歯科医師や衛生士のちょっとした伝え方で、患者さんの感じ方が違う。

 

歯科医師や衛生士のちょっとした伝え方で、患者さんの感じ方が違う。

 

 

言葉ってすごく影響力ありますよね。

 

 

相手の話で

 

心が動かされたり

感動したり

怒ったり

悲しんだり

嬉しかったり

 

いろいろな感情が芽生えます。

 

 

 

これって日常だけでなく

私達、歯科医師や歯科衛生士が話してる時も一緒です。

 

 

 

以前に、こんな事がありました。

 

友達に紹介された料理屋があって

小さい店けど値段が手ごろでとても美味しいお店です。

 

決して内装が豪華じゃないけど

すごく丁寧な料理をしてる感じがするので

 

友達を連れて行ったり

職場の人を連れて行ったりしました。

 

 

ある時に、セミナーの打ち上げの日に

参加者みんなで来ようと思って

予約を取ろうとしました。

 

横浜駅から一駅移動しないといけないので

ちょっと面倒臭いのですが

横浜駅の大手チェーン店よりも

地元の活性になった方が良いと思ったからです。

 

 

『すみません、○月○日に予約を取りたいんですが良いですか?』

 

『何名でしょうか?』

 

『10人です。』

 

『あ~、続きテーブルが出来るのが8名までなんです。』

 

『そうなんですね。でも続きテーブルじゃなくても私は良いですよ。』

 

『うちは、そういうのやってないんです。

8人席に10名で良いなら予約取りますが。』

 

その先の話もあるのですが

長くなるのでここで割愛しますが

 

実はこの時点で、私はかなり気分が落ちました。

 

 

 

なぜなら、

 

『続きテーブルじゃなくても良いですよ。』

と私が提案した事に対して

 

『そう言うのやってないんです。』

とバッサリ切ったからです。

 

要は、相手の話をまったく受け入れずに

自分の意見を突き付ける状態なのです。

 

 

 

想像するに、続きテーブルじゃないと

移動で歩く人がいるから予約を取らないんだと思います。

 

別にそれは言ってもらえれば、

普通に分かりましたと受け入れます。

 

 

ただ、その理由を明確に言わずに

こっちの提案に対して

 

『うちはそんなのやらないから的な雰囲気』

が出てるの気持ちを下げる原因になってます。

 

 

しっかり相手の気持ちを汲んでから、

それで丁寧に説明すれば良いのだと思います。

 

 

それなら、予約は取れない事にガッカリしても

気持ちは全く下がらないと思います。

 

 

 

実は小さい言葉遣いで相手の感情を

思った方向と違う方向に動かしてる事があります。

 

相手が何を思って話してるのか?

何を考えてるのか?

 

それを汲み取らずに、自分の考えだけを伝えると

少しずつ歪が出るかもしれません。

 

 

小さいコミュニケーションの食い違いが

大きな結果の違いになったりしますので

私も気をつけたいなと常々思ってます。

 

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事