歯科医師・歯科衛生士・歯科助手を育てる事が大切

歯科医師・歯科衛生士・歯科助手を育てる事が大切

 

 

歯科医院を開業すると、

人をまずは雇わないといけません。

 

最初は、衛生士1人に受付兼助手を

1人ぐらいからスタートでしょうか。

 

人によっては、夫婦でやって

雇う人を最初は少なくするケースもあります。

 

 

 

ただ徐々にクリニックが上手く行くと

雇う人を増やしていく事があります。

 

大きくなってくると

助手4人 衛生士2人 歯科医2人

などとなってくるかもしれません。

 

 

 

ただここで、すごく大切な事があります。

 

それは雇用する人を、

お金を払ってその分働いてくれる人って

意識を持たない事です。

 

 

 

私は学生時代の日雇いバイトなども含めて

いろいろバイトをしてきました。

 

・引っ越し作業

・宅急便の仕分け作業

・パン工場でパンの製造

・イベント会場の交通整理

・飲食店

・チラシやティッシュ配り

・家庭教師

 

なんか、かなり苦学生ポイですが(笑)

 

 

私はこれらの仕事をして感じた事がありました。

 

それは、

『雇った人たちは私の人生なんて

全然考えてくれてない。』

と言う事でした。

 

ただただ、何か作業をして

それに対する日給をもらうって感じです。

 

働いた分=お金をもらった。

って感じです。

 

 

もちろん、学生の私に

何か教える義理も無いのでしょうし、

 

その仕事を通して自分で学んだことも多いです。

 

 

 

ただ、私たちが常勤で人を雇って行くのであれば

 

『その人の人生を考えて

大切なスキルや考え方を教えて

成長してもらう事が大切です。』

 

 

特に20代30代の人を雇うのであれば

その人生にとって意味ある事を

伝える事が大切です。

 

『仕事を通じて自分で学べ』

と言うのも1つの方法ですが、

正直言葉として丁寧に

伝えないと分からなかったりします。

 

 

特に、歯科医師や歯科衛生士を雇うケースは

その後の一生に影響したりします。

 

 

例えば、分かりやすい歯科医師であれば

 

・患者さんに好まれる対応の基本を教えて上げる。

・保険治療をしっかり教えてあげる。

・その後、自費の治療をステップで覚えてもらう。

・カウンセリングも歯科医師本人にしてもらう。

・スタッフとのミーティングも参加してもらったりする。

・医院経営を教えて上げる。

 

文字で書くとすごく当たり前ですね。

 

 

でも実際に世の中の歯科をみると

 

『取り敢えず一日○○人患者さんみて』

『保険点数を○○点あげて』

『トリートメントコーディネーターがカウンセリングするから

 治療だけをしといて』

『インプラントは全部院長やるから保険治療だけやって』

 

と言うクリニックも少なからずある気がします。

 

 

 

どんな方針でもそのクリニックのやり方なので問題ないですが

 やはり勤めてくれてる人の

将来につながる事を大変でも

教えてあげる事は私個人としては重要だと思います。

 

 

特に歯科医師は、

5000万と言う資金を投資して開業するのですから

開業して上手く行くためのスキルをしっかり勤務医時代に

学んで行かないとあとでかなり苦労してしまうと思うからです。

 

苦労するだけならまだしも、

苦労しても医院が上手く行かなければ

 その先生の家族、

その先生が雇ってるスタッフ、

もちろん患者さんにも影響があります。

 

 

歯科医師だけでなく、

歯科衛生士や歯科助手も同じです。

 

 

歯科助手などであれば、

接遇やサービスなどをセミナー行ったりミーティングしたりして

スキルを身に着けてもらおうと思います。

 

将来、他の業種に行った時も

そのスキルが生かされますし

私生活でも必ず生かされてきます。

 

 

 

私は高校時代に大手パン工場で

 ベルトコンベアーに流されてくるパン生地を

丸めたり、ねじったりする作業を何日かしました。

 

一日中続けるのはすごく大変でした。

 

『早くお昼にならないかな・・・。』

 

『早く5時にならないかな・・・。』

 

そんな事ばかり考えて仕事してました。

 

 

そして一番辛く感じた原因は

 体力的な事ではく、

常勤の人たち同士での陰湿な悪口があった事、

そしてやっても全く成長感を感じ無かった事です。

 

もう20年以上前の話なので、

今ではすべて自動化してるかもです(笑)。

 

 

若いうちにいろいろ体験できたのは良かったですが

自分が将来仕事するなら

流れ作業にならない様な仕事をしたいし

 

もし一緒に働く人がいたら

みんなで成長を感じられる職場にしたいと思ったのが始まりです。

 

 

歯科医院は、

患者さんの為の場所です。

 

ただそこで働いてる

歯科医師・歯科衛生士・歯科助手を

成長させる場と言う意味も必要では無いでしょうか。

 

 

自分だけが良ければではなく、

 

人を成長させる事が、

次の時代、次の世代への貢献だと思います。

 

 

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事