あなたの専門性や経歴の上手な伝えかた。

あなたの専門性や経歴の

上手な伝えかた。

 

 

あなたが何か専門性を持った治療を

している場合や今までの経歴が

良かったと仮定して

 

それを患者さんに、どう伝えますか?

 

 

まさか患者さんに

 

『私は○○大学卒で、○○認定医で

 学会でもう12回も

 発表しています。

 それぐらいレベルの高い歯科医

 なので安心して下さい。』

 

なんて言わないですよね。

 

もし、こんなことを本当に言ったら

言った瞬間に患者さんは

 

『この先生、自慢と自己愛が

 すごいな。

 大丈夫だろうか・・・。』

 

と思うでしょう。

 

 

そして、それは患者さんからの

評価としては

プラスと言うよりも

マイナスの影響が強いです。

 

 

また、飲み会でこんな発言している人

ってどうでしょうか。

 

 

『私は、慶応卒で家は田園調布

 なんです。外資系に勤めていて

 今度最年少で100億規模の

 プロジェクトリーダーも

 務めるんですよ。

 

 もちろん、体には気を付けていて

 週2日はジムに行っています。』

 

 これを聞いたら

「確かにすごいけど、

 この人大丈夫かな?」

って思いますよね。

 

 

どれだけ、すごい経歴があっても

実績があっても、それを自分で

言ったらおしまいです。

 

せっかく、本当にすごいことなのに

一気に価値がなくなってしまう感じ

です。

 

他人から、あの人はすごいと言われる

のは、格好良いですが、誰にも言われ

ていないのに自ら

「私ってすごいんです!」

と言う人には、周囲の人は一応

「すごいですね〜」と言ってくれます

が、本心では

「この人、残念だな・・・」と

思っているものです。

 

 

せっかくアピールできる専門性や

経歴があるのに、残念と思われては

勿体無いですよね。

 

 

では、アピールすべき

それらの専門性や経歴を

どうアピールすれば良いのか?

 

言わないと伝わらない

 

けれど、自分で言うと残念な人と

思われてしまう。

 

じゃあ、どうすれば良いんだ!?

となってしまいますよね。

 

答えは簡単!

伝え方を考えれば良いのです。

 

 

前述したような、自慢になってしまう

感じで伝えると、それは本当に

ただの自慢で、相手の記憶には

プラスの意味では残りません。

 

せっかくのプラスになる専門性や

経歴は上手に伝えることで

 

患者さんの中でもプラスの印象

として残ります。

 

そのためには

2つの伝え方があります。

 

1つは、大体していますが

 

HPなどに書くと言う方法です。

 

 

HPには、医院の紹介の中に

院長の紹介(プロフィール)の

ページを作っていると思います。

 

院長紹介のページに経歴や専門性を

書くのです。

 

HPに掲載するなら、文面さえ

きちんとしていれば、読まれる方に

とっても、普通に紹介文として

受け入れられるので、無駄な自慢にも

感じられることはないので

大丈夫です。

 

ただ、これには1つ難点があります。

 

それは、HPの院長のプロフィール

って、みんなが、そんなに見てない

ですよね。

 

HPって、診療時間や内観写真

スタッフ写真とかは見るけれど

院長のプロフィールや医院の理念は

あまり見られないものです。

 

 

では、HPを見ない人には

どのように専門性や経歴をアピール

すれば良いのか?

 

それは、もう1つの方法で

 

スタッフから言ってもらうと言うこと

です。

 

 

スタッフがさりげなく

院長のティーアップをして下さい。

 

 

突然、

「うちの院長すごいんですよ!」

なんて、不自然なのはダメです。

 

露骨な感じだと

いくら本人が言っていなくても

スタッフに言わせているのが

まるわかりで、厳しいので

あくまで、さりげない感じで

話すようにして下さい。

 

 

 

例えば、先ほどの飲み会の例でも

 

周囲の人が

 

『あの人は、ああ見えて

 慶応卒で外資系で

 すごいプロジェクトをまとめてる人

 なんだよ。本当にすごいよ。』

 

と言うと、聞いた相手も

『へー、そうなんだ~。』

とスッと心に入ってきます。

 

本人が言わずに、周りからの評価の方

が信憑性があります。

 

 

患者さんとの会話も

ドクターとするよりも

スタッフと話す方が患者さんも

緊張感なく話すことが出来るので

会話も弾むことが多いですよね。

 

 

診療中の待ち時間、チェアーサイドで

お話したり、待合室の待ち時間に

受付スタッフとお話したりと

会話の時間もあります。

 

実際に、チェアーサイドの待ち時間

の中でアシスタントに

 

「この治療って、

 痛くないんですか?」

 

と言う質問をされている患者さんて

多いですよね。

 

実例としては、抜歯になる患者さんが

インプラントを考えていて

ドクターから、一通り説明は聞いては

いるけれど、不安が拭いきれずに

その後、ドクターではなくスタッフに

 

「インプラントって怖いですよね?」

 

などと質問していることが多く

あります。

 

 

その中で、

「うちの院長は、インプラントを

 専門でしていて、認定医でも

 あります。他府県からも

 院長のインプラント治療を

 目的に通院している患者さんも

 いらっしゃいます。」

 

などと、返事することで

さりげなく院長の専門性や

経歴を伝えることが出来ます。

 

 

何も言わずに、自分のことを

知ってもらえれば一番なのですが

よほどの有名人のことでない限り

他人は自分のことを知りたい

調べてまで情報を得たいとは

思いません。

 

なので、自分の専門性などは

言わないと患者さんには伝わらない

ので

 

 

スタッフからそれとなく

伝えて行くと良いと思います。

 

ちなみに、当たり前ですが

ウソや詐称、また露骨にやるのは

ダメですよ。

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。

口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!

→歯科開業医ネットワーク 

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 



開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事