見せる歯科医院、分かりやすい治療説明。

見せる歯科医院、分かりやすい治療説明。

 

 

あなたは、

『テーブルにある醤油を

右手で取りますか?

左手で取りますか?』

 

たぶん、右利きの人は右手で

左利きの人は左手で取るでしょう。

 

もちろん逆の手で取る事も出来るはずです。

 

 

ただ、しっくりくるのが利き手なはずです。

 

利き手の方が、反対側の手よりも

器用で優位性が高いって事です。

 

『朝の忙しい時間に、

そんな当たり前の話するなよ。』

 

と思うかもしれませんが、ま~待ってください。

 

 

もう一つ質問があります。

 

『あなたは、聴覚・視覚・体感覚のどれが優位ですか?』

 

『え!?ちょうかく、しかく、たいかんかく・・・ゆうい???』

 

良く分からない人が多いのではないでしょうか。

 

 

正しく言うと、良く分からないと言うよりも、

考えたことが無い人がほとんどだと思います。

 

これVAKタイプと言います。

 

 

Vはvisual  視覚

Aはauditory 聴覚

Kはkinesthetic 体感覚

 

人は同じ場所にいて、

同じ時間を共有しても

感じてる世界が違ってきます。

 

視覚・聴覚・体感覚の優位性が

人それぞれ違うからです。

 

あなたと私も違うかもしれません。

 

 

ちなみに、誰しも本を読むよりも

セミナーを受けた方が圧倒的に学習効果が高いのは

 

視覚・聴覚・体感覚に高いレベルで刺激があるからです。

 

 

 

私自身、どんなに本を読んでも分からなかった事が

実際にセミナー行く事で簡単に理解できるって事は良くあります。

 

あなたがどんなタイプかは、

ネットでVAK診断と検索してテストしてみて下さい。

 

 

 

ところで、今回伝えたいのは

VAKをお伝えする事ではなく

それを通して患者さん説明を変えましょうって事です。

 

私達がVAKがそれぞれ違う様に

患者さんもそれぞれ優位性が違います。

 

 

もちろん患者さんの優位性が高い方法で

説明をすると良いのですが

そんな心理のプロじゃないので

すぐに相手の優位性を見つけるは不可能です。

 

そんな事よりも簡単な方法があります。

 

 

すべてを説明に取り入れるって事です。

基本的に説明と言うと、言葉による聴覚刺激です。

 

ただそれだけだと分かりずらい患者さんもいますので

今よりももっと視覚的な資料を使った説明をする事が一つ。

 

あとは実際に手で入れ歯を触ってもらったり

舌で治療中の歯を触ってもらったり体感覚を取り入れる事が一つです。

 

 

言葉だけで理解するのは難しい患者さんも多くいますので、

視覚や体感覚もどう説明に導入するかを考えると良いと思います。

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事