増患や口コミを増やす仕組み

増患や口コミを増やす仕組み

 

 

前回の内容で、コンセプトが重要とお伝え致しました。

正しいコンセプトがないと増患も口コミも増えないので

しっかりコンセプトを考えるのが大切です。

 

 

 

ではコンセプトが出来たら何をするのが

口コミを起こすために重要なのかをお伝えします。

それは知ってもらう事です。

要は、そのコンセプトの認知を高めることです。

 

 

いくらコンセプトが良くても、

先生が思っているだけでは効果がないです。

またスタッフが知っているだけでも意味がないです。

 

 

大切なのは患者さんが知ってくれる事です。

地域の患者さんがどれくらい知っているか。

そこが最も大切です。

 

 

正しいコンセプトがあって、地域で認知が広がれば必ず患者さんが増えます。

ではどのように認知を広めていくのか?

そこがポイントになってくると思います。

 

 

多くの人はHPやブログなどを思い浮かべます。

もちろんそれが悪いわけではないですが、ただ効果は低いです。

 

 

なぜならHPをわざわざ見る人ってそんなに多くないからです。

HPを見るときは、歯医者を探しているときです。

そこから直接認知度アップにはつながり難いです。

 

 

一番大切なのは現在通っている患者さんに

しっかりコンセプトを伝えて行くことです。

 

 

 

通院している患者さんにコンセプトを伝えて行くことで

共感していく人が生まれて口コミになります。

しかし、すべて口頭で伝えるのは非常に時間もかかりますし、労力もかかります。

実際の診療の合間で話せる時間はそれほど多くないので出来ない歯科医院も多いです。

そこを解消するのに一番重要なのは小冊子を渡して少し説明する方法です。

 

 

 

口頭で説明するだけでなく、小冊子を渡す事で認知度は何十倍も増えます。

 

 

なぜならただ先生の話を聞くよりも、

能動的に読むという行為の方が情報の定着量が格段に増えるからです。

またその小冊子を友達に渡したり、家族に渡したりします。

当然小冊子を渡す事で口コミのキッカケになります。

 

 

 

また、地域で小冊子を受け取った人が多くなる事が重要です。

 

『あそこの歯医者だよね!私も知っている。』

と会話しているグループで知っている人が増えることで

知らない人があなたの歯科医院に行きたくなります。

 

 

 

そんな良さそうな歯科医院に行ってない自分が損している気分になるからです。

 

 

まとめると、コンセプトをつくってそれを小冊子で地域で広めていけば

地域で一番の歯科医院になれま

 

 

ただ何度も言ってますが、いま通っている患者さんの気持ちに

突き刺さるコンセプトがあり心が動かないと結果は生まれないです。

 

最短で地域で一番の歯科医院になりたい方は、こちらをどうぞ。

 

 

最短で結果がでる仕組みを導入できる!

患者さんが溢れる地域NO.1ブランド化システム

↓  ↓  ↓  ↓  ↓
詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事