目立って有名な歯科医院になる

開業して、どんなクリニックにしたいか?

 

 

挙げ出すと、たくさん出てくると思います。

 

そんな中でも、

初診が多く来院するクリニックになって欲しい!

 

と言うのは、必ず挙げると思います。

 

 

もし、

開業して月の初診が1~2人だったら

毎日が怖くなります。

 

 

 

これが開業して、数年経っての話ならば

既存の患者さんの数が多く、尚且つ、

その患者さん達が、かなりの割合で

きちんと定期検診にも来てくれている

と言う状況下であれば、まだ耐えられます。

 

 

 

 

しかし、開業して軌道に乗るまでの間で

月に1〜2人の初診数だと

正直、経営していくことに

かなり不安を覚えることと思います。

 

 

当然ですが

誰も、そんな心配したくありませんよね。

 

 

ですので、今回は

そんな心配をしなくて済む条件

のうちの一つをお伝えしたいと思います。

 

 

 

それは、

 

『患者さんが来たくなるクリニックである』

 

と言うことです。

 

 

「何を当たり前のことを言っているんだ?」

 

「それが出来たら苦労しないよ・・・」

 

と思われるかもしれません。

 

 

では、患者さんが来たくなるクリニック

にする為には、どうすれば良いのか?

 

 

 

 

 

 

これには重要なポイントがあります。

 

それは

目立つ!と言う事です。

 

 

目立つ!

目立つ!

目立つ!

↑めだってますよね。

 

 

 

では、ここで質問です。

ちょっと考えて見てください。

あなたの家でも、職場でも構いませんので

最寄りのターミナル駅で

メガネ屋って何店あるか知ってますか?

 

 

 

駅の規模にもよりますが

せいぜい3店舗位じゃないでしょうか。

 

 

では、次にインターネットで

実際には何店舗あるのか

調べてみて下さい。

 

 

 

たぶん5~10店舗くらいあると思います。

 

もし、そんなに無くても

自分が記憶を辿って思い返した数よりは

多いはずです。

 

スーパーやコンビニは、多くの人にとって

ほぼ毎日行く場所です。

 

 

なので、無意識のうちに目に入る看板で

記憶していたり、意図的に自ら探して

記憶しています。

 

 

 

しかし、メガネ屋はどうでしょう?

 

 

毎日行く人は、いませんよね。

 

そして、一度購入すると、次購入したり

修理が必要になるまで、メガネ屋のことを

考えることも、なかなかありません。

 

 

 

ですので、スーパーやコンビニを探すように

日々、新しいメガネ屋を探したり

どこにどんなメガネ屋があるかを

探すなんてことはありません。

 

 

 

そんな風に、メガネ屋がターミナル駅のどこに

どんなお店があるのかを記憶していないのです。

 

 

 

ただ、もしメガネが必要になった時に

記憶に残っていないメガネ屋に行く

確率ってどれ位あるでしょうか?

 

 

 

 

記憶にない店に行く可能性は

格段に下がりませんか。

普通は記憶にある店に行きますよね。

 

 

 

もちろん調べて行く可能性も

あるのでOではないですが

記憶にあるお店の方が、

行く可能性は高くなります。

 

 

 

これは歯科医院にも同じことが

言えます。

 

 

 

歯科医院も、毎日行く場所ではありません。

 

たいていの人は、歯が痛くなったり

不調を感じた時に、初めて歯科医院を探します。

 

 

 

「駅近」「審美歯科」「予防歯科」・・・

 

などなど探し出したいキーワードも

いろいろとあるかもしれません。

 

しかし、まずは目に入り

意識してもらわないと

始まりません。

 

 

 

その為には、看板などで目立つ事が重要です。

まずは目に留まる!

そして、意識してもらうのです。

 

 

しかし、この目立つ看板は

別にネオンギラギラの、

どぎつい感じにする訳ではありません。

 

 

 

もし、目立つ為にクリニックの雰囲気とは

全然違うのにネオンギラギラにしてしまうと

目立つには目立つけれども

患者さんからのイメージも違ったもの

になるかもしれません。

 

 

 

 

例えば、クリニックは北欧風で

落ち着いた雰囲気の内装にしていて

治療も患者さん一人一人の意見を

しっかり聞いて、じっくり治療方針を考え

進めて行くと言うスタイルをとっていたとします。

 

 

しかし、駅前に出している看板は、黄色の看板。

そして、周りにはチカチカと点滅する電球。

液晶パネルには、

 

『初診歓迎!保険取扱OK!』

 

と、これも点滅しながら出ている。。。

 

 

 

どうでしょうか?

確かにインパクトはあります。

目にも留まります。

しかし、この看板を見て、

北欧風の落ち着いた、リラックスできる

クリニックを想像できるでしょうか?

 

 

答えは否ですよね。

 

 

 

これでは、きっと真逆のイメージを

持たれてしまうかもしれません。

 

 

 

そうなると、印象には残って

記憶はされているけれど、

負の印象になってしまう可能性も

大いにあります。

 

 

 

 

これは、実際のクリニックなら行きたいと

思われるのに、看板のギラギラした感じが

強くて、実際とは違うクリニックの

イメージを植え付けてしまうからです。 

 

 

 

だからと言って

 

ただ控えめな感じは認知されないです。

 

目立て!と言ったり、

ギラギラ目立つ必要はないと言ったり、

どうすれば良いんだ!?

 

と思いますよね。

では、

 

次回からは目立つための事を、

詳しくお伝えしていきます。

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事