自費治療説明が「押し売り」になっていませんか?

自費治療説明が

「押し売り」になっていませんか?

 

自費治療の説明を患者さんにする時に

自費の良さを伝えたいと思って

 

「ここが保険と違います。

 ここも保険と違います。」

 

 

と一方的にメリットばかりを

伝えまくっているなんて事は

無いでしょうか。

 

 

 

もちろん、自費の良さや

自費のメリットを伝えることは

大切です。

 

 

ただ、知っておいてほしいのは

保険でやりたいと思っている人に

とって

 

その話は「押し売り」になり過ぎて

いる危険性があると言うことです。

 

 

患者さんが

保険でやるか、自費でやるかは

話してみないと分かりません。

 

だから、話すことは重要です。

 

患者さんは、自費治療と保険治療の

違いやメリット、デメリットに

ついても知らない人が多いです。

 

金銭的な事情もありますが

それ以外でも、患者さんの考え方など

によって、保険を選択されたり

自費に興味を持たれたり・・・と

様々です。

 

 

知識のない状態の人に選択肢を

教えることは、ドクターの大事な

役割です。

 

 

でも、だからと言って押し売りの

ように話をするのは

患者さんから嫌がられます。

 

例えば、恋愛だとして

 

『私と付き合ってください。

 私は歯医者で、

 運動もしているし、

 仕事もしっかりしています。

 そして・・・。』

 

 

と、延々と続いたらどうでしょか。

 

 

そもそも、

恋人がいて興味が無かったら

 

5分も10分も話をされたら

かなり厳しいですよね。

 

まず、告白された時点で

答えは決まっているのに

延々と聞かされる、自己PR…

 

 

 

しかも

『あなたのことが

 すごい好きなんで毎日

 10回はメールします。』

 

なんて言われたら

 

『この人、怖い・・・。

 これは完全ストーカー気質だな。』

 

って思いますよね。

 

これは断り方も丁寧に断らないと

危ないかもって思うはずです。

 

そしてその後は、

出来るだけ会わない様にしますよね。

 

こんな告白をされたら要注意です…

って、なんの話だっけ?

となられていると思うので

話を戻します。

 

これは、自費治療の説明の話です。

 

愛の告白と自費治療の説明が

どう結びつくの??

と思われるかもしれませんが

 

 

要は、押し売り(告白の場合は

「押しつけ」でしょうか)になると

話せば話すほど、相手の気持ちは

離れていってしまうと言うことです。

 

 

自費のカウンスをする時に

自分では気づいていないけれど

力説しているなんてことは

ないでしょうか?

もしかすると、

あまり熱意を持って話していると

 

それが患者さんからすると

困った状態になっているかも

しれません。

 

話している自分は

「何が何でも自費を

 とってやる!!!」

と言う気持ちで説明しているつもり

ではなくても

 

相手からは

「ものすごい勢いで

 自費を推してくるな・・・」

と感じられているかもしれません。

 

 

また、自費治療は高価だと言う認識を

持たれているので、そもそも説明を

受ける患者さんは、

 

「口車に乗せられて、自費治療の

 流れにならないようにしないと!」

 

と警戒していることも多いです。

 

 

その警戒している状態の中で

歯科医が、積極的に自費治療説明する

と患者さんは、余計に警戒心を強めて

しまいかねません。

 

そして、その警戒心のせいで

本当に必要な情報を伝えているにも

関わらず、患者さんが耳を閉ざして

しまい、せっかくの内容が伝わらない

ことも多くあります。

 

 

 

自費治療にするのか

保険治療にするのかを選ぶのは

ドクターではありません。

 

患者さんに選択する権利があります。

 

 

 こちらが、どれだけ熱く語っても

患者さんが自費を選択されることも

ありますし、いくら良いものだと

わかっていても、金銭面的に

自費を選択するのが難しい患者さんも

います。

 

 

そんな患者さんが、保険を選択された

場合に

「こんなに、自費が一番!みたいに

 延々と説明された後に、

 保険でお願いしますって

 言いにくいなぁ」

 

と患者さんが言いづらい雰囲気を

作らないようにしましょう。

 

その雰囲気を作ってしまうと

患者さんは、他の歯も治療するたびに

次も、また自費を勧められて

断らないといけないのか・・・

 

 

と億劫になってしまいます。

 

 

ですので、

患者さんが保険を選択しても

先生に伝えやすい

雰囲気を作って下さい。

 

ある歯科医が

自分は自費治療の説明をしたら

患者さんの多くが保険ではなく

自費治療を選択すると自慢気に

話していました。

 

自費のカウンスをして

自費を選択してもらえることは

確かに嬉しいですよね。

 

しかし、そのドクターの話をよくよく

聞いてみると、自費には繫がるだけど

その後、フェードアウトしちゃう

患者さんも多いと言うエピソードを

聞きました。

                                           それが、本当に患者さんが納得し

望んでいる治療で、「自費で」と

言っているのか考えてみて下さい。

あなたの自己満足は

患者さんにとっての億劫に

繋がります。

 

 

熱意=押し売り

にならない様に注意して下さいね。

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

コスト低く、

手間がなく経営効果を出したい。

口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!

→歯科開業医ネットワーク

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 



開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事