歯科の院長と女性スタッフがケンカ!?

歯科医院って女性社会です。

 

院長だけが男性で

あとはすべて女性スタッフと言うケース

が、ほとんどだと思います。

 

 

もちろん院長が女性でスタッフも

その他のスタッフも女性で

全員が女性のみと言う医院もあります。

 

 

しかし、今回お話したいのは前者の

院長が男性の場合のお話です。

 

 

なぜなら

後者のように院長も女性の場合は

他のスタッフの女性の気持ちが

理解できるので

問題になることが少ないからです。

 

 

とは言え

スタッフと院長という立場の違いや

同じ女性同士だからこそ、起きてしまう

トラブルも、もちろんあります。

 

 

 

ただ、今回は多くのドクターから聞く

悩みの一つである

『院長と女性スタッフ間のトラブル』

についてお話します。

 

 

ここまで読んだだけでも

 

 

ギクリ・・・

自分も今それで頭を悩ましている・・・

 

 

と思う方や、勤務先の院長が

女性スタッフと揉めているという状況を

経験したことがある人は多いと

思います。

 

 

もし、こう言った経験を今まで一度も

したことがないなら

それはかなりラッキーな方です。

 

 

 

しかし、自分が開業した時も今まで通り

トラブルなく済むとは限りません。

 

 

現在までに勤務医として勤めている医院

で、こう言ったことに遭遇していない人

勤務先の院長先生が

とても上手だったと思います。

 

 

自分が開業して、その院長先生のように

女性スタッフとのトラブルがないような

関係性を築けるだけの

スキルがあれば良いのですが

これは実はなかなか難しいです。

 

 

 

 

そして、過去にそう言ったトラブルに

遭遇してこなかった人は、原因にも

気づけなければ、問題を解決するにも

どうして良いのか方法が分からないこと

が多いです。

 

 

「他人の振り見て我が振り直せ」

 

と言うことわざがありますが

医院での経験もまさに

これです。

 

 

もし今までに、院長と女性スタッフに

トラブルがあった場合、客観的に

そのトラブルを見ることができます。

 

 

 

なぜスタッフが怒っているのか?

 

なぜ院長が怒っているのか?

 

どう対応すれば、お互いに上手く

治まるのか?

 

 

また、勤務医の立場だからこそ

両者の意見を聞くことができる場合も

あります。

 

 

 

院長には言えないことや日々の不満も

勤務医には愚痴れることもあります。

 

 

もちろん、同じようにして院長の考え

知る必要もあります。

 

 

そして、こう言う経験をしておくことで

自分が開業して、院長になった時には、

女性スタッフ側に気持ちを少しは

察することができるようになるでしょう。

 

 

 

これは、患者さんにも言えることで

 

 

患者さんは男性も女性も

いらっしゃいます。

 

 

男性の患者さんからクレームは

出ないけど、女性の患者さんからは

クレームが度々出ると言う場合も

それは女性への対応を

誤っていることがあります。

 

 

 

女性からすると男性の行動や思考って

バカだな~と思う事ってよくあると

思います。

 

 

うちの妻は子供(男の子)の行動を

見て、しょっちゅう呆れています。

 

『男ってみんなこんな感じなの?』

 

と妻に聞かれて

 

『そうだよ。』

 

って答えていますが。

 

 

 

 

逆に男性からすると、女性の行動に

「何のためにやってるの?」

と思う事ってよくあると思います。

 

 

どちらが良い悪いではなく

 

性別によって違いがある事を

ぜひ学んでほしいのです。

 

 

 

これが仕事の関係ない話なのであれば

違いを知らずに過ごしていくのも自由

ですし、異性にどう思われるのも自由

だと思います。

 

 

 

しかし、歯科医としてやっていく中で

必ず、この性別による思考の違いを

知っておいた方が良いです。

 

 

男性と女性の思考や脳の違いを知ること

ミスコミュニケーションを防ぐことが

できます。

 

 

また、苛立ちを軽減する事が出来ます。

 

 

数年前から、男女の思考の違いが

面白おかしく、分かりやすく書かれた

本が何冊か、よく売れていました。

 

 

 

これらを読んで見ると

男性側からの見解にとても頷けるし

逆に女性側からの見解を知り

驚くことが多いです。

 

 

興味がある方は、読みやすいものが

多いので是非一度読んで見られると

良いかもしれません。

 

 

 

では、そもそもどうして

 

男女で思考に違いが生まれたので

しょうか。

 

これは原始時代からの名残なのです。

 

男性は生きるために狩りに行って

いました。

 

もちろん当時は地図や標識も

ありません。

 

ですので、空間認識力が無ければ

 

狩りの場に行くことも出来ず

 

帰ってくる事も出来ません。

 

また狩りをして獲物をとるという事に

集中しています。

 

いかにして獲物を狩るか

その一点だけを考え続けています。

 

 

仲間ともその事で連携をとります。

 

そして、それが生きていくため

子孫繁栄のための最重要事項です。

 

 

 

 

相対して女性は

 

木の実を探したり

 

子供を育てたりしています。

 

また男性が狩に行っている間も

村に残っているので周りとの

コミュニケーションを

大切にしています。

 

コミュニケーションをとることで

お互いが支え合い、助け合い、自らと

その子供達を守ることが出来ます。

 

 

そして、この原始時代から続く

本能にプログラムされた、男性としての

役割、女性としての役割といった思考が

今でも続いています。

 

 

 

 

 

 

では具体的な違いを次回お伝えします。

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事