トリートメントコーディネーター その①

トリートメントコーディネーターって

言葉を知っていますか?

 

最近では、歯科医院でも定着しつつ

あるので

 

「知っている」と言う方もいれば

 

「聞いたことは、あるけれど

 いまいちよく分からない」

 

と言う方も多いかもしれません。

 

 

では、

トリートメントコーディネーター

とは一体なんなのか?ですが

 

簡単に言えば

口腔内の現状や治療の方向性などを

患者さんに伝える役のことです。

 

 

トリートメントコーディネーターは

必ずしも有資格者である必要はない

ため歯科医師や衛生士ではなく

無資格者の歯科助手がやるケースが

あります。

 

 

もちろん、医師や衛生士が

トリートメントコーディネーターを

しても良いですが

助手がこれを出来ることは

医院にとってプラスになります。

 

 

では、

このトリートメントコーディネーター

って、具体的にはどんなメリットが

あるのでしょうか?

 

 

 

① 説明を任せられるので、

  歯科医師業務の時間が浮く

 

 

一番大きいメリットとしては、

歯科医の時間が有効活用出来る

という点だと思います。

 

患者さんに治療の説明をすることも

歯科医のする大事な仕事ではあります

が、説明は歯科医でなくても行なって

構いません。

 

しかし、治療は歯科医師だけしか

する事が出来ません。

 

その点、説明はある程度の部分なら

トリートメントコーディネーター

に任せる事が出来ます。

 

 

そして本来、歯科医師が説明に割いて

いた時間をトリートメント

コーディネーターがしてくれることに

より、その時間を歯科医師は治療に

専念することが出来ます。

 

 

 

② 自費治療などのお金の話を

  歯科医がしなくて済む

 

 

患者さんにお金の話を出来るだけ

したくないと思っている先生は

少なくありません。

 

以前の記事でも、

自費治療のお金の話をすることに

苦手意識を持っている先生が

多いということをお話しましたが

 

自費治療の説明などをすると

患者さんの態度が変わったりして

しまうと感じるからです。

 

 

お金の話をした途端に

患者さんの表情が変わったり

 

態度が明から様に変化されると

確かに、自費のカウンスをするのが

ストレスになってきますよね。

 

 

しかし、その辺の話を

トリートメントコーディネーター

に任すことが出来るので歯科医の

ストレスを減らすことが

出来ます。

 

 

 

③ コミュニケーション能力が

  歯科医より高い事があり

  患者さんもいろいろと話すことが

  出来る

 

 

コミュニケーション能力は

基本的に男性よりも女性の方が

高いです。

 

 

また女性の中でもお話や相手に

対して共感することが

しっかり出来る人を

トリートメントコーディネーター

にしますので

 

患者さんの悩みや気持ちを

引き出す事が出来ます。

 

 

患者さんは歯科医師に対しては

「先生」という認識が強く

少なからず身構えている人が

多いです。

 

治療に関する不安や心配を抱えて

いても、それを、わざわざ先生に

言うのは・・・

 

と躊躇してしまいます。

 

そのため、不安を抱えたまま

治療に進み、質問があっても

聞けず、益々不安になってしまう

こともあります。

 

 

しかし、女性スタッフが

トリートメントコーディネーター

をしていると、それだけで歯科医に

話すよりは話し易いと感じられます。

 

そして、歯科医に直接言うことが

出来ないことでも

トリートメントコーディネーター

には気兼ねなく話すことが出来る

のです。

 

 

そして

トリートメントコーディネーターは

相手に共感をしたり、お話をする

ことにより、患者さんが伝えていない

些細な不安や心配なども聞き出す

ことが出来ることが多いです。

 

 

歯科治療は、何かと怖がられがち

です。

 

そして、不安を抱えることで

治療がさらに怖く、嫌なものに

感じられます。

 

しかし、不安を話せる相手がいて

その人がきちんと歯科医に伝えて

くれて不安を取り除いてくれたら

 

治療への不安や恐怖心は大きく削減

されるでしょう。

 

 

また、①でお伝えしたように自費治療

などのお金のことをお話するのも

トリートメントコーディーネーターが

行うことによって、患者さんの捉え方

も違います。

 

 

歯科医に自費の話をされると

「高い治療を勧めてくる」

 

「売上のために、自費のこと

 説明してきているんじゃない?」

 

と感じる方もいます。

 

そして、そう思われることに歯科医は

ストレスを感じるわけですが・・・

 

 

こう思われながら、お金の話をしても

患者さんは警戒心から、治療の話を

きちんと聞いてくれてはいません。

 

極端に言えば「騙されないぞ!」

と思って、自費の説明を聞いている

かもしれません。

 

 

しかし、

トリートメントコーディネーター

からの説明だと、歯科医にされるより

も断り易いと言う気持ちもあります。

 

 

また、それまでの治療にも関わって

いる患者さんであれば

そこに至るまでに信頼関係を築いて

いるので警戒されません。

 

 

そして、自費治療に関しての質問や

不安も、歯科医にはしづらいと

思っていても、トリートメント

コーディーネーターにはし易いので

質問することが出来ます。

 

 

不安や疑問を質問して、きちんと

答えてもらえれば患者さんは安心

しますし、自費治療に関して

分からないから警戒していたことが

クリアになるので、不信感も

無くなります。

 

 

自費治療だけではなく

治療全般に関しても

トリートメントコーディネーターと

話すことにより、患者さん自身が

治療をしっかり理解することが

出来るので不安を減らすことが

可能になります。

 

このように

トリートメントコーディネーターには

多くのメリットがあります。

 

 

 

しかし、個人的には

あまりお勧めしません。

理由は次回にお伝えします。

 

 

 

 

伊勢海 信宏

次の記事へ!

 

【ステップで学びたい先生へ】

メルマガ登録されると
体系的に学べ、

理解や成長が早くなります。

 

 

 

 

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事