歯科医師・歯科衛生士・歯科助手を育てる事が大切

歯科医師・歯科衛生士・

歯科助手を育てる事が大切

 

 

歯科医院を開業すると、

まずは人を雇わないといけません。

 

最初は、衛生士1人に受付兼助手を

1人ぐらいからスタートでしょうか。

 

人によっては、夫婦でやって

最初は雇う人を少なくするケースも

あります。

 

 

 

そして、徐々にクリニックの運営が

軌道に乗ってくると、雇う人を

増やしていく事があります。

 

医院が大きくなってくると

助手4人 衛生士2人 歯科医2人

などになってくるかもしれません。

 

 

 

只ここで、

すごく大切な事があります。

 

それは雇用する人に

『お金を払って、その分

 働いてくれる人』

と言う認識を持たない事です。

 

 

 

私は学生時代に日雇いバイトなど

も含めて、いろいろなバイトを

してきました。

 

・引っ越し作業

・宅急便の仕分け作業

・パン工場でパンの製造

・イベント会場の交通整理

・飲食店

・チラシやティッシュ配り

・家庭教師

 

なんか、かなり苦学生ポイですが(笑)

 

 

私はこれらの仕事をして感じた事が

ありました。

 

それは、

『雇った人たちは私の人生なんて

   全然考えてくれてない。』

と言う事でした。

 

ただただ、何か作業をして

それに対する日給をもらうって感じ

です。

 

働いた分=お金をもらった。

って感じです。

 

今思えば、自分で納得していたと言え

10代や20代前半の貴重な時間を

1時間800円ほどの時給で

売り捌いていたのかと思うと

ものすごく勿体ない気がします。

 

時給が安いから、そう思うのではなく

て、人として評価されての時給なの

ではなくて、本当にただの人員として

働いた時間に対して給料をもらって

いたから、こんな風に思うのだと

思います。

 

とは言え、アルバイトはそれが普通

ですし、雇用主が学生の私に

何か教える義理も無いのでしょうし

私自身も只、勿体ないだけで後悔して

いるわけではなくて、

 その仕事を通して自分で学んだこと

も多いので、今の私を作る為に良い

経験であったとは思っています。

 

話を戻しますが、人を雇うことに

対して持つべき意識、大切な事が

あります。

 

 

 

私たちが常勤で人を雇って行く

のであれば

 

『その人の人生を考えて

 大切なスキルや考え方を教えて

 成長してもらう事が大切です。』

 

 

特に20代30代の人を雇うので

あれば、その人生にとって

意味ある事を伝える事が

大切です。

 

『仕事を通じて自分で学べ』

と言うのも1つの方法ですが、

正直言葉として丁寧に伝えないと

分からなかったりします。

 

 

特に、歯科医師や歯科衛生士を

雇うケースは、その後の一生に影響

する事が多いでしょう。

 

 

例えば、分かりやすい歯科医師

であれば

 

・患者さんに好まれる対応の基本を

 教えてあげる。

 

・保険治療をしっかり教えてあげる。

 

・その後、自費の治療をステップで

 覚えてもらう。

 

・カウンセリングも歯科医師本人に

 してもらう。

 

・スタッフとのミーティングも

 参加してもらう。

 

・医院経営を教えてあげる。

 

 

文字で書くとすごく当たり前の事

ですね。

 

 

でも、実際に世の中の歯科をみると

 

『取り敢えず一日○○人

 患者さんを診て』

 

『保険点数を○○点あげて』

 

『トリートメントコーディネーターが

 カウンセリングするから

 治療だけをしといて』

 

『インプラントは全部院長がやるから

 保険治療だけやって』

 

と言うクリニックも少なからず

あります。

 

 

 

どんな方針でも、そのクリニックの

やり方なのは問題はありません。

そして、忙しい中で人に教えるのは

時間もかかるし、自分でした方が

早いですよね。

 

しかし、やはり勤めてくれている人

将来につながる事を大変でも

教えてあげる事が、私個人としては

院長として、歯科医院を経営者と

して、雇った人に対する責任だと

思っています。

 

 

特に歯科医師は、およそ5000万円

と言う資金を投資して開業するのです

から、開業して上手く行くための

スキルを勤務医時代に、しっかりと

学んで行かないと、あとでかなり

苦労してしまうと思うからです。

 

 

苦労するだけならまだしも、

苦労しても医院が上手く行かなければ

その先生の家族、

その先生が雇っているスタッフ、

もちろん患者さんにも影響が

あります。

 

これは相手が歯科医師だけでなく

歯科衛生士や歯科助手も同じです。

 

自分が雇うのは、どんな職種の人でも

皆同じです。

 

私が実際にしている事で挙げれば

歯科助手などであれば、

接遇やサービスなどをセミナーに

行ったりミーティングしたりして

スキルを身に着けてもらおうと

思います。

 

将来、他の業種に行った時も

そのスキルが生かされますし

私生活でも必ず生かされてきます。

 

 

 

私は高校時代に大手パン工場で

ベルトコンベアーに流されてくる

パン生地を丸めたり、ねじったりする

作業を何日かしました。

 

一日中続けるのはすごく大変でした。

 

『早くお昼にならないかな・・・。』

 

『早く5時にならないかな・・・。』

 

そんな事ばかり考えて仕事を

していました。

 

 

そして一番辛く感じた原因は

体力的な事ではく、

常勤の人たち同士での陰湿な悪口が

あった事、

それに加えて、その仕事をしても

全く成長を感じ無かった事です。

 

もう20年以上前の話なので、

今ではパン造りの作業は、すべて

自動化しているかもしれません

(笑)。

 

 

若いうちにいろいろ体験できたのは

良かったのですが

自分が将来仕事するなら、流れ作業

にならない様な仕事をしたいし

 

もし一緒に働く人がいたら

みんなで成長を感じられる職場に

したいと思ったのが始まりです。

 

 

歯科医院は、

患者さんの為の場所です。

 

ただそこで働いている

歯科医師・歯科衛生士・

歯科助手を成長させる場と言う

意味も必要では無いでしょうか。

 

働いているスタッフが

良い職場だと思わない医院に

来てくれる人(患者さん)が

良い医院だと感じる事はありません。

 

ここに来て良かったと思われる医院

にする為には、患者さんだけではなく

スタッフにも、そう思われる必要が

あります。

 

人材は人財です。

働いた分だけお金を払うのではなく

それ以上に、スタッフを成長出来る

環境にする。

 

人財を育てることは

スタッフの為にもなりますし

結果。その人財は医院の財産にも

なりますよ。

 

 

そして、

自分だけが良ければ良いのではなく、

 

人を成長させる事が、

次の時代、次の世代への貢献だと

思います。

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

手間なく売り上げを増やすには待合室動画が必須!
でも、動画に50万や100万も払っていませんか?


今だけのお得な特典があります。詳しくはサイトで。



 

→手間なし動画くん

 

→手間なし動画くん



コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 

→歯科開業医ネットワーク



開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事