日本の歯科医院の将来はどうなる?

日本の歯科医院の将来はどうなる?

 

現在の歯科医院は、

西暦2000年よりも以前の状態とはかなり変化します。

 

 

実際に、歯科医院の売り上げのピークは平成8年。

そこから下降曲線をずっとたどっています。

 

これから先はどうなるのでしょうか?

これから歯科治療を20年30年間するぐらいの年齢の先生は重要な問題だと思います。

 

 

世の中で『歯科業界はまだまだこれから伸びる。』
と言われる方もいます。

 

その理由は以下の様なことが多いです。

治療が必要なのに通っている人が少ないから、潜在的需要はまだまだある。

メンテナンスに通っている人も少ないからまだ伸びる。

 

 

 

でも私は疑問です。

治療を通ってない人を、どう通わせるのでしょうか?

メンテナンスをする人が突然増えるのでしょうか?

 

口で言うのは簡単ですが、それを具現化するのは別問題です。

 

戦争は無くそう!と言っても

地球上から戦争が無くならないと同じように

現実化するのは非常に難しい問題です。

 

 

戦争の問題ほど難しくは無いですが、

それでも個人でどうこう出来るレベルの問題では無いと言う事です。

 

私は歯科医院は、経済的側面から見れば
今よりも確実に厳しくなると思います。

 

 

理由はいくつかあります。

・人口がずっと減り続ける

・歯科医院数のさらなる増加

・開業時の設備投資が高くなっている。

・人件費が高くなっている。

・HPやITツールなどでランニングコストが増加

・虫歯の減少

・日本や世界経済の混沌

 

 

などの理由があります。

今大丈夫だから、将来も大丈夫という保証はどこにもありません。

 

 

明るい未来を語るのは楽しいですが、

それを盲目的に信じて、そうならなかった時は大変です。

むしろ、冷静にデータを見れば歯科が

これからドンドン良くなる指標はほとんど無いです。

 

 

冷静に物事を見ることが大切です。

将来は危ないかもと考えて行動している方が、予防策があります。

上手く行く人は、先のリスクを考えて必ず準備をしています。

 

 

 

ぜひ、今から準備をすることが大切です。

 

世の中のほとんどの先生が、これからは歯科経営が厳しいかも。

と気付いてからの対策では遅いです。

 

先に行動する。これが大切です。

 

 

最短で結果がでる仕組みを導入できる!

患者さんが溢れる地域NO.1ブランド化システム

↓  ↓  ↓  ↓  ↓
詳細はこちら

 

 

 

 

開業に不安がある歯科医向け!1日5分読むだけで 開業のスキルが身につく  開業成功ステップ メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事