自費治療をやる意味は?

 

自費治療って何の為にあるんでしょうか?

 

・見た目がキレイ

 

・快適に使える

 

・歯の寿命を伸ばせる

 

などなどいろいろありますが

 

 

漠然と考えるのではなく

概念的に考えるのが必要です。

 

 

 

私の中で

自費治療の意味は大きく分けて二つです。

 

 

 

1つは 

 

現状の問題の改善

 

 

 

たとえば、保険の入れ歯が厚くて

違和感が強いのでそれを少なくしたい。

だから金属床にする。

 

 

入れ歯は取り外しが嫌だから

インプラントにする。

 

 

銀歯は目立って嫌だから

セラミックにする。

 

などなど。

これが一つの自費をやる意味です。

 

 

 

ただ、自費にはもう一つの意味があります。

 

 

それは

歯を長くもたす保険 

と言いう意味あいです。

 

 

例えば、

インプラントに関して言えば

 

 

ブリッジよりも

支台歯に対する負担が少なく

歯が長持ちする。

 

 

ブリッジもインプラントも現状では

どちらも咬むことに差はないと思います。

 

 

ただ、歯を長くもたすと言う意味で言うと

大きな差があります。

 

 

また右上7番の銀歯とセラミックで考えて見ましょう。

 

 

どちらも咬めるし

見えない場所なんで

どちらも見た目は

それほど気にならないでしょう。

 

ただ歯のもちはどうでしょうか?

 

 

圧倒的にセラミックの方が良いです。

 

この様に

 

①現状を問題改善

 

②歯の長くもたす保険

 

この二つの意味合いがあります。

 

 

 

これの概念を明確に知る事で

この人には①と②のどちらを話すのが大切なのかを

 

考えると言うステップを作る事が出来ます。

 

 

漠然と何となく話すのではなく

 

①と②のどちらを話す事が大切なのかを

考える大切です。

 

 

 

伊勢海 信宏

 

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事