患者さんの気持ちを受け入れる。

患者さんは、どんな気持ちで

歯科医院に通院しているでしょうか?

 

 

楽しみで堪らない気持ち!

なんて人は、なかなかいないことは

容易に想像できると思います。

 

 

大多数の患者さんは

緊張して歯科医院に来ます。

 

 

 

その緊張は、

 

痛いことされるんじゃないか

 

怖い先生だったら、どうしよう

 

他の歯も虫歯だったら嫌だな

 

自費治療ばかり勧められたら

どうしよう

 

などと言った理由から来ています。

 

これ以外にも

緊張してしまう理由は

他にも沢山あることと思います。

歯科医院は、虫歯になってしまって

から通院する人が多いので

やはり歯科医院は

 

治療される=痛いことをされる場所

 

と言う意識を持たれています。

 

それを思うと緊張して当然とも

言えますよね。

 

そして、もう1つ。

 

患者さんは、私たちが

思っている以上に

自分の伝えたい事を言えていないこと

が多いのです。

 

不安に思っていることを少しでも

解決できて、安心することが

出来れば、緊張は軽減されます。

 

しかし、不安に思っていることを

歯科医に言ったり、聞いたりできない

ので、余計に不安が増し

緊張が解けません。

 

 

逆に

患者さんは不安や緊張を解消

されると、歯科医を信頼して

くれるようになります。

 

 

そうなると、患者さんも

ストレスフリーで受診することが

出来ますし

 

歯科医も、患者さんにとって

最善の治療をし易くなります。

 

 

では、患者さんに

信頼されるためには

不安を解消し、緊張をほぐすことが

必要と言いましたが

 

 

そのためには、

まずは相手の感情や気持ちを

まず知って受け入れる事が大切です。

 

 

では、それを実際に、行動として

どのように実践すれば良いのかですが

それはとても簡単です。

 

 

患者さんに笑顔で

「他にも何か気になる事があれば、

 遠慮なく言って下さい。

 何かありますか?」

 

 と言って下さい。

 

 

これを言うだけで、

患者さんは思っている事を

言いやすくなります。

 

 自分も、病院に行っていて

一通り説明を聞いた後に

「何か質問とか、気になること

 ありますか?」

 

と言われたら、何も言われないより

とても質問しやすいですよね。

 

 

気になることがあるけれど

いつ質問したら良いんだろう?

などと考えなくて良いですし

 

自分でも、何が疑問なのか

不安なのかが分からないけれど

モヤモヤしている時も

 

この質問を投げかけられることに

よって、自分の中で整理することが

出来て、不安の理由を認識できます。

 

 

また、もし患者さんが

特に話す事が無かったとしても

この質問をすることにより

患者さんに

『この先生は話しやすい先生だ』

と思ってもらえます。

 

 

要は患者さんにとって

歯科医が精神的に近い関係に

なる事が大切です。

 

 

精神的な壁があっては、

治療の成果も悪くなります。

 

 

その為に、まずは先ほどの様に

聞いてください。

 

 

 

ただ、ここで1つ重要なポイントが

あります。

 

それは、全然関係ない話でも

きちんと聞くと言うことです。

 

 

例えば、私は以前、患者さんに

 

『こないだの歯の治療から

 右の背中の方の凝るんですが、

 なんか関係ありますか?』

 

と言われました。

 

 

内心は、 

え!? 背中のコリ?

関係ないよ。

と思いました。

 

 

でも、そこですぐに

『全然、関係ないです。』

 

と言うのではなく

 

『そうなんですね。

 ではちょっと治療している部分や

 その周りの歯ぐきなどを

 診てみましょう』

 

と言いました。

 

 

 

すると患者さんは笑顔で

『すみません。ぜひお願いします。』

と言われました。

 

 

 

 

それだけ心配だったようです。

 

 

当然、口腔内を診ても問題がないので

 

 

その旨を伝えましたが

しっかり診た後に伝えると、

患者さんも安心してくれます。

 

 

 

 

この様に、

 

患者さんは歯科医が思ってもない

治療とは全然関係ない事も

心の中で気にしている事があります。

 

 

それを聞き出して

しっかり安心させてあげる事が

大切です。

 

 

たまに、患者さんが歯科医療的に

変な事を言うと

 

 「そんなの歯と全然関係ない」

 

と、すぐに否定したりする先生が

いますが、それでは、絶対に患者さん

に安心感は与えられません。

 

 

安心感どころか、余計に恐怖心や不安

を植えつけてしまうでしょう。

 

 

自分も、専門分野でないことだったら

関係ないことでも疑問や不安を

感じることがありますよね。

 

その分野の人からしたら

 

「それ、全然関係ないよ?」

と思われているかもしれません。

 

でも、関係あるのか無いのかは

専門知識が無いのだから

分かりません。

 

分からないから、余計不安にも

なります。

 

もし、関係ないことだとしても

こちらの話を一旦、きちんと聞いて

くれた上で、診断されるのと

 

話を聞くことも、見ることもなく

最初から否定の態度をされると

 

次から、また不安や疑問があっても

「また、変なこと言ってると

 思われるかもしれない。」

 

「こっちの状態を確認もせず

 適当にあしらわれている」

 

と感じてしまいます。

 

こんな状態では、相手との信頼関係を

築くことは不可能ですよね。

 

 

今までにも、何度もお伝えして

きましたが、患者さんにも良い治療を

行え、私たち歯科医も治療を

進めやすい状態を作り出すには

患者さんに信頼されることが

絶対条件です。

 

 

そして、信頼されるためには

色々なポイントはありますが

一番大事なポイントは

患者さんの不安を取り除けること

です。

 

 

そして、その不安を失くすためには

患者さんの考えていること、

気持ちをしっかりと汲み取ることです。

 

そのためには、

まず相手の話をしっかり聞いて

あげてください。

 

そうすれば、患者さんは

その対応だけで

「この先生は、

 なんでも聞いてくれる。

 自分の不安を

 わかってくれている。」

と思われます。

 

 

それは、必ず信頼に繋がります。

 

患者さんの話をしっかり聞いて

患者さんの気持ちを受け入れるように

しましょう。

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

コスト低く、

手間がなく経営効果を出したい。

 

口コミで100医院以上が参加

 

地域で1医院限定なので先着順です!

 

 

→歯科開業医ネットワーク

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事