患者さんを紹介してくれたら、特典ってどう?

患者さんを紹介してくれたら

特典ってどう?

 

 

美容院等で、ご家族やお友達を

ご紹介してくれたら、次回来店時に

紹介した人が半額や割引してもらえる

チケットなどの特典を付けていること

が、よくあります。

 

 

美容業界だけじゃなくても

住宅業界なんて、契約したら

10万円プレゼントなんてのも

あります。

 

 

それをマネして

歯科医院も同じように、患者さんを

紹介すると特典をもらえると言うのを

しているクリニックがありますが

 

 

私の見解では、辞めた方が良いと

思います。

 

 

特典をつけることによって

宣伝効果が期待でき、

集患に繋がるので良い!と

思いがちですが

やめた方が良いと言うには

きちんと理由があります。

 

その

理由は簡単です。

 

 

患者さんが誰かに医院を

紹介するのは

 

「このクリニックが好きだから

 紹介したい」

 

と言う思いだけでして欲しいから

です。

 

 

 

 

紹介特典をつけることで

医院の品格が、いきなり一気に

下がってしまいます。

 

特典を付けることで、どうして

品格が下がってしまうの?

 

と疑問に思われるかもしれませんが

私の中では、歯科医も患者さんも

対等な立場だと捉えています。

 

 昔なら、医者と名のつく人は

「先生様」状態で、医師の方が

患者さんより立場が上という認識を

持たれていたこともあります。

 

それは、今でもご高齢の患者さんだと

そういう認識のままの方もおられて

「先生が言うことは絶対だ」と

思われていることもあります。

 

しかし、その一方で

最近の歯科医院では、患者さんと

対等を通り越して、患者さんが

「お客様」になっていることが

あります。

 

 

美容院などであれば、

実際に「お客様」相手の仕事なので

その感覚は間違ってはいないのですが

 

私たち歯科医、そして歯科医院が

行っているのは医療です。

 

医療は、決してお客様相手のサービス

ではありません。

 

しかし、その境目が曖昧になってきて

しまっていて患者さんを「お客様」

として捉え、また、そのように

扱っている歯科医院が多いのが

事実です。

 

 

もちろん、患者さんはお客様ではない

から、適当に扱って良い!と言うわけ

ではありませんし、丁寧に対応する

のは当然のことです。

 

しかし、その丁寧な対応が行き過ぎて

しまって、過剰なサービスに

なっていることもあります。

 

過剰なサービスをすると言うのは

相手に対して、対等な立場ではなく

相手よりも遜った立場を位置付ける

ことになってしまいます。

 

 

 

紹介特典は過剰なサービスと

言うわけではありませんが

特典サービスをつけると言うことは

患者さんに対して

 

「特典をつけるから、

 新しい患者さんを

 紹介してくださいね。」

宣伝しているということです。

 

 

だから、

特典で紹介を増やすのは

患者さんにお願いしているのに

他なりません。

 

 

となると、先述した通り

対等な立場ではなく

患者さんより歯科医の立場が、

少し低く感じられてしまいます。

 

患者さんに、わざわざお願いして

新しい患者さんを紹介して

頂いている・・・

 

なんだか、違和感を感じますよね?

 

これは、患者さん側からしても 

 

紹介することに特典つける医院に

魅力を感じるでしょうか。

 

 

もしかしたら、本当にすごく医院の

事を気に入って紹介したいと

思っても、特典があると

逆に、友達を特典の為に紹介している

誤解されるのではないか等と

考えると、紹介しづらくなって

しまいます。

 

 

また、逆パターンで

実際に紹介特典狙いで

いろんな人を紹介してくれる患者さん

います。

 

それが、本当に医院を良いと思って

いての紹介ならば良いのですが

 

誰かを紹介することで

例えば、歯ブラシをもらえるから

と言う理由で、どんどん紹介している

場合、一時的に新患は増えますが

 

その新患の方々が、長いお付き合いに

なる患者さんになる可能性は

少し低いと思います。

 

 

そして、その紹介してくれた張本人

自身も、特典目的の場合は、人を

紹介しておいて、本人が通院しなく

なることもあります。

 

 

特典をつけると言うのは

増患が目的ですよね。

 

しかし、その増患は一時的なものでは

なく、継続して、医院を気に入って

通院してくれる患者さんを

求めているはずです。

 

 

しかし、特典をつけることによって

一過性の患者さんを呼び寄せてしまう

可能性があるのです。

 

 

自身が歯科医院に通院する機会は

なかなか無いと思いますが

 

例えば、外科でも内科でも良いので

かかりつけ医があり通院している場合

 

自分が患者の立場となって

考えてみると

 

本当に自分が信頼しているドクターが

いるならば、身近な人が、その診療科

で良いドクターを探していたら

 

特典なんてなくても

紹介しますよね。

 

 

それは、紹介特典が欲しいからするの

ではなく、身近な人にも自分と同じ

ように、信頼できるドクターに

治療をしてもらって欲しいと

言う気持ちからでしょう。

 

 

なので、紹介特典を歯科でつける

必要はありません。

 

それよりも、特典がなくても

既存の患者さんが、身近な人に

紹介したくなるような医院、

そして治療をするようにしましょう。

 

 

なので、飲食店はもちろん特典等が

あって良いと思いますが

 

 

医療は、自院の価値を下げてしまう

可能性があるので

私はオススメはしません。

 

 

特典をつけるよりも、

紹介してくれた人に

『○○さんのご紹介

 ありがとうございました。

 私が責任をもって治療を

 して行きます。』

 

などと気持ちを伝える方が重要です。

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。

口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!

→歯科開業医ネットワーク

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 



開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事