患者さんとのコミュニケーション

 

 

たまに

 

『患者さんとのコミュニケーション苦手なんです。』

と言う人がいます。

 

 

そもそも

コミュニケーションとは何なのだろうか?

 

ウィキペディアでは

こう書かれている。

 

社会生活を営む人間の間で行われる

知覚・感情・思考の伝達。

 

 

だとすると、 コミュニケーションが

出来ない人って言うのは ほぼ皆無だと思う。

 

 

要はコミュニケーションが出来ないのでは無く

正しいコミュニケーションが出来ないのだと思う。

 

 

この正しいコミュニケーションと言うのが 曲者である。

 

 

 

なぜなら、何をゴールとしてるかが

さっぱり分からないからです。

 

 

正しいコミュニケーション?

何を持って正しいとなるのであろう。

 

 

私の中では正しいコミュニケーションには

定義づけがある。

 

それは、相手がこっちが望む感情や行動に

なっているかどうかである。

 

 

もしあなたが、相手に笑顔になって欲しいと思って

コミュニケーションを取ったのに

 

結果として怒ってしまえば、

間違ったコミュニケーションである。

 

 

望んだように、

笑顔になれば 正しいコミュニケーションと言う事になる。

 

 

要は、

 

①相手がいる

 

②望む結果がある。

 

これが重要です。

 

 

コミュニケーションが苦手と言う人は

 

往々にして

①も②もあまり考えずに

 

 

自分の考えをそのまま投げて

相手が受け取ってくれないと嘆いてる。

 

 

ディベートの様に意見を主張するのが

コミュニケーションであれば

それもOKであろう。

 

 

 

ただ、そこには望む結果が起こりずらいと思う。

 

 

だからこそ、

相手と望む結果を良く考える事が大切です。

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事