歯科助手など、スタッフへの仕事の依頼や頼み方。

今回は、まだしっかり成長しきっていない

スタッフに仕事を頼むときのポイントについて

お話したいと思います。

 

 

 

 「しっかり成長しきっていない」

と言うのは、一人で考えて仕事ができる

レベルではないと言うことです。

 

 

 

アシスト業務は一通りできるように

なっているけれど、まだその先の

自分で考えて行動することにまで

気が回らない段階ってありますよね。

 

そう言うスタッフに、仕事を依頼する際は

気をつけるべき事があります。

 

 

 

それは大きな仕事の依頼をしないという事です。

 

また、漠然とした仕事の依頼をしないという事です。

 

 

 

どういう事かと言うと

 

『患者さんを満足させる様な接遇を

して欲しいから考えてくれる?』

 

 

 

と言うと

 

スタッフはかなり混乱してしまいます。

 

 

何をしたら良いのだろうか?と。

 

 

そして、考え悩んだ結果、

ほとんど何もしない。

 

 

もしくは

あまり効果のないことをやりだしてしまう。

 

 

と言う事態が起こってしまいます。

 

 

 

 

せっかく頼んだ仕事が

手付かずになって諦められていたら、

不快ですよね。

 

 

また、後者のように、

せっかく着手はしていても、

それがどうにもトンチンカンな方向に

進められていると、

 

「頑張ってくれているから、言いづらいけど、

 違うんだなぁ・・・」

 

と、お互い無駄な労力と時間を

過ごす羽目になってしまいます。

 

 

 

 

でも、これは相手が悪いのではなくて、

こちらの頼み方に問題があるのです。

 

 

 

 

では、この

 

『患者さんを満足させる様な接遇を

して欲しいから考えてくれる?』

 

の、一体どこが問題だったのか?

 

 

 

これは、依頼内容が抽象的すぎると言うのが

問題点です。

 

 

 

 

仕事は抽象度が高いほど難しくなります。

 

 

 

とは言え、自分の中では、ある程度

こういった内容のものが出来上がってくる

と思って依頼していることが多いので、

当然スタッフも、同じようなものが

イメージ出来ていると思いがちです。

 

 

なので、このようにしてスタッフに

抽象的な内容を依頼してしまうのですが

相手がベテランスタッフや、

阿吽の呼吸で診療を行えるようなスタッフ

であれば、それも通用しますが

まだ成長段階のスタッフであれば

これは至難の技です。

 

 

 

 

例えば、私たち歯科医で言うと、

患者さんから

『歯の寿命を延ばして』

と言われるより、

 

『この歯の虫歯を取って』

と言われる方が簡単ですよね。

 

 

「寿命を延ばして」だと、歯科医目線でいくと

 

虫歯の治療よりも先に、口腔内全体の状態を

改善するために、歯周病治療から始めて

その後奥歯の補綴もやりかえて、

噛み合わせを・・・

 

なんて治療の進め方になるかもしれません。

 

確かに、これで歯の寿命は延びるでしょう。

が、これは患者さんが思い描いていた、

して欲しい治療だったでしょうか?

 

 

たぶん患者さんは、そんな全体的に大掛かりで

長期的な治療になるとは考えておらず

今、自覚している虫歯の治療をして綺麗にして

欲しいと思っているだけかもしれません。

 

 

 

この場合はスタッフの、仕事を依頼しても

「何もしない」

「あまり効果のないことをやりだしてしまう」

とは、少し違いますが、患者さんからすると

自分の思っていることと全然違うことを提案され、

まさにトンチンカンな対応をされていると思われるでしょう。

 

 

 

もちろん、この場合は歯科医が悪いわけでも

患者さんの依頼の仕方が悪いわけでも

ありませんが、抽象的な依頼を

しっかりくみ取る事の難しさ

は分かってもらえたのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

抽象的な依頼をするよりも

より具体的に

狭い範囲で仕事を依頼するのが良いです。

 

 

 冒頭の例のように

患者さんが満足する接遇を望むのであれば

 

 

いきなり抽象的に言うのではなく

 

 

 

『患者さんをユニットにお通しするときに、

 どのようにしたら患者さんは満足するかな?

 姿勢・表情・歩き方・声掛け

 この項目で考えてみてくれる?』

 

と、細かく指示を出してスタッフに言ってください。

 

 

 

 これなら、何をどうして良いのか分からない

スタッフでも、一つずつの項目を考えていけば

良いだけなので、自分がすべき事や

求められている内容について

しっかり理解できるでしょう。

 

 

 

そうすれば、スタッフ自身が

仕事に取り組み易いだけでなく

依頼した自分も出来上がったものが

求めていた内容と全然違う!

なんて事もなくなります。

 

 

 

 

この様に具体的にして、範囲を狭める事で

スタッフはずっとアイディアを出しやすくなります。

 

 

 

 

抽象度が高い仕事があったら

 

それを分解して

どう言った事を考えて欲しいのか?

自分の思い描いている完成形になるようには、

どのような項目が必要なのか?などを提示して

スタッフにお願いしてみると良いでしょう。

 

 

 

 

依頼の仕方、頼み方一つで

仕事の出来が大きく変わってきます。

 

 

そして、このように頼まれた仕事を

しっかりこなしていく内に、

スタッフも仕事の意図を汲めるようになり、

抽象的な内容であっても

こちらが求めている結果を

出せるように成長していくでしょう。

 

 

 

でも、まずは成長段階のスタッフには、

できるだけ細分化し、具体的な内容

での仕事の依頼をしましょう。

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事