えしますね。

 

 

ステップ1)
初診日から1ヶ月以上経っている

初診カルテを50名分ぐらいを

取り出す。

 

 

例)

今日が10月1日だとすると
9月1日より以前に初診で

来られた方のカルテを
50名分ぐらい取り出して下さい

 

すべて自分の担当した患者さんの

分だけです。

50名分が何か月分かは
そのクリニックの初診数によるので
分かりませんが、2か月程度では

ないでしょうか。

 

 

 

ステップ2)
表を作って状況を書き込む。

 

状況は ○ △ × です。

カルテを見て計画通り治療終了

していたり、しっかり通院中で

あれば○です。

 

出来るだけここが多いほうが良い

です。

 

中断になっていれば×です。
中断の基準はTEL待ちや
予約取らずに帰られたケースです。

 

もちろん明確な理由があって
中断になっているのであれば
それは△としてください。

 

△の例としては、
海外出張があって3か月来られない

ので戻ったら治療する予定の人など

です。

 

 

 

ステップ3)
さっきの状況で×の中断の患者さんの
中断する前にやっている処置と

次回予定の処置を列挙して下さい。

 

 

これだけで
結構、パターンが見えてきますよ。

 

例えば

中断前にやっていた処置が

根管治療である場合が多い。

 

次回予定が歯石除去になって

いると、中断になっている。

 

など。

 

と、なんとなく来ないなぁと思って

いたら、意外と中断になる患者さん

には共通点があることがわかります。

 

また実際に○ △ ×をつけることで
自分の初診の中断率が見えてきます。

 

 

そして中断前の治療内容を見ること

自分がどういう診療を行ったかに

よって、患者さんが来なくなって

しまったのか。

 

また、次回予定の内容に依って

中断されているのであれば

それはどういう内容で

原因は何なのか?

など、考える材料になります。

 

 

中断患者さんがいても「△」で

明確な理由がある場合なら

また来院される可能性も高いですし

こちらもきちんと把握出来ている

のと、「×」のように理由を把握

していない中断では

全く違います。

 

ただ、もし「×」が予想以上に

多い人も安心してください。

 

 

治療中断患者数が多いと

自分の何が悪いのか?

と落ち込むかと思います。

 

しかし、大丈夫です。

 

対策をしていけば必ず改善して

いきます。

 

 

 

そして、そのためには何が原因

なのかを、しっかり把握し

その原因を改善の役に立てましょう。

 

 

そのためにも、漠然と

「中断患者多いなぁ〜」

と思うだけではなく、一度ぐらい

リストを作って調べてみて自分が
どんな状況かを知ると良いと

思います。

 

 

そして、その結果を基に

今後お伝えしていく中断患者さんの

パターンを知り、改善に役立てて

みてください。

 

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事