増患や口コミを増やす仕組み

増患や口コミを増やす仕組み

 

 

前回『小手先でない口コミや

   増患方法とは』

 

http://haisyakaigyo.com/?p=3095

 

の中で、コンセプトが重要と

お伝えしました。

正しいコンセプトがないと

増患も口コミも増えないので

しっかりコンセプトを考えることが

大切です。

 

 

 

では、コンセプトが出来たら

次に何をするのが、口コミを増やす

ために重要なのかをお伝えします。

 

 

それは知ってもらう事です。

 

要は、そのコンセプトの認知を

高めることです。

 

 

いくらコンセプトが良くても

それを先生だけが

「思っているだけ」では

残念ながら、口コミ増加への

効果はありません。

 

では、院長だけではなく

スタッフにコンセプトを理解して

貰えばOKなのか?

 

と言うと、それもまた、

意味がありません。

 

 

 

大切なのは患者さんが知って

くれている事です。

地域の患者さんがどれくらい

知っているか。

そこが最も大切です。

 

 

そこが最も大切です。

 

 

正しいコンセプトがあって

地域で認知が広がれば

必ず患者さんが増えます。

 

では、どのように認知を広めて

いくのか?

そこがポイントになってくると

思います。

 

 

多くの人はHPやブログなどを

思い浮かべます。

もちろん、それが悪いわけでは

ありませんが、

ただ効果は低いです。

 

 

なぜなら、HPをわざわざ見て

くれる人は、そんなに多くないから

です。

 

HPを見るときは、歯医者を探して

いるときです。

 

なので、どんな歯医者かな?と医院の

内観や診療時間とか雰囲気を

ザッと見て終わります。

 

そこから、直接認知度アップには

つながり難いです。

 

 

一番大切なのは現在通っている

患者さんに、しっかりコンセプトを

伝えて行くことです。

 

一見、地味に思われますが

この方法こそ地道でありながら

確かな方法です。

 

 

通院している患者さんにコンセプトを

伝えて行くことで

共感していく人が生まれて

口コミになります。

 

では、どのようにして患者さんに

コンセプトを伝えるのが良いのか?

 

 

患者さん一人ひとりに

診療する際に、コンセプトを

丁寧にお伝えしていく・・・

 

と言うのは、実際問題として

難しいと思います。

 

すべて口頭で伝えるのは

非常に時間もかかりますし、

労力もかかってしまいます。

 

 

実際の診療の合間で話せる時間は

それほど多くないので、

それをしようとしても

出来ない歯科医院も多いです。

 

そこを解消するのに一番重要

なのは小冊子を渡して

少し説明する方法です。

 

 

口頭で説明するだけでなく、

小冊子を渡す事で認知度は

何十倍も増えます。

 

 

なぜなら、ただ先生の話を聞くよりも

能動的に読むという行為の方が

情報の定着量が格段に増えるから

です。

 

 

直接話すと言うことにも

もちろんメリットはあります。

 

それが、自分が知りたいことや

学びたい内容であれば、活字だけで

知識を得るよりも、話を聴く方が

頭によく入ることもあります。

 

 

しかし、自分が通院している歯科医院

のコンセプトを自分から

「めっちゃ知りたい!」

と思う人は、稀でしょう。

 

 

それならば、話を長々としたとしても

聞いている時は

「へぇ、そんなコンセプトが

 あるんだ」

と思っていたとしても

家に帰る頃には、

「あれ?どんな事言ってたっけ?」

となる患者さんが、ほとんどです。

 

 

 

しかし、小冊子になっていれば

サラッとコンセプトをお伝えして

患者さんにお渡ししただけでも

家に帰ってから、またチラッと

読み返すだけでも、

「あぁ!そんなこと言ってたなぁ」

と簡単に思い出してもらうことが

出来ます。

 

 

また、活字で読むことで、

記憶も定着しやすくなります。

 

 

 

 

更に、小冊子のメリットとして

その小冊子を友達や

家族に渡したりします。

 

 

当然、小冊子を渡す事で

口コミのキッカケになります。

 

 

例えば、友達が

「どこか良い歯医者ないかな?」

と探していると、自分が通院している

歯科医院が良いからオススメしようと

思った時に口頭で説明するだけよりも

小冊子があれば、それを渡すだけでも

友達にも多くのことが伝わります

よね。

 

 

もらった人も、口頭で聞いただけ

だったら歯科医院の名前すら

忘れてしまうこともありますが

小冊子があれば

そんなことはありません。

 

 

それに、来院されたことのない人にも

コンセプトがきちんと伝わるので

それが、その人の求めているもの

又、良いなと思われるものであれば

通院されるようになります。

 

 

このようにして、人から人へと

渡っていくことや、配布することで

 

地域で小冊子を受け取った人が

多くなる事が重要です。

 

 

『あそこの歯医者だよね!

 私も知っている。』

と会話しているグループで

知っている人が増えることで

知らない人があなたの歯科医院に

行きたくなります。

 

 

 

そんな良さそうな歯科医院に

行ってない自分が損している気分に

なるからです。

 

 

まとめると、コンセプトをつくって

それを小冊子で地域広めていけば

地域で一番の歯科医院になれます。

 

 

ただ何度も言っていますが、

いま通っている患者さんの気持ちに

突き刺さるコンセプトがあり

それにより患者さんの心が動かないと

結果は生まれません。

 

 

最短で地域で一番の歯科医院に

なりたい方は、こちらをどうぞ。

 

 

最短で結果がでる仕組みを

導入できる!

患者さんが溢れる地域NO.1

ブランド化システム

        
詳細はこちら

 

手間なく売り上げを増やすには

待合室動画が必須!
でも、動画に50万や100万も

払っていませんか?

今だけのお得な特典があります。

詳しくはサイトで。


→手間なし動画くん

 

コスト低く、手間がなく

経営効果を出したい。

口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので

先着順です!


→歯科開業医ネットワーク

先生は患者さんの歯の年齢を伝えられますか?


簡単に数値化できるシステムがあります。



 

→歯の年齢診断プロ

 

手間なく売り上げを増やすには待合室動画が必須!
でも、動画に50万や100万も払っていませんか?


今だけのお得な特典があります。詳しくはサイトで。



 

→手間なし動画くん

 

→手間なし動画くん



コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 

→歯科開業医ネットワーク



開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事