歯科医師や衛生士のちょっとした伝え方で、患者さんの感じ方が違う。

 

歯科医師や衛生士のちょっとした

伝え方で、患者さんの感じ方が違う。

 

 

言葉って、すごく影響力が

ありますよね。

 

 

相手の話で

 

心が動かされたり

感動したり

怒ったり

悲しんだり

嬉しかったり

 

いろいろな感情が芽生えます。

 

 

 

これって、家族や仲の良い友人との

話や、尊敬している人の講演を

聴きに行った時だけに起こることでは

なく、日々の生活の中でも

感情の振れ幅の度合いは違えど

起こっていることです。

 

そして、それは

私達、歯科医師や歯科衛生士が

患者さんに話している時も一緒です。

 

 

 

以前に、こんな事がありました。

 

友達に紹介された料理屋があり

そのお店は、小さい店だけど

値段が手ごろで

とても美味しいお店です。

 

決して内装が豪華ではないけれど

すごく丁寧な料理を作っている感じが

するので、気に入り

よく友達を連れて行ったり

職場の人を連れて行ったり

しました。

 

 

ある時に、セミナーの打ち上げの日に

参加者みんなで行こうと思って

予約を取ろうとしました。

 

横浜駅から一駅移動しないといけない

ので、ちょっと面倒臭いのですが

横浜駅の大手チェーン店よりも

地元の活性になった方が良いと

思ったからです。

 

 

なので、事前にお店に電話予約をして

おくことにしました。

以下が、その時の電話の内容です。

 

私『すみません、○月○日に

      予約を取りたいんですが

      良いですか?』

 

店『何名でしょうか?』

 

私『10人です。』

 

店『あ~、つづきテーブルが

      出来るのが8名まで

      なんです。』

 

私 『そうなんですね。

      でも、つづきテーブル

  じゃなくても私は良い

  ですよ。』

 

店 『うちは、そういうの

     やってないんです。

     8人席に10名で良いなら

     予約取りますが。』

 

と、まぁこんな感じです。

 

その先の話もあるのですが

長くなるので、ここで割愛しますが

 

実はこの時点で、

私はかなり気分が落ちました。

 

 

 

なぜなら、

 

『つづきテーブルじゃなくても

 良いですよ。』

と客である私が提案した事に対して

 店側が

『そう言うのやってないんです。』

とバッサリ切ったからです。

 

この対応は、

要は、相手の話をまったく

受け入れずに、自分の意見を

突き付けている状態です。

 

 

 

想像するに、続きテーブルじゃないと

移動で歩く人がいるからと言う理由で

このお店は、そう言った予約を

取らないのだと思います。

 

その理由を私は悪いとは思いません。

 

お店にはお店のやり方がありますし

その予約の取り方で、上手く予約が

回ることもあるのは理解しています。

 

ですので、

別にそれは言ってもらえれば

普通に「分かりました」と

受け入れます。

 

 

ただ、その理由を明確に言わずに

こっちの提案に対して

 

『うちは、そんなのやらないから

 的な雰囲気』

が大いに出ているのが気持ちを

下げる原因になったのです。

 

しっかり相手の気持ちを汲んでから

そのあとに丁寧に説明すれば

良いのだと思います。

 

それなら、予約は取れない事に

ガッカリしても、こちらの気持ちは

全く下がらないと思います。

 

例えば、この場合であれば

「申し訳ございませんが、

 当店は、最大8名様用のつづき

 テーブルしか、ご用意出来ず…。

 もし、そこに10名様でお掛け

   頂いても宜しければ、お席の

   ご用意をさせて頂けます。」

とでも、言ってもらえていたら

こちらの受け取り方、感じ方は

全く違っていたと思います。

 

 

 

このように、実は小さい言葉遣いで

相手の感情を思った方向と違う方向に

動かしてしまっている事って

結構あります。

 

相手が何を思って話しているのか?

何を考えているのか?

 

それを汲み取らずに、

自分の考えだけを伝えると

相手の気持ちと自分の伝えたいことに

 

少しずつ歪が出るかもしれません。

 

特に、歯科医院に通院されている

患者さんの精神状態は

ナーバスです。

 

この患者さんはナーバスな方だと

認識していない患者さんでも

いつもニコニコして通院してくれる方

でも、気持ち的には普段よりは

ナーバスになっています。

 

自分だって、歯科医院ではなくとも

病院に行くときは、いつもよりは

少し気持ちが不安定になるはずです。

 

 

これは、自分の体を治療される場所

なので恐怖や不安があるので

当然のことだと思います。

 

そんな状態の中で、普段なら

気にならないことでも

過敏に反応してしまったり

気になってしまうことが

あります。

 

例えば、普段、友人との会話で

「ここが気になるんだ〜」と

話していて、相手に

「そんなもんでしょ」

「それぐらい、普通だよ」と

言われても、特に何も思わず

言葉のままに、そんなもんなのかと

受け取ります。

 

 

しかし、これが歯科医院で

衛生士や歯科医師に

「これが、気になるんです」

と、何かを訴えたのに対して

 

「そんなもんですよ」

とか、

「それぐらい、大丈夫ですよ」

と返されたら、どうでしょうか?

 

 

友人と同じことを言っているけれど

患者さんの受け取り方や感じ方は

全く別物になってしまいます。

 

 

こんな風に歯科医師や衛生士に

言われたら、

 

適当にしか見てくれていない。

 

こっちは真剣に悩んでいるのに

「それぐらい」と大したことでは

無いように言われた。

 

と思います。

 

 

一方、こう言った歯科医師や衛生士は

本当に適当にしか見ていないのかと

言えば、そうではなくて

本当に患者さんが深刻になるほどの

ことではなく、それが普通の状態だと

いうことを伝えて、安心させたいと

言う意図があり、そのように伝えた

場合もあります。

 

 

私たちは歯科医なので

この場合の歯科医師や衛生士側の

気持ちは、とてもよく分かりますし

実際に、こう言う場面って

毎日の診療の中でも、よくあること

だと思います。

 

 

しかし、意図は患者さんのことを

思ってのはずなのに、

結果として患者さんには真逆に

捉えられてしまい、患者さんに

不安を与え、不信感さえ

持たれる形になってしまっています。

 

 

何気ない一言で、患者さんに

与えてしまうかもしれない

不信感や不安を

常に考えて、言葉を発し

伝えることが大切です。

 

 

 

小さいコミュニケーションの

食い違いが,大きな結果の違いに

なったりしますので

私も気をつけなければと

常々思いながら、伝えるように

しています。

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると

体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。

 

口コミで100医院以上が参加

 

地域で1医院限定なので先着順です!

 

→歯科開業医ネットワーク

 

・ ・

 

歯科開業医ネットワーク 解説アニメ動画

 

 

先生は患者さんの歯の年齢を伝えられますか?


簡単に数値化できるシステムがあります。



 

→歯の年齢診断プロ

 

手間なく売り上げを増やすには待合室動画が必須!
でも、動画に50万や100万も払っていませんか?


今だけのお得な特典があります。詳しくはサイトで。



 

→手間なし動画くん

 

→手間なし動画くん



コスト低く、手間がなく経営効果を出したい。


口コミで100医院以上が参加

地域で1医院限定なので先着順です!



 

→歯科開業医ネットワーク

 

→歯科開業医ネットワーク



開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事