自費治療説明が押し売りになってません?

自費治療説明が押し売りになってません?

 

 

自費の良さを伝えたいと思って、

ここが保険と違います。

ここも保険と違います。

 

 

と一方的にメリットを

伝えまくってる事は無いでしょうか。

 

 

 

もちろん、

自費の良さや自費のメリットを伝えるのは大切です。

 

 

ただ、知っておいてほしいのは

保険でやりたいと思ってる人にとって

 

その話は押し売りになり過ぎてないでしょうか?

 

 

 

患者さんが

保険でやるか、自費でやるかは

話してみないと分かりません。

 

 

 

だから話すのは重要です。

 

 

 

でも押し売りの話は

患者さんから嫌がられます。

 

 

例えば、

恋愛だとして

 

 

『私と付き合ってください。

私は歯医者で、

運動もしてるし、

仕事もしっかりしてます。

そして・・・。』

 

 

とずっと続いたらどうでしょか。

 

 

そもそも、

恋人がいて興味が無かったら

 

5分も10分も話されたら

かなり厳しいですよね。

 

 

しかも

『すごい好きなんで毎日

10回はちゃんとメールします。』

 

 

なんて言われたら

『この人、怖い・・・。

これは完全ストーカー気質だな。』

 

って思いますよね。

 

 

これは断りも丁寧に断らないと

危ないかもって思うはずです。

 

 

そしてその後は、

出来るだけ会わない様にしますよね。

 

 

もしかすると、

あまり熱意持って話してるのが

 

患者さんからすると

困った状態になってるかもしれません。

 

 

 

患者さんにも選択する権利があります。

 

ですので、

患者さんが保険を選択しても

先生に伝えやすい

雰囲気を作って下さい。

 

熱意=押し売り

にならない様に注意して下さいね。

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

 

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事